リゾートバイトの給料。いくら稼げていくら貯金できるのか?

ビーチでジャンプしている二人の女性

リゾートバイトを始めたい人の中には、バイト先での出会いや非日常的な体験よりも、いくら稼げるかを重視している人も多いかと思います。

短期間で高額稼ぐのであれば、地元で働くより住み込み寮で支出を抑えながら働けるリゾートバイトの方が、手元に残るお金が多いので稼げるというイメージが強いでしょう。

ただ、いくらリゾートバイトであっても、人によっては思っていたより稼げなかったというケースもあるので、働く前にどの程度稼げるものなのかはリサーチしておいた方が良いでしょう。

 

そこで今回は、リゾートバイトに関する

  • どのくらいの給料が貰えるのか
  • 生活費と、給料から引かれる社会保険はいくらか
  • 最終的な手取り額、いくら貯金できるのか

を、リゾートバイト経験者の自分が具体的に紹介していきます。

これからリゾートバイトで働くことを予定している人は、是非参考にして頂けたらと思います。

リゾートバイトの給料

預金通帳とお金

リゾートバイトには大きくわけて二つの給料計算方式があります。

  • 時給
  • 日給

宿泊施設や海の家、またはマリンスタッフ等、こうした一般的なイメージのリゾートバイトは給料を時給で計算しています。

一方で、給料が日給で計算されるリゾートバイトはカウンターレディ等のナイトワークが中心です。行楽地にあるバーで、寮生活をしながら夕方〜早朝にかけて働きます。

 

広義の意味ではカウンターレディもリゾートバイトに含まれますが、狭義の意味では単なる住み込みのナイトワークといえるでしょう。

その為、ここでは一般的なイメージのリゾートバイトに絞って紹介を進めていきます。

時給の相場

リゾートバイトの時給は1,000円前後が相場です。

リゾートバイトの職種は、客室係やレストランホール、調理補助やマリンスタッフと幅広いですが、どの業務であれ1,000円以下は安い、1,100円以上は高いという印象です。

自分が群馬の温泉旅館で働いた時の時給は1,080円でした。

地域による時給傾向としては、関東・関西圏には高額のバイトが多く、時給1,200円の仕事も稀にあります

沖縄と北海道は時給が低い

ただ、沖縄と北海道に関しては別で、時給が比較的安いです。

沖縄は700円〜800円北海道は900円前後が相場なので、稼ぐことを第一の目的にしているのであれば、その他の地域で働くことを優先するべきでしょう。

その他の地域では基本的に相場額通りの仕事が多いからです。

派遣会社によっても時給が変わる

時給の相場は登録した派遣会社によっても変わります

リゾートバイトは、リゾート地でのバイト案件を専門的に扱う派遣会社を通して働くのが一般的ですが、同じ仕事案件であっても派遣元の会社が違えば、時給に100円200円の差が出るなんてことがザラにあります

同じ仕事なのに、派遣先の異なる仕事仲間の方が自分より高い時給を貰っていると、働く意欲が失せてしまいます。

 

その為、リゾートバイトを探すなら、高額時給で仕事を取り扱っている派遣会社を通すべきでしょう。損になった気分を味合わずに済みます。

リゾートバイトのおすすめ派遣会社の記事にも書きましたが、高時給のリゾートバイトを探すなら「リゾートバイト.com」がおすすめです。

>>>高時給で募集しているリゾートバイト派遣会社【リゾートバイト.com】
 
上記の派遣会社は時給1,000円以上の仕事が多く、1日8時間労働の週5日勤務であれば1ヶ月で18万円稼ぐことも可能です。稼ぐことを第一の目的にしている人であれば登録しておくと良いでしょう。理想の給料に近い仕事に就ける確率が上がります。

行楽シーズン等の繁忙期であれば、日によっては1〜2時間残業をすることもあります。

残業代が加われば1ヶ月に20万円稼げることも珍しくありません。

どこも忙しさは変わらないので時給の高さで仕事を選ぶべし

基本的に、リゾートバイトの忙しさは地域や就業場所の規模で差が出るものではありません。もちろん、季節によって忙しくなる時期は変わりますが、客数が多い場所でもそれなりの人数のバイトを用意しているので、どこも忙しさは同じくらいです。

従って、繰り返しになりますが、稼ぐことを主に考えているのであれば、何よりも時給を見て仕事を選ぶべきでしょう。

自分の場合も稼ぐことを主にしていた為、沖縄に興味がありましたが、あえて時給の高い群馬の温泉エリアで働いていました。

語学スキルは時給を上げるのか

英字新聞 ビジネス

リゾートバイトを探す人の中には、語学スキルを活かせる仕事に就きたいという人もいるかと思います。

ただ、語学スキルは時給が上がることより、就ける職種の幅が広がったり優遇して採用されることの方が多いです。

中にはスキルを考慮して時給を上げてくれる仕事もありますが、通訳案内士等の資格を持っているとしても、基本的には良くて50円UPするといったところです。

スキルがあれば仕事の幅は広がる

ただ、給与面はあまり変わらなくとも、優遇性は大きく変わります。

例えば、外国人観光客が多い場所であれば、通常は経験者しか募集していない職種でも、スキルを持った未経験者を採用するというケースがあります。最近は全国的に外国人観光客が増えてきたのでこうしたケースは珍しくありません。

