ラン島の観光ガイド。人気のマリンスポーツ、各ビーチの特徴について詳しく解説。

ラン島の海1

(エメラルドグリーンに輝く美しいラン島の海)

ラン島とは、パタヤから西に約9km離れた場所に浮かぶ、長さ約4.5km・幅2km程度の小さな離島です。

島内の人口は3,000人程度。

ラン島にはショッピングモールやエンターテインメント施設などが一切ありません。素朴に美しい静寂の離島です。

しかし、ビーチの水質はピカイチ。そのため、パタヤに滞在する観光客が海水浴やマリンスポーツを楽しむ場合、ラン島まで足を運ぶのが一般的となっています

パタヤも”一応”ビーチリゾートとして知られていますが、パタヤのビーチは水質が汚いため、とてもじゃないですが泳げたものではありません。

晴天のパタヤビーチ

(パタヤビーチ。日光浴をしている人は多いが、海に入っている人は驚くほど少ない。日本人の姿は皆無)

そのため、パタヤ滞在中に海水浴やマリンスポーツを楽しみたいのであれば、ラン島へ行くことを強くおすすめします。

パタヤからラン島へのアクセス所要時間は、フェリーで片道40分程度

日帰りで遊びに行けますし、時間に余裕があれば、ラン島のホテルに数日滞在する人もいます。

パタヤビーチとラン島の位置関係

(パタヤビーチとラン島の位置関係)

今回の記事では、ラン島での海水浴やマリンスポーツに興味がある人へ向けて

  • ラン島で楽しめるマリンスポーツの種類
  • ラン島にあるビーチの種類
  • 海水浴中の貴重品管理方法
  • 島内での移動方法
  • パタヤからラン島への行き方
  • ラン島のおすすめホテル

を詳しく記載していきます。

開発が進んでいるパタヤとは異なり、ラン島には自然の懐を感じられる風景も数多く残っています。

楽園のような雰囲気の中、思う存分自然とのふれあいを楽しみましょう。

ラン島で楽しめるマリンスポーツ・アクティビティ

ラン島でのジェットスキー1

ラン島内で楽しめるマリンスポーツ・アクティビティは、主に以下の5種類です。

  • ジェットスキー(30分900バーツ)
  • バナナボート(1グループ300バーツ)
  • パラセーリング(1人500バーツ)
  • シーウォーク(30分800バーツ)
  • パラグライダー(1回1,000バーツ)

各マリンスポーツを楽しむには、ビーチにいる係員(メニューを持っている)に希望のマリンスポーツを伝えて、その場で料金を支払うだけです。

ラン島で楽しめるマリンスポーツのメニュー

(ラン島のビーチには上写真のようなメニューを持った係員がいる)

