ウォーキングストリートのおすすめホテル。JF無料のホテルだけを格安から高級までまとめて紹介。

ウォーキングストリートの写真

ウォーキングストリート近くのホテル

ウォーキングストリート近くのホテルは格安、中級、高級にわかれています。

いずれのホテルも、ウォーキングストリートまで徒歩でのアクセスが可能です。

ウォーキングストリート周辺のMAP

上のMAPでは、ウォーキングストリートを黄色に塗ってある部分格安ホテルを紫の星マーク中級ホテルを緑色の星マーク高級ホテルを青色の星マークで記しています。

各ホテルにおける1泊の宿泊料金目安は

  • 格安 ¥2,000〜¥3,000
  • 中級 ¥3,000〜¥6,000
  • 高級 ¥7,000〜¥10,000

といったところです。もちろん年末年始やソンクランなどの旅行シーズンであったり、予約日が近い場合は、この値段の限りではありません。

ただ、繁忙期シーズンを除いたり、日にちに余裕を持って予約する場合、大抵は上記の金額内に収まります。

いずれのホテルも、後述するJF(ジョイナーフィー)が無料なので、安心して女性を連れ込めるのは共通したメリットです。

 

この記事では、各ホテルを格安、中級、高級の順番に紹介しています。

ウォーキングストリートでの夜遊びを余すことなく楽しみたい方に、是非ともおすすめしたいホテルのみをピックアップしたので、ホテル選びの参考にして頂ければと思います。

JF(ジョイナーフィー)について

パタヤホテルにおけるジョイナーフィーポリシー

(ジョイナーフィーが発生するホテルのフロントにあった注意事項)

タイのホテルでは、宿泊客以外の人間を自室に連れ込む際、そのチャージ料として300バーツ〜1,000バーツの手数料が発生します。

これはパタヤに限らずバンコクのホテルにも同様のシステムが存在します。

女性をホテルに連れていく際、女性はフロントにIDカードを預けます。そして男性はジョイナーフィーを支払うのが一般的です。

 

女性がIDカードをフロントに預けるのは、女性が万が一盗難などの犯罪を働かないための抑止力になっています。

タイでは国民全員がIDカードを持つことを義務付けられ、IDカードはパスポートと同様の個人情報力を持つのです。

そのため、IDカードを預けることに関しては、旅行者側が安心を得られるので、これと言って問題はありません。

ただ、ジョイナーフィーに関しては、ホテルによって有料・無料が異なります。ジョイナーフィーは余計な出費でしかないので、夜遊び目的の旅行者は、当然無料のホテルを選んでおくべきと言えるでしょう。

これから紹介するホテルは、全てジョイナーフィー無料のホテルなので、安心して滞在できます。

おすすめの格安ホテル

上に乗せたMAP上で、紫色の星でマークしている2軒です。

ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)

 ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)の入り口

ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)は、ウォーキングストリートから伸びるソイ15をセカンドロード側に抜け、右手に100mほど進んだ場所にあります。

ソイダイアモンド

(ソイ15。「ICE CULB」というバーとファミリーマートの間から伸びている)

ソイ15の向かいには、Iron Club(アイアン クラブ)やGinza(銀座)といった日本人に人気のゴーゴーバーが並んでいます。

ウォーキングストリート中でも主要となるゴーゴーバーが並ぶ部分から伸びているソイ15を抜けてすぐの場所にあるので、ホテルからウォーキングストリートへのアクセスにおける利便性は高いです。

 

 ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)の客室2

客室は簡易的な作りです。写真のルームタイプはスタンダード (Standard)。広さは22㎡。

 

スタンダード (Standard)の客室3

冷蔵庫やクローゼットが設備されています。

 

 ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)のシャワールーム1  ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)のシャワールーム2

シャワールーム。シンプルな作りです。

 

 ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)のエントランス1

外出時は部屋の鍵をフロントのKEY DROPボックスに預けます。

 

 ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)のオブジェ

フロントにあったオブジェ。

 

ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)のエントランス2

エントランスは開放感があって気持ち良い風が入ってきます。

 

全室でWiFiは無料で使えます。また、毎日のタオル交換や客室清掃、無料の水2本の補充といった基本的なサービスはついています。

ホテルが並ぶセカンドロード沿いにはレストランやマッサージが並んでいます。昼間の時間を潰すにも苦労しない環境です。

シーズンによっては、スタンダード (Standard)には1泊2,500円程度で泊まれます。

繁忙期であっても、宿泊客が少なければ2,500円のままなので、以下より料金を確認して頂ければと思います。

>>>ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)

ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)

 ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)の外観

ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)は、ウォーキングストリートから伸びるソイ15とセカンドロードが交わる角に建てられています。

