パタヤからドンムアン空港へ行く直通のマイクロバス。運賃180バーツで所要時間は2時間40分。

パタヤ発ドンムアン空港行きのマイクロバス外観

(パタヤからドンムアン空港へ行くマイクロバス)

2019年11月現在、パタヤからドンムアン空港へ直通する中型以上のバスは存在しません。

そのため、パタヤからドンムアン空港へ行くには

  • タクシー(1,500〜2,000バーツ前後)
  • スワンナプーム空港経由でシャトルバスを利用

上記2つの方法が一般的です。

参考

詳細は『パタヤからバンコクへの帰り方』にて詳しく解説しています。

しかし、タクシーは運賃が高いです。

また、スワンナプーム経由でシャトルバスを利用するのは、乗り換えが面倒に感じる人もいるでしょう。

 

そこで、手っ取り早くパタヤからドンムアン空港へ直接行きたい人は、マイクロバスを利用するのがおすすめです。

マイクロバスなら、パタヤから直接ドンムアン空港の目の前で下車できます。

ただし、マイクロバスにはトランクルーム(荷物室)や網棚が設備されていません。

そのため、荷物が少ない人(最悪、荷物を膝の上に抱えたまま約2時間40分を過ごせる人)向きの移動手段です。

また、中型バスや大型バスに比べると、乗り心地は決して良くありません。

見た目こそ大きいですが、乗り心地はミニバス(ロットゥー)と同じようなものだと考えておいた方が良いです。

 

今回の記事では、パタヤからドンムアン空港へ直行するマイクロバスの

  • 乗り場
  • 時刻表
  • 乗り心地
  • 到着場所

について詳しく記載しています。

荷物が少ないつ、パタヤからドンムアン空港へ直接行きたい人は是非参考に。

ドンムアン空港へ行くマイクロバス乗り場の場所

ドンムアン空港へ行くマイクロバス乗り場

(マイクロバス乗り場)

ドンムアン空港行きのマイクロバス乗り場は、パタヤカン通り(Thanon Pattaya Klang/またはCentral Pattaya Road とも呼ぶ)の東側(スクンビット通り近く)に位置しています。

地図で言えば、以下に記している「Power Buy Pattaya」という電化製品量販店の隣です。

ドンムアン空港行きマイクロバス乗り場の地図

マイクロバス乗り場は、パタヤカン通り沿いの位置しているので見つけやすいです。

家電量販店のPowerBuyPattayaも、地図上ではやや奥まった場所に位置していますが、実際にはパタヤカン通り沿いに位置しています。

パタヤカン通りから見たドンムアン空港行きマイクロバス乗り場のオフィス

(オフィスの横断幕には「Donmueang Airport」の記載があるのですぐに分かる)

家電量販店のPowerbuypattaya

(家電量販店のPower Buy Pattaya)

Power Buy Pattayaを目印にアクセスすると良いです。

ドンムアン空港行きマイクロバスの時刻表

ドンムアン空港行きマイクロバス乗り場のオフィス内

(マイクロバス乗り場のオフィス内。写真左側のカウンターで運賃180バーツを支払う)

ドンムアン空港行きのマイクロバスは、AM5:40〜PM19:40までの間、40分に1本出発しています。

時刻表
5:4013:00
6:2013:40
7:0014:20
7:4015:00
8:2015:40
9:0016:20
9:4017:00
10:2017:40
11:0018:20
11:4019:00
12:2019:40

ただし、時間は結構アバウト。

実際、筆者は18:20発のマイクロバスに乗ろうとしましたが、なんだかんだでマイクロバスが出発したのは18:40でした。

なので、少なくとも20分前後の遅れはあると考えておくと良いでしょう。

また、繰り上げで出発する可能性もあり。

余裕を持って、搭乗時間の5時間前には乗るつもりでバス乗り場に行きたいです。

筆者の搭乗時間は23:55だったので、18:00にマイクロバス乗り場に向かいました。

 