各マリンスポーツ・アクティビティを楽しむにあたって、予約は特に必要ありません。

自分は12月末の最も人が多いハイシーズンに行きましたが、順番待ちをする必要はありませんでした。

ジェットスキー

タワエンビーチでのジェットスキー

ジェットスキーではスタッフが後ろに乗り、自分自身で操縦してビーチの周りを30分ほど運転します。

かなりのスピードを出せる上に、上下に激しく揺れるのでスリル満点です。沖から見える美しい景色も見もの。

ジェットスキーは動きに癖があるので、最初の5分くらいはスピードを出すのに躊躇しますが、すぐに慣れます。友達と競争するのも楽しいです。

バナナボート

ラン島でのバナナボート

4人〜5人のグループで楽しめるマリンスポーツ。

見た目以上に転覆率が高く、転覆した時に大きく外に投げ出されますが、それが楽しいです。スリルもあります。

バナナボートを引っ張るスタッフは、徐々にスピードを出していき、お約束のように沖で転覆させてきます。

グループでラン島に行く人は是非挑戦してみましょう。皆んなでワイワイはしゃげます。

パラセーリング

エメラルドグリーンに輝く海の上をズンズンと進む爽快なマリンスポーツ。

たこのように徐々に上がっていき、最終的には20m〜25mくらいの高さまで上がります。海と空の壮大なパノラマ景色が最高です。

また、高度が上がる際に受ける風も気持ち良いです。

パラシュートを引っ張るスタッフが、途中でモーターボートのスピードを下げて海に落ちてしまうのもお約束。

フライト時間は10分〜15分程度と短いですが、まるで鳥になったかのような爽快な気分を味わえます。

シーウォーク

ラン島のシーウォーク

水中専用のヘルメットを被って海底を散歩します。水質が綺麗なラン島だから楽しめるマリンスポーツ。

水中ヘルメットはメガネをかけたままでも装着できますし、化粧崩れしません。

海底の無重力を楽しみながら、色鮮やかな魚達と一緒に写真を撮影できます。日本だと6,000円〜7,000円はするマリンスポーツなので、是非ラン島で体験しましょう。

パラグライダー

ラン島のパラグライダー1

大きな僧侶の像が目立つラン島のビューポイント(場所の詳細は後述)から、ビーチ方面に向けてパラグライダーを楽しめます。

パラグライダーは、上昇したり高度を維持するのが難しそうですが、操縦は全てインストラクターが行うので心配ないです。

手軽に飛べる上に、ラン島の綺麗なビーチや自然の景色を高所から楽しめます。

ラン島でのパラグライダー2

高所から見えるラン島の景色は圧巻です。

ラン島にあるビーチの種類とビューポイントの場所

ラン島には全部で7つのビーチが存在します。

いずれのビーチも水質は綺麗なので、海水浴をする分には問題ありません。

しかし、ビーチによって規模が異なり、中にはマリンスポーツを行っていないビーチもあるので、各ビーチの特徴を捉えておくと良いです。

ラン島のMAPと各ビーチの位置関係

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • 黄色のラインは各ビーチの場所です。
  • 茶色の礼拝所マークはビューポイントです。
  • 赤紫色のベッドマークはおすすめのホテルです。
  • 青色のフェリーマークはパタヤ⇔ラン島間を行き来するフェリー乗り場です。

ラン島が初めての人であれば、最もおすすめなのはタワエンビーチ(Tawaen Beach)です

タワエンビーチはラン島の中で最も規模が大きいビーチであるため、マリンスポーツや出店の数が豊富です。

加えて、パタヤ⇔ラン島間を繋ぐフェリー乗り場が隣にあるため、アクセス利便性も良いです。ラン島が初めての人でも手軽に海水浴やマリンスポーツを楽しめます。

タワエンビーチ(Tawaen Beach)

タワエンビーチ

ラン島内で最も規模が大きく、観光客数・出店数の数も豊富なビーチ。

ビーチチェアーの数やシャワールームの数も多いため、ラン島が初めての人なら、まずはタワエンビーチで遊ぶのがおすすめです。

時期によっては中国人観光客が多くてうるさいという声も聞きますが、日本の混んでいるビーチよりは断然マシなので神経質になる必要はないでしょう。

タワエンビーチの露天

タワエンビーチのビーチチェアー

人が多くて賑やかなのでビーチリゾートらしい明るい雰囲気が出ています。

レストランの数も多く、買ったビールをビーチチェアーでゆったり飲んで過ごすも良しです。

サマエビーチ(Samae Beach)

サマエビーチ

ラン島で2番目に大きなビーチ。広くて飲食店の数が豊富。

寂しくない程度に海水浴客の数も多い。その割には静かなので、のんびりと過ごしたい人向け。

日光浴を楽しんでいる海水浴客が多かったです。

サマエビーチ 展望台からの風景

ビーチの端にはちょっとした展望台があり、サマエビーチを一望できます。

ティエンビーチ(Tien Beach)

ティエンビーチ

ラン島で3番目に大きなビーチ。

ティエンビーチの特徴は、ビーチの至る所から生えているマングローブの木。

海水浴客は木の下の日陰で思い思いにリラックスした時間を過ごせます。

ティエンビーチに生えているマングローブ

ビーチチェアを使うのではなく、マングローブの木の下にゴザを敷いてのんびりして過ごしている人が多かったです。

ヌアンビーチ(Nual Beach)