 

1泊の宿泊料金は2,500円程度を切ります。ウォーキングストリート近辺のJF無料ホテルの中では最安値と言えるでしょう。

ただし、ホテル内にはエレベーターがありません。そのため、予約ページの要望欄には「I’d like to have a lower floor room(低層階希望)」の一言を入れておくと良いです。

 

 ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)の客室1

客室内にはソファーやテーブルがあります。

女の子が部屋に来て、早々にベッドに寝るのではなく、まずはソファーで雑談してから雰囲気を高められます。格安ホテルにしては上出来の作りでしょう。

写真のルームタイプはスーペリア (Superior)。広さは25㎡です。

 

クローゼットと冷蔵庫。水のサービスはないですが、湯沸かし機は備え付けられています。

 

ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)のシャワールーム

トイレとシャワールームは壁で仕切られています。

 

ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)の部屋からの景色

部屋の窓からはソイ15のタトゥーショップが見えました。この辺りは夕方から賑やかになってきます。

 

ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)のレストラン

1階に併設されているレストラン。朝から営業しているので、ここで朝食を取れます。

 

格安ホテル故に、階段がない・セーフティボックスがないという細かい欠点は見受けられましたが、値段を考えると妥協できる範囲ではあります。

WiFiは問題なく使えたので、滞在において特に不便を感じることはありません。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)

おすすめの中級ホテル

上に載せたMAP上で、緑色の星でマークした3軒。

P.72 ホテル(P.72 Hotel)

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)の外観

Ginza(銀座)とGlass House(グラス ハウス)の真向かいに位置する中級ホテル。

ウォーキングストリートにはP.72 ホテル(P.72 Hotel)の看板が出ています。初心者でも迷うことはないでしょう。

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)の看板  P.72 ホテル(P.72 Hotel)の正面

ホテルを出て目の前は、GinzaとGLASS HOUSEが並んでいます。

 

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)の入り口2

ルームタイプをデラックス スタジオ (Deluxe Studio)にすると、本館ではなく別館の部屋になります。

別館の入り口はオートロックになっていて、キーをかざないと開かない仕組みです。安心できるシステムです。

 

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)の客室5

デラックス スタジオ (Deluxe Studio)の部屋。広さは24㎡。

 

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)の客室3

清潔感のある客室でした。無料の水や歯ブラシ以外のアメニティは完備しています。

 

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)のシャワールーム

シャワールーム

 

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)の客室から見える景色

窓からはウォーキングストリートが見えます。

ウォーキングストリートから近いだけあって、夜中の1時くらいでもバンド演奏の音が聞こえてきました。ただ、夜遊び目的の人ならまだ寝ない時間なので心配はいならないでしょう。

 

P.72 ホテル(P.72 Hotel)は、デラックス スタジオ (Deluxe Studio)以下のルームになると、老朽化の進んだ古い建物(本館)の部屋になります。

また、デラックス スタジオ (Deluxe Studio)以下のルームになると、サービス面が落ちるようです。お湯が出なかったり、エアコンの効き具合が悪かったり設備面においても落ちるとのこと。

デラックス スタジオ (Deluxe Studio)はボーイが荷物を運んでくれたりと、サービス面も設備面も普通のホテル並みに満足できます。

宿泊はデラックス スタジオ (Deluxe Studio)が良いでしょう。

>>>P.72 ホテル(P.72 Hotel)

W 14 ホテル (W 14 Hotel)

W 14 ホテル (W 14 Hotel)の外観

W 14 ホテル (W 14 Hotel)は、ウォーキングストリートから伸びるSoi 14という通りの中にあります。

Soi 14とは、MANDARIN(マンダリン)とSUGAR BABY(シュガーベイビー)という、2つのゴーゴーバーの間から伸びている通りです。

ウォーキングストリート Soi14

初心者にもわかりやすい立地である上に、ホテルは最近建てられたばかりでまだ新しいです(2016年現在で築1年)。

また、洗濯機やプールといった設備が充実しているので、タイ自体にまだ慣れていない人でも快適に過ごすことができるでしょう。

 

W 14 ホテル (W 14 Hotel)の客室1

デラックス (Deluxe)の客室。広さは31㎡。バスタオルが可愛い象の形に折られていました。

 

W 14 ホテル (W 14 Hotel)の客室2 W 14 ホテル (W 14 Hotel)の客室3

室内用スリッパ、ドラム式洗濯機と乾燥機まで完備されています。

 

W 14 ホテル (W 14 Hotel)のシャワールーム1 W 14 ホテル (W 14 Hotel)のシャワールーム2

清潔感のあるシャワールーム

 