ちなみに、マイクロバス乗り場周辺には、多くはないですが飲食店があります。

乗車までの時間が余っていても、どうにか時間は潰せるでしょう。

トイレはマイクロバス乗り場のオフィス内にありますが、しゃがみこみ式の水洗便所です。

綺麗なトイレを利用したい人は、隣のPower Buy Pattayaで貸してもらいましょう。

運賃は180バーツ。座席指定は不可

中型以上のバスとは異なり、座席の指定はありません。

ミニバス(ロットゥー)同様に、早い者勝ちで席に座ります。

以下で記載しているように、足元が狭い席もあるので、早めに良い席を確保したいです。

乗り心地はミニバス(ロットゥー)よりちょっと良いくらい

パタヤ発ドンムアン空港行きのマイクロバス車内

(マイクロバス車内)

ミニバス(ロットゥー)よりは天井が高いため、開放感はあります。

ただ、上述したように、トランクルームと網棚はありません。

ちなみに、車内にはトイレもありません

マイクロバス車内に置いた荷物

筆者が乗車した時は、乗客が合計で5名程度だったため、荷物は通路と隣の空座席に置いていました。

しかし、これが満席状態であれば荷物を置くスペースは無かったでしょう。

なので、冒頭でも述べたように、最悪の場合、荷物を膝の上に抱える必要があります

こうした理由からか、旅行者と思われる外国人の乗客は皆無でした。

 

パタヤ発ドンムアン空港行きマイクロバスの座席

座席は、ロットゥーよりは少々ゆとりがある程度。

パタヤ発ドンムアン空港行きマイクロバスの座席2

足を組むと、通路に足がはみ出ます。

また、背もたれを倒すことはできません。

おまけに、ロットゥー同様に足元が狭い座席もあります。

筆者が乗車した時は、他に乗客がいなかったので、それほど乗り心地は悪くありませんでしたが。

これが満席状態だったらと考えると…、まあロットゥーより少々乗り心地が良い程度と言ったところでしょう。

 

マイクロバスに乗るメリットは、「ドンムアン空港に直行する」という一点のみです。

マイクロバスの到着場所

18:40にパタヤを出発したマイクロバスは、途中で10分のトイレ休憩を挟んで、21:20にはドンムアン空港に到着しました。

ドンムアン空港へ行く途中で寄った休憩所

(途中、高速の休憩所で10分のトイレ休憩を挟んだ)

ロットゥー同様に、運転手は結構なスピードを出します。

そのおかげか、休憩を挟んだわりには、思ったより早く到着しました。

 

マイクロバスの到着場所は、ドンムアン鉄道駅前です。

運転手はドンムアンに到着したことを教えてくれます。

ドンムアン鉄道駅の連絡通路

ドンムアン鉄道駅からドンムアン空港へは、連絡通路を渡るだけで到着します。

ほぼドンムアン空港目の前に到着すると考えて良いです。

やっぱり旅行者はスワンナプーム経由でドンムアンへ行くのが良いと思った

繰り返しになりますが、マイクロバスのメリットは、ドンムアン空港へ直行するという一点のみです。

今回、筆者はたまたま他に乗客がいなくてスペースにゆとりを持てましたが、満席だったら絶対きつかったです。

そもそもトランクルームがないので、旅行者には向いていない乗り物と言えるでしょう。

バンコク⇒アユタヤ行きロットゥーのように1時間強程度の乗車時間ならまだ耐えられますが、パタヤ⇒ドンムアンの所要時間は約2時間40分。

仮に満席状態だったとしたら、2時間40分も耐えるのは精神的にも肉体的にも大変だったでしょう。

そんなわけで結論としては、パタヤからドンムアン空港へ行くには、やはりタクシーかスワンナプーム経由シャトルバスがおすすめです。

パタヤからドンムアン空港へ、タクシーやスワンナプーム経由のシャトルバスで帰る方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

夕方のパタヤビーチ
パタヤからバンコクへの帰り方をわかりやすく解説!【バス・タクシー】

パタヤのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。エリアごとにコスパの高いホテルを紹介しています。

パタヤのおすすめホテル アイキャッチ画像
パタヤのおすすめホテル。20回以上パタヤへ行った自分がエリアごとに厳選してみた。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)