ヌアンビーチ1

自分が行った時はタワエンビーチの次に日本人の姿が多くて、マリンスポーツも盛んで賑やかだったビーチ。

ビーチチェアーの数が多いので、家族連れや複数人でのんびりと過ごしたい人達向けです。

ヌアンビーチのビーチチェア

ビーチの規模は上記ティエンビーチと同じくらい。人が多くて賑わっているので楽しい雰囲気です。

トンランビーチ(Tong lang Beach)

トンランビーチ1

人が少なくて規模も小さい寂れたビーチ。なぜか飲食店の数は多いです。

マリンスポーツ各種をできるようですが、やっている観光客は一人もいないため、本当にできるかは不明です。マリンスポーツ目当ての人は行かない方が良いでしょう。

また、ビーチチェアの数が少ないため、あまりゆったりできません。

ラン島の中ではおすすめできないビーチです。

タヤイビーチ(Ta Yai Beach)

タヤイビーチ1

プライベートビーチを少し大きくしたくらいの小規模なビーチ。

ビーチにはバーレストランが1件あるだけです。一応マリンスポーツ可能とのことですが、実際にやっている人はいないため、マリンスポーツ目当ての人にはおすすめできません。

ただ、静けさがあるせいかビーチ全体に上品な雰囲気は出ています。

タヤイビーチのレストランバー1

タヤイビーチのレストランバー2

穏やかな空気の中のんびりするには良いビーチです。

サンワンビーチ(Sang Wan Beach)

サンワンビーチ1

タワエンビーチの真横に位置するビーチ。

小規模なビーチですが、タワエンビーチの横にあるだけに海水浴客や飲食店、ビーチチェアの数は多く、マリンスポーツも盛んです。

サンワンビーチ2

ただ、ここに来るならタワエンビーチで楽しむ方が良いでしょう。タワエンビーチの方が規模が大きいため、利便性が高いです。

ビューポイント(Buddha’s Footprint)

上から見たタワエンビーチ

タワエンビーチ近くの山頂にあるポイント。タワエンビーチを見渡せます。

このビューポイントからは、上述したパラグライダーを楽しむことが可能です。

ビューポイントのブッダ

大きな僧侶の像が目印。景色が素晴らしいので、パラグライダーをやるやらないに関わらず訪れる価値ありの場所です。

ラン島での貴重品管理・シャワーの利用について

貴重品管理

ラン島のセーフティボックス

ラン島で貴重品を管理するには

  • 誰か一人が見張り役になる
  • 防水ケースに入れて肌身離さず持っておく
  • セーフティボックスに預けておく

の3つの方法があります。

一番安全なのは『誰か一人が見張り役になる』ことでしょう。他の観光客を見ていても、グループの一人が見張り役になって管理している人達が一番多かったです。

次に『防水ケースに入れて肌身離さず持つ』方法。

日本の海水浴場やプールでも、貴重品を防水ケースに入れて持ち歩いている人をよく見かけます。

ただ、ジェットスキーなどの激しい動きをするマリンスポーツを楽しむ場合には要注意。

防水ケースごと失くしてしまわないよう、しっかり体に固定できるウエストバッグタイプのものを使うと良いでしょう。

どちらの貴重品管理方法もできないという方は、『ビーチ沿いのホテルやレストランに備えてある有料のセーフティボックスを借りる』方法もあります。

セーフティボックスのレンタル代は1日200バーツです。

ただし、セーフティボックスがあるのを確認できたのはタワエンビーチとサマエビーチのみでした。

その他のビーチにセーフティボックスはありませんでした。

また、セーフティボックスを借りたとしても、絶対に盗難が発生しないわけではありません。マスターキーを持っているスタッフが盗みを働く可能性も0とは言えません。

そのため、個人的にはセーフティボックスに頼らない方が良いと思っています。日本のコインロッカーと同じ感覚で使わない方がいいです。

いずれにせよ、万が一のことを考えて、ラン島には必要最低限のお金(2,000バーツもあれば十分)とスマホやカメラ、タオル、サンダルくらいしか持っていかない方が良いでしょう。