 W 14 ホテル (W 14 Hotel)のプール

プール。新しいホテルということで、まだ日本人は少ないです。海外旅行中に日本人と遭遇したくない人にとっては良い環境かと思います。

 

スタッフも良く教育されているようで、笑顔が絶えない良い対応でした。

一番グレードの低いスーペリア クイーンベッド (Superior Queen Bed)であっても、新築なので快適に過ごせるでしょう。

全体的に明るくて爽やかで、カップルでの滞在にもおすすめできるほど良い雰囲気のホテルでした。

>>>W 14 ホテル (W 14 Hotel)

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)の外観

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)も、マンダリンとシュガーベイビーの間から伸びるSoi 14内にある中級ホテルです。

 

高層階のスーペリア (Superior)ルームからはパタヤビーチが見えます。ビーチリゾートらしい開放感を味わえます。

 

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)の客室1

スーペリア (Superior)の宿泊費は、シーズンにもよりますが1泊5,000円を切ります。

 

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)の客室2

部屋は1人〜2人滞在なら十分な広さがあります。

 

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)のバルコニー

バルコニーからは開放感のあるパタヤビーチが眺められます。朝起きてバルコニーに出ると気持ちが良いです。

 

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)の前

日が暮れると、ホテル入り口前にあるサロンに若いタイ人女性が集まりだします。

彼女達の多くはウォーキングストリートで働くゴーゴーガールです。このサロンで髪をセットしてから出勤しています。

ウォーキングストリートにあるホテルならではの光景でした。

 

それなりの金額でありながら、バルコニーからの眺めにも期待できます。男のバカンスにはもってこいのホテルです。

>>>グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)

おすすめの高級ホテル

冒頭に載せたMAP上で、青色の星でマークしてある2軒。

アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)

アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)の外観

アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)は、ウォーキングストリートから550m、徒歩にして7分程度の場所にある準高級ホテルです。

ホテルが建っているのはパタヤシティウォークという名の、露店が並ぶ通りの中です。

パタヤシティウォーク

(パタヤシティウォークの入り口)

 

パタヤシティウォークは、ビーチロードとセカンドロードのどちらからでも入ることができます。一方の通りから一方へ通り抜けできる便利な道です。

パタヤシティウォーク内には日本料理居酒屋やインド料理、トルコ料理屋など多国籍にレストランが集まっています。食事も十分に楽しめるでしょう。

焼肉バク

(日本風居酒屋)

アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)のプール

ホテルのプールサイドから見たパタヤシティウォーク。Tシャツや雑貨を売る露店が集まっています。

 

アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)の客室1 アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)の客室2

写真のルームタイプはデラックス コートヤード (Deluxe Courtyard)。広さは29㎡。

部屋にはソファーもあります。

 

デラックス コートヤード (Deluxe Courtyard)の客室3

作業机や大きめのクローゼット、冷蔵庫なども完備しています。

 

デラックス コートヤード (Deluxe Courtyard)のトレーニングジム

トレーニングジムはホテルの最上階に設備されています。

 

アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)は、ウォーキングストリートで働いている女性からの人気も高いです。

自分もこのホテルに何度かタイ人女性を連れてきましたが、他のホテルよりも反応が良かったです。

女性のテンションを上げて楽しみたい方にはおすすめできるホテルです。

ホテルからはビーチロードにもセカンドロードにも出られます。昼間の観光にも便利な場所です。

>>>アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)

バラクーダ パタヤ Mギャラリー バイ ソフィテル (BARAQUDA PATTAYA  MGALLERY BY SOFITEL)

 バラクーダ パタヤ Mギャラリー バイ ソフィテル (BARAQUDA PATTAYA ? MGALLERY BY SOFITEL)の外観

バラクーダ パタヤ Mギャラリー バイ ソフィテル (BARAQUDA PATTAYA  MGALLERY BY SOFITEL)は、ウォーキングストリートから徒歩8分のデザインホテルです。

「マリン」をテーマにしたデザインがホテル中に散りばめられています。世界中見回しても珍しいデザインなので、記念や思い出にもなるでしょう。

個人的にはカップルでの滞在にもおすすめです。

 

 バラクーダ パタヤ Mギャラリー バイ ソフィテル (BARAQUDA PATTAYA ? MGALLERY BY SOFITEL)の客室1

1キングベッド デラックス (1 King Bed Deluxe)タイプのルーム。広さは37㎡もあります。

 

1キングベッド デラックス (1 King Bed Deluxe)の客室3

客室は縦長の形をしています。作業机はベッドの裏、シャワールームは入り口から見て右手です。

 