英語スキルの高い自分の友人は、未経験にも関わらず経験のある人だけを募集している旅館での仲居業に採用されました。

上で紹介したリゾートバイト.comは、登録後に担当者がスキルで優遇される仕事も紹介してくれるので、語学スキルを活かしたい人は確認してみると良いでしょう。

社会保険や生活費を除いた手取り額

夕日 サンセット

最終的に手取りとなる額を算出するには、生活費と給料から引かれる社会保険料も知っておく必要があります。

ここでは、自分の経験からリゾートバイト中に発生する生活と社会保険料を具体的に説明していきます。

生活費

リゾートバイトの多くは、仕事先が所有する住み込み寮で生活することになります。

多くの場合、寮での生活中は、最低限のライフラインである家賃、水道光熱費、食費を仕事先が負担してくれます(食費はまかないによる)。

寮から勤務先の交通費に関しても、支給してくれる仕事が多いので、ここでは負担に含めません。

 

まかないに関しては、1日1食しか出ない場所もあるので、その場合あと最低1食は自己負担になるかと思います。

1食(500円として)を自己負担した場合、月にかかる負担金額は500円 x 31日=15,500円です。

ただ、1日3食出してくれる寮も多いので、少しでも支出を減らしたければ、まかないの待遇も見て勤務先を選べば良いでしょう。

 

つまり、最低限で生活するのであれば、生活面での支出は1万5千円程度で済むのです。3食まかない付きであれば支出を0に抑えることもできます。

しかし、人によってはバイト仲間と飲みに行ったりする娯楽費や生活する上での雑費が発生する場合もあります。

自分の場合、バイト仲間と月1回〜2回程度飲みに行き、仕事終わりに部屋で一人飲みする時もあったので、娯楽費に月2万円はかかっていました。

 

その他、休日に観光(1回だけ周辺を観光した)や、雑費(タバコ代やジュース代、雑誌代など)を含めると、合計で月に4万円くらいの支出が発生します。

もちろん、もっと安く抑えることもできたと思いますが、人間やはり同じ場所でずっと過ごしているとたまには刺激が欲しくなるものです。

また、新しい環境に慣れる前から節約ばかりを心がけるのは、時としてストレスにもなります。

その為、最初の1ヶ月くらいは、なんだかんだで4万円程度の支出は発生すると思っておいた方がいいでしょう。

ただ、基本的に住み込み寮の周りには娯楽施設が少ないので、それ以上の出費はないと思います。

社会保険料(健康保険・厚生年金・雇用保険)

社会保険の加入条件の詳細については、こちらのサイトで確認していただければと思いますが、基本的にフルタイムで2ヶ月以上働く人は加入することになります

社会保険料は働く地域や年齢によって金額が変わります。

参考に、自分が群馬の温泉地で働いた時は、20万円の給料(基本給18万 + 残業代2万)に対し約2万円の社会保険料が引かれました。

あと、ここに忘れてはいけない所得税も約5,000円引かれます。

最終的な手取り金額

上記の生活費と社会保険料(所得税も)から、最終的に手元に残る金額を算出すると、以下のようになります。

  • 給料20万円(時給1,000円の仕事で週5日勤務、1日8時間労働 x 22日 + 残業代)
  • 給料20万 − 生活費(娯楽代 + 雑費)4万円 = 16万円
  • 16万 − 天引き(社会保険2万円 + 所得税5,000円) = 手元に残る金額13万5,000円

もちろん、人によっては多少金額が異なる場合もありますが、それでもフルタイムで働けば確実に10万円は手元に残ります

リゾートバイトは貯金し放題

綺麗な海

リゾートバイトの強みは、都心と同額程度の時給が発生するのはもちろんですが、なんと言っても支出を大幅におさえられる点でしょう。

生活費諸々を全て引いた額で月10万も残れば半年で60万貯めることができます。

60万円もあれば3ヶ月のフィリピン留学東南アジアのバックパッカー旅行をしてもお釣りがきます。

もちろん、自分と違って娯楽費や雑費にお金がかからない人であれば(実際には節約して1万程度におさえられる人が多い)、さらに多くの金額が手元に残るでしょう。

 

通常のアルバイトで同額の給料をもらったとしても、友人の誘いやショッピングといった誘惑も多い為、実家暮らしであっても支出は多くなりがちです。

であれば、短期で高額貯金したい人にとってリゾートバイトはうってつけだといえます。

ただ、前半でも述べたように、リゾートバイトで稼ぐなら、高額時給で仕事を紹介する派遣会社で探すことが大切です。

>>>高時給で募集しているリゾートバイト派遣会社【リゾートバイト.com】
 
リゾート地で良い経験をしながら満足のいく給料を貰えるよう、待遇面をしっかり確認しておくと良いでしょう。

ビーチでジャンプしている二人の女性

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です