パタヤの中級・手頃な価格で3つ星の宿泊先4軒を紹介。

パタヤの中級ホテル4軒

パタヤの中級ホテル

パタヤの中級ホテルの宿泊料金は、シーズンにもよりますが1泊3,000円〜5,000円程度が相場です。

これは、ウォーキングストリートやソイLKメトロ付近にあるホテル、またはビーチロード沿いにあるホテルなど、パタヤにおいて立地が良いとされている3つ星ホテルを基準にした場合です。

パタヤ 立地が良い場所

パタヤの中級ホテルの客室は、大抵30㎡〜40㎡程度の広さを持っています。1人〜2人滞在ならまずまずの広さと言えます。

プールや朝食会場といったホテル設備も充実しているので、高級ホテルのような非日常感やラグジュアリー感を必要としていない人であれば満足できるでしょう。

 

ただ、最近は中国からの団体客が頻繁にパタヤに訪れ、その殆どが3つ星の中級ホテルに宿泊しているため、ロビー等で中国人団体客に遭遇してしまう可能性が高いのがデメリットです。

パタヤで中級ホテルに泊まる人は、これを値段相応と考えて受け入れられる懐を持っておいたほうが良いです。

もちろん中国人団体客に出くわさない場合もありますし、実際に出くわしたところで取り立てて”不快だ”と言うほどのことではない、というのが個人的な感想ですが、パタヤで中級ホテルを探す人はこうした事実を念頭に置いておくべきでしょう。

コスパの良い中級ホテル4軒

この記事で紹介するおすすめの中級ホテルは、以下地図のアイコンA〜Dの場所にあります。

<地図の使い方>

  • 地図を大画面で見るには、右上の「」を押します
  • 地図を縮小・拡大するには、左下の+と−を押します
  • ウォーキングストリートは赤色のラインです
  • ソイLKメトロは黄色のL字ラインです
  • その他のアイコンやラインは、他のプレイスポットやショッピングモールです。

地図上A,B,Dのホテルは、ウォーキングストリートやソイLKメトロに徒歩でアクセスできる距離にあります。

Cのホテルは少し離れていますが、ホテルを出て目の前がビーチロードになっています。

ビーチロードには常にウォーキングストリート行きのソンテウ(乗り合いタクシー)が走っているのでアクセスは容易です。

 

ウォーキングストリート等の繁華街へのアクセス利便性を求める人ならA,B,Dのホテル(パタヤ旅行経験が少ない人はこちらがおすすめ)、ビーチロード沿いに滞在して静かに砂浜の散歩を楽しみたい人はCのホテルがおすすめです。

<地図上A>ダイナスティ イン パタヤ (Dynasty Inn Pattaya)

ダイナスティ イン パタヤ 外観

ダイナスティ イン パタヤは、今回紹介する中級ホテルの中で一番レビュー評価の高かったホテルです。

客室が最低限設備が整っていて、周辺にはプレミアム アウトレット アベニュー(地図上黄色の星)があります。

またホテルの目の前にマッサージ屋が連なっているという好立地な条件が高レビュー評価に繋がっているのだと思います。

加えて、ドアマンが常駐していてセキュリティーに安心感があるため、3,000円代で泊まれる中級ホテルの中ではとても良いホテルの部類に入ります。

 

ダイナスティパタヤ 客室1 ダイナスティパタヤ ベッド ダイナスティパタヤ 客室2

中級ホテルらしいあっさりした客室でした。写真からもわかるように清掃が行き届いて綺麗です。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

ダイナスティ イン パタヤ 客室1 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

客室は木目の壁と床にベッド照明の色が非常に合っていて、全体的に安心感がありました。

チェアーやテーブルといったくつろぎアイテムがあり、また夜は周りが静かなので部屋にいる時は落ち着けます。

 

ダイナスティパタヤ 収納

セーフティボックスは収納の中にあります。

 

ダイナスティパタヤ テレビと冷蔵庫

ベッドに寝転がるとテレビが丁度足元にきます。横になりながらテレビを