1キングベッド デラックス (1 King Bed Deluxe)の洗面所

洗面所の鏡もお洒落なデザイン。非日常間を味わえました。

 

1キングベッド デラックス (1 King Bed Deluxe)のプール

1階のプールは程よい大きさがあります。野外のプールですが清潔感が保たれています。昼間泳ぐにはもってこいの設備です。

また、プールは夜になるとライトアップされてロマンチックになります。お気に入りの子とプールサイドの椅子に腰掛けて、一緒にお酒を飲むと雰囲気が増すでしょう。

1キングベッド デラックス (1 King Bed Deluxe)のプール

 

高級ホテルだけあって、1泊の料金は9,000円〜10,000円程です。

最終的に宿泊を決めるかどうかは予算によると思いますが、個人的にはパタヤ滞在が数日に渡るなら、1泊くらいはこうしたホテルに泊まってみるのも面白いでしょう。

気の知れたお気に入りの女性がいるなら尚更です。

>>>バラクーダ パタヤ Mギャラリー バイ ソフィテル (BARAQUDA PATTAYA  MGALLERY BY SOFITEL)

紹介したホテルのまとめ

今回の記事で紹介したホテルのまとめです。

▽ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)

ドリーム ホテル パタヤ (Dream Hotel Pattaya)の客室2
  • 1泊2,500円程度で宿泊できる
  • 客室の作りはシンプル
  • ソイ・ダイヤモンドを抜けてセカンドロード沿いにある

▽ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)

 ベスト コーナー ホテル パタヤ (Best Corner Hotel Pattaya)の客室1
  • ウォーキングストリート近くのJF無料ホテルの中では宿泊費が一番安い
  • 階段がないので低層階希望しておくのがおすすめ
  • 1階にレストランがある

▽P.72 ホテル(P.72 Hotel)

 P.72 ホテル(P.72 Hotel)の客室5
  • Ginza(銀座)とGLASS HOUSEの真向かいにある
  • 清潔感のあるオーソドックスなホテル
  • 宿泊はデラックス スタジオ (Deluxe Studio)のルームタイプが良い

▽W 14 ホテル (W 14 Hotel)

 W 14 ホテル (W 14 Hotel)のプール
  • 建てられて間も無い(2016年現在、まだ築1年)ので新築の新鮮さを味わえる
  • 宿泊客に日本人が少ないので遭遇することがない
  • 洗濯機や乾燥機が部屋にある

▽グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)

グランドホテル パタヤ (Grand Hotel Pattaya)の客室1
  • バルコニーからパタヤビーチが眺められる
  • マンダリンというゴーゴーバーの裏にある
  • 1泊の宿泊料金が5,000円を切る

▽アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)

アヤ ブティック ホテル パタヤ (Aya Boutique Hotel Pattaya)の客室2
  • ウォーキングストリートで働いているゴーゴー嬢から人気がある
  • 周辺環境が良い。ホテルからはビーチロードにもセカンドロードに出られる
  • 日本食、インド料理、トルコ料理が近くにある

▽バラクーダ パタヤ Mギャラリー バイ ソフィテル (BARAQUDA PATTAYA  MGALLERY BY SOFITEL)

 バラクーダ パタヤ Mギャラリー バイ ソフィテル (BARAQUDA PATTAYA ? MGALLERY BY SOFITEL)の客室1
  • お洒落なデザインホテル
  • プールがとても綺麗
  • パタヤ滞在が数日に渡るなら1泊滞在してみるのがおすすめ

【関連記事】

パタヤ第二の歓楽街「ソイLKメトロ」のおすすめホテル。

ソイLKメトロ周辺にあるおすすめホテル。JF無料で夜遊びに最適。
今回の記事では、ソイLKメトロの概要と、ソイLKメトロ周辺にあるJF(ジョイナーフィー)無料のおすすめホテルを5軒紹介します。ソイLKメトロ(Soi LK Metro)とはソイLKメトロ(Soi LK Metro)とは、サウス・パタヤと呼ばれるパタヤ中心街における南側に位置する200mほどの通り...

パタヤ全エリアのホテルまとめ。こちらもホテル探しの参考になるかと思います。

パタヤのおすすめホテル。20回以上パタヤへ行った自分がエリアごとに厳選してみた。
(パタヤビーチ)パタヤは決して大きな街ではありません。しかし、アジアでは有数のビーチリゾートです。この小さい街の中には、旅行者を楽しませる様々な娯楽が詰まっています。 パタヤには年間で900万人近い旅行者が訪れ、35,000室以上のホテル部屋数があるといいます。...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。
ウォーキングストリート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です