パタヤで象乗りやバンジー、バギーや射撃も1ヶ所で楽しめるテーマパーク。

チャンタイ タップラヤー サファリの入り口

(チャンタイ タップラヤー サファリ)

パタヤにはマリンアクティビティ以外にも、象乗りや射撃、ゴーカートやバンジーなどのアクティビティを楽しめるスポットが点在しています。

夜の観光ばかりが注目されがちなパタヤですが、こうした昼間の観光も充実しているため、パタヤは家族連れやカップルも健全に旅行を楽しめます。

ただ、各アクティビティを楽しめるスポットは主にパタヤ郊外に点在しているため、アクセスが少し不便です。

パタヤ滞在が1週間など長い人であれば特に問題ないですが、2泊や3泊など短い人はスケジュールを立てにくいでしょう。

複数人での旅行なら、行きたい場所の意見が分かれることもあるかと思います。

 

今回紹介するテーマパーク「チャンタイ タップラヤー サファリ(Changthai thappraya safari)」は、パタヤで象乗り、射撃、バンジー、バギーなどの主要アクティビティ全てを楽しめるテーマパークです。

1ヶ所で主要となるアクティビティを全て楽しめるので、滞在期間が短い人や複数人での旅行には非常に便利な場所と言えるでしょう。

各アクティビティの料金が少々高めなのが欠点ですが、パタヤ市街からほど近く、往復タクシー料金は400バーツ程度です。

パタヤでやりたいことがまとまってない人は、訪問予定地として旅程に入れる価値大です。

チャンタイ タップラヤー サファリ

チャンタイ タップラヤー サファリの園内

(テーマパーク内の様子)

チャンタイ タップラヤー サファリは、パタヤ市街から距離20km、車での所要時間片道30分程度の場所に位置するアドベンチャーテーマパークです。

ジャングルに模したパーク内に各アクティビティが設置されていて、来園者は自分が行いたいアクティビティのチケットを入り口で購入して遊びます。

チャンタイ タップラヤー サファリで楽しめる各アクティビティ内容と料金は以下の通り

  • 象乗りトレッキング/30分600バーツ(1人)
  • 馬乗りトレッキング/30分1,000バーツ(1人)
  • 射撃/22口径25発 1,400バーツ〜(銃の種類によって料金に違いあり)
  • バンジージャンプ/1人2,500バーツ
  • ターザン体験/15ヶ所1,600バーツ
  • ジェットボード/10分1,500バーツ〜
  • カヌー/20分200バーツ
  • スモールバギー/30分1,200バーツ〜
  • ライオンとの記念撮影/1枚300バーツ

パーク内入り口には、以下写真のような料金詳細表が掲げてあります。

チャンタイ タップラヤー サファリの料金表

象乗りトレッキングやカヌーは安いですが、バンジーや射撃などは少々高め。

複数のアクティビティを楽しむなら、1人あたりの予算が日本円にして2万円近くいくことも考えられます。予算を考慮しながら遊んだ方が良いです。

ただ、各アクティビティは値引きに応じてくれることもあるので、何をするにしても値引き交渉してみましょう。人数が多ければ多いほど値引きしてくれる確率は上がります。

テーマパークのアクティビティはチケット制

チケット売り場

(チケット売り場)

各アクティビティを楽しむには、パーク入り口にあるチケット売り場でチケットを購入します。

チケット購入後、スタッフが各アクティビティのエリアに案内してくれるという流れです。

そのため、パーク内の地図を把握しておく必要はありません。

 

自分たちが行ったアクティビティは、テーマパーク内でも人気の高い「象乗りトレッキング」「スモールバギー」「射撃」の3つです。

合計で3,300バーツくらいでした。

いずれも、内容はとても充実していて楽しめます。以下でその様子を記載していくので、興味のある人は試してみてはいかがでしょうか。

象乗りトレッキング

象乗りトレッキング1

象に乗ってテーマパーク横にある林の中をトレッキングするアクティビティです。

30分コースと1時間コースがあり、1時間コースの方は林の散策だけでなく、川の中にも入ります。

ただ、個人的には1時間も象に乗るのは疲れると思います。象に乗っている間はバランスを取る必要があるからです。

そのため、象乗り未経験の人は30分コースから体験してみるのがおすすめです。

 