クレジットカードなどの貴重品はホテルのセーフティボックスに置いておく方が良いです。

シャワー利用

ラン島のシャワールーム

シャワーは全てのビーチに備えられています(有料。1回50バーツ程度)。

ちなみに、シャワーが備えられているのはビーチ沿いのレストランやホテルに多く、同時にバスタオルのレンタルもあります(1枚50バーツ)。

タワエンビーチやサマエビーチなどの大きなビーチでは、ビーチ沿いの店でタオルを購入することも可能です。

ラン島内での移動方法

ラン島のソンテウ

ラン島内での移動方法には、以下3つの方法があります。

  • ソンテウ
  • モーターサイ(バイクタクシー)
  • レンタルバイク

ソンテウとモーターサイに関しては、タヤイビーチとトンランビーチ、ビューポイントを除く各場所に待機所があります。

ナーバーン埠頭から各ビーチへの料金表

(ナーバーン埠頭から各ビーチへのソンテウ・バイクタクシー料金表)

タヤイ、トンラン、ビューポイントの3ヶ所以外なら、各ビーチ間の移動はソンテウかモーターサイで可能。各ビーチからビーチへの移動料金は40バーツ〜50バーツ程度です。

タヤイビーチやトンランビーチ、ビューポイントへ行く予定の人は、レンタルバイク(1日300バーツ程度)を利用すると良いです。

レンタルバイクショップはナーバーン埠頭近辺に点在しています。

バイクをレンタルする際に国際免許の提示は求められません。ただし、パスポートを預ける必要があります。

ラン島のレンタルバイクショップ

(ナーバーン埠頭周辺にはレンタルバイクショップがたくさんある)

ラン島への行き方

ラン島行きフェリー

(ラン島行きフェリーの様子)

ラン島への行き方は至ってシンプル。

パタヤ・ウォーキングストリートの南に位置するバリハイ桟橋より、ラン島行きのフェリーに乗るだけです(片道30バーツ)。

所要時間は片道40分程度です。

バリハイ桟橋

(バリハイ桟橋)

注意しておきたいのは、ラン島行きフェリーの出航には時刻表が定まっていて、乗る時間によってラン島の到着場所が異なるという点です。

ラン島行きのフェリーは、乗る時間によってラン島の『ナーバーン埠頭』か『タワエン埠頭』のどちらかに到着します。

ラン島のMAP

どちらに到着しても、各場所への移動にはソンテウやバイクタクシーを使えます。

ただ、タワエンビーチで遊ぶ予定の人なら、最初からタワエン埠頭行きのフェリーに乗る方が効率的です。

バイクをレンタルしたい人ならナーバーン埠頭行きのフェリーに乗る方が良いでしょう。

どの時間のフェリーがどちらの場所に到着するかは、以下のバリハイ桟橋発フェリーの時刻表を参考にどうぞ。

フェリー出航時間ラン島到着場所
07:00ナーバーン埠頭
08:00タワエン埠頭
09:00タワエン埠頭 
10:00ナーバーン埠頭
11:00タワエン埠頭
12:00ナーバーン埠頭
13:00タワエン埠頭
14:00ナーバーン埠頭
15:30ナーバーン埠頭
17:00ナーバーン埠頭
18:30ナーバーン埠頭

また、各埠頭からバリハイ桟橋行きのフェリー時刻表については、以下の通りです。

ナーバーン埠頭発タワエン埠頭発
06:30
07:30
09:30
12:00
13:00
14:0014:00
15:0015:00
16:0016:00
17:0017:00
18:00

その他、バリハイ桟橋への行き方なども含めて、ラン島へのアクセス方法については以下の記事にて詳しくまとめているので、あわせて参考にして頂ければと思います。

ラン島行きフェリーの様子1
ラン島への行き方。フェリーの時刻表・到着場所についても詳しく解説。

バンコクからの日帰り観光にはツアーを利用する手もある

バンコクから日帰りでラン島を観光する人も多いです。

ただ、バンコクからラン島へ日帰りで行くには、パタヤ行きバスターミナル→パタヤのバスターミナル→バリハイ桟橋→ラン島というように、乗り換えが多くて行き帰りだけで疲れます。