エレファントライド

林の中を進んでいきます。雰囲気があって面白いです。

 

エレファントライド2

トレッキングの途中、象使いが象から降りて、自分達のスマートフォンで写真を撮ってくれます。

象にきちんとポーズを決めさせてくれたりと親切でした。

写真を撮ってもらったからと言って、特にチップを求められることはありませんでした。

ただ、多分チップを期待しているとは思うので、気持ちで50バーツか100バーツくらいあげるとスマートです。

 

象の鼻

象を降りた後も、象にカメラを向けると象使いが象にポーズを決めさせてくれます。

サービスが良くて満足度の高い象トレッキングでした。

ちなみに、象乗りトレッキングで使われる象はいずれも雌だそうです。

雄象(特に若い)は、血気盛んで喧嘩を始める可能性があるため、おっとりした性格の雌象を使うのだそう。

自分の友人は象乗りが初体験でしたが、かなり楽しめていました。象使いのサービスも良いので、おすすめアクティビティの一つです。

スモールバギー

スモールバギー1

スモールバギーと書いてありますが、実際には上写真のようなサンドバギー(バギー風のゴーカートにも思える)に乗ります。

このアクティビティは個人的にかなりおすすめ。めちゃくちゃ楽しいです。

思わず童心に帰ってはしゃいでしまうでしょう。

 

サンドバギーはオートマチックなので、普通自動車運転経験者であれば誰でも乗りこなせます。

ちなみに、乗車にあたって国際免許等の確認はありません。ヘルメットの装着義務もありません。装着したい人は貸してもらえます。

万が一、バギーをぶつける等して破損させた場合は、最大2,000バーツの修理費用を請求するとのこと。

 

サンドバギーの運転席

バギーの運転席。

運転方法は普通自動車ATと何ら変わりありませんが、初めてのバギーなのでかなり緊張します。

 

バギーはテーマパークを出て公道を走り、山形の砂地コースへ入って頂上を目指します。

先頭には誘導員が走り、自分達はその後ろを付きながら走行していきます。

公道を走行中のバギー

バギーはボディがフレームだけなので、ダイレクトに風が来て走っていて気持ち良いです。

速度は40km〜50kmくらいのペースで公道を走ります。

公道にはもちろん他の一般車両も走っているので要注意。ちなみに、サンドバギーにはウインカーがありません。

 

砂地を走るバギー

山形の砂地コースへ突入。

砂地はとても凸凹していて「本当にこんな所走れるのか?」と思います。さすがに普通の車では絶対に走行は無理でしょう。

しかし、そこはサンドバギー。さすがにサスペンションがしっかりとしていて、いかなる凸凹もなんなく進んでいきます。

バギー未経験者の自分は、思わず「おぉ!おぉ〜」と叫びながら走行していました。

また、砂地コースは凸凹だけでなく、カーブも多いので中々スリルがあります。

前後の車両としっかり車間距離さえ取って走れば特に危険はありません。

 

バギー 山頂からの景色

頂上からの景色。

頂上に到着したら、15分ほど休憩してパークへと戻ります。

このバギー走行は本当に楽しくて、後日も自分達の間で話題となり、振り返ってみるとパタヤ旅行のハイライトだったように思えます。

そのくらい楽しいので本当におすすめ。

バギーは運転席と助手席の二人乗りなので、子連れの方でも乗車可能です。

ATV

バギーカー

ちなみに、サンドバギー以外にもATVカートなど、車種は数種類存在します。

射撃

パタヤ 射撃

射撃は使う銃の種類によって料金が異なります。

各銃の料金は以下写真の通りです。

射撃の料金表

最も安い銃で25発1,400バーツ、高い銃で50発3,400バーツです。

狙う的は人型のペーパーで、射撃後にどこに当てられたのかを確認できます。

弾を込めている様子

ちなみに、弾を込めるのはスタッフが行います。

自分達ができるのは、狙いをつけて引き金を弾くことだけです。

さすがに実弾はエアガンなどとは比べものにならないくらいの衝撃が来て、凄まじい音が鳴るので迫力があります。

個人的には1回経験したらお腹一杯になるアクティビティかとは思いますが、実弾を打つことは中々経験できることではないので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

狙った通りに銃を打つのはかなり難しくて、よく刑事ドラマなんかで警察が走りながら犯人を打って命中させているようなシーンは「絶対に不可能」だと実感できます。

馬トレッキングやライオンとの記念撮影で子連れも楽しめる

馬トレッキング

ライオンとの記念撮影

鳥との記念撮影

テーマパーク内では馬乗りトレッキングやライオンとの記念撮影、オオハシを手に乗せての記念撮影も楽しめます。

ライオンはさすがに巨体すぎて、かなり勇気が入りますが(自分も始めは撮影するつもりだったが実物を見て怖じ気付いた)、馬乗りトレッキングやオオハシの記念撮影は子供でも楽しめるでしょう。

記念撮影は1枚300バーツ程度なので、勇気がある人はライオンとの撮影に挑戦してみて下さい。

チャンタイ タップラヤー サファリへの行き方と営業時間

行き方

パタヤ市街からチャンタイ タップラヤー サファリへ行くにはタクシーを利用します。

自分達はパタヤ市街を走る下写真のタクシーを捕まえました。

パタヤのメータータクシー

料金はパタヤ市街とチャンタイ タップラヤー サファリを往復で400バーツでした。

交渉すればもう少し安くなるかもしれませんが、大体の目安は400バーツと考えておくと良いかと思います。

運転手は自分達がパーク内で遊んでいる時は、駐車場で待ってくれます。

ちなみに、パタヤ市街を走行しているソンテウをチャーターして向かうことも可能ですが、ソンテウチャーターはおすすめできません。

なぜなら、パタヤ市街からチャンタイ タップラヤー サファリまでの所要時間は30分近くあります。ソンテウはエアコンが効いてないので、あくまで短距離用です。暑い中30分も乗車するのは不可能でしょう。

パタヤ市街からチャンタイ タップラヤー サファリまでの地図

所要時間は約30分です。運転手には「チャンタイ タップラヤー サファリ」と言えば通じました。

英語表記「Changthai Thappraya Safari and Adventure Park」を見せるだけでも問題なく通じます。

営業時間

毎日 9:00〜18:00頃まで

※国の行事がある日などは営業しない可能性もあるので、行く前にタクシー運転手に営業しているかどうかを聞くのがベター

パタヤ観光の予定に入れたいバランスの取れた観光地

パーク内の休憩所

(パーク内には休憩所もある)

パタヤのアクティビティ系観光地は点在しているため、これまでスケジュールを立てるのが難しかったです。

しかし、チャンタイ タップラヤー サファリのように、1ヶ所にアクティビティがまとまっているテーマパークは非常に便利。

アクティビティの内容も、自分達のように男旅行で楽しめるものもあれば、子連れでも楽しめる内容もあり豊富です。バランスが良いと言えます。

1日であらゆる観光を楽しめてしまうので、特に滞在期間が短い人にとっては需要があるでしょう。

是非、まだパタヤ観光でどこを回るか決めていない人は、予定にいれてみてはいかがでしょうか。

2 Comments

やまけん

初めまして。毎回記事を楽しみにしてます。今パタヤにいらっしゃるんですね。

パタヤのソイブアカオの15にあるハイドアウェイ ゲストハウス アンド バーという白人に人気のゲストハウスがあります。
いつも予約でいっぱいなんですけど、ここでよく白人が飛び降りるんですよ
。こんな内容を取り扱ってもらえるかわからないですが、興味あれば記事にしていただけないかとコメントしました。

返信する
ri-(りー)

>>>やまけん様
こんばんわ。ありがとうございます。
ブッカオならありそうな話ですね。笑
物凄く興味深いです。恐ろしいので自分が宿泊することはないと思いますが、近々のぞきに行ってみたいと思います。
面白い情報をありがとうございます(^ ^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です