そのため、バンコクから日帰りでラン島を観光する際には送迎付きのツアーを利用すると便利です。

>>>バンコク発ラン島日帰りツアー【日本語ガイド + ホテル送迎 +シーフード昼食付き】

ツアーであれば、バンコクの宿泊ホテルに送迎車が来て、乗り換えることなく一本でラン島行きフェリー乗り場まで向かってくれます。

何より日本語ガイドが付いているので、海外旅行に慣れていない人にとっては安心できるでしょう。

ラン島のおすすめホテル

Lareena Resort By the sea Koh Larnのベッド1

ラン島に宿泊するのであれば、ホテルはナーバーン埠頭周辺がおすすめです。

なぜなら、ナーバーン埠頭周辺はラン島で最も栄えているエリアであり、島唯一のコンビニやスーパーがあり利便性が高いからです。

上述したようにレンタルバイクショップがあるのもナーバーン埠頭周辺です。

他のエリアには夜遊べる場所はありませんが、ナーバーン埠頭周辺なら少しですがバーもあります。

ナーバーン埠頭周辺のバー

(数は少ないがナーバーン埠頭周辺にはミュージックバーもある)

以下では、ナーバーン埠頭周辺のホテルの中でも、リーズナブルで雰囲気の良いおすすめホテルを紹介しています。

ラレーナ リゾート バイ ザ シー コ ラン(Lareena Resort By The Sea Koh Larn)

Lareena Resort By The Sea Koh Larnの入り口

ラレーナ リゾート バイ ザ シー コ ランは、ナーバーン埠頭から徒歩わずか3分の場所に位置するホテルです。

ホテルの30m先にはセブンイレブンもあるため利便性が高いです。

 

Lareena Resort By The Sea Koh Larnの客室2

Lareena Resort By The Sea Koh Larnのソファー

写真の客室タイプはスイート ダブルベッド(Suite Double Bed)。広さは55㎡です。

宿泊料金はシーズンにもよりますが、1泊8,000円〜9,000円程度。

このホテルの素晴らしかった所は、全ての窓から海が見えるという点。海の上にあるホテルなので当たり前ですが、とにかく清々しいです。

また、シーツやクッションなどの一つ一つが可愛い配色で、全体的に和やかな気分にさせてくれます。

離島らしいほのぼのした空気のホテルです。

 

Lareena Resort By The Sea Koh Larnのシャワールーム1

シャワールーム

 

Lareena Resort By The Sea Koh Larnのバルコニー2

Lareena Resort By The Sea Koh Larnのバルコニー1

バルコニーから見える青々とした海景色も爽快。

ちなみに、ホテルフロントで竿をレンタル(餌付で200バーツ)してバルコニーで釣りを楽しめます。

ただし、水温が低い日や干潮の時は釣れないとのこと。チェックイン時にホテルスタッフが釣れるか釣れないかを教えてくれます。

ラレーナ リゾート バイ ザ シー コ ラン(Lareena Resort By The Sea Koh Larn)のハンモック

Lareena Resort By The Sea Koh Larnのバー

(ホテル内にはハンモックやバーカウンターもあって雰囲気が良い)

リゾートホテルのような華やかでピカピカした雰囲気こそないものの、ロケーションが良くて和やかな空間がこのホテルの魅力と言えるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ラレーナ リゾート バイ ザ シー コ ラン(Lareena Resort By The Sea Koh Larn)

その他、タワエンビーチにあるホテルも含め、以下記事にてラン島のおすすめホテルを全てまとめています。あわせて参考にして頂ければと思います。

上から見たタワエンビーチ
ラン島のおすすめホテル。海が目の前で便利な立地の3軒を紹介。

パタヤ観光にはラン島がおすすめ

ラン島の綺麗な海

パタヤはビーチリゾートであるため、当然ながら海のイメージが非常に強く、ビーチロードからも海が見えます。

しかし、冒頭でも述べたようにパタヤの水質は汚いため、せっかくビーチが目の前にあるのに海に入れないのがネックな点です。

ラン島にまで足を運べば、パタヤから見える海とは”同じ海”と思えないほど綺麗な水質の中で海水浴を楽しめます。

なので、せっかくパタヤに来るのであれば是非ラン島へ行ってみてはいかがでしょうか。

友達同士でも、カップルでも、家族連れでも、お気に入りのタイ人女性とでも、オールマイティに楽しめるのがラン島の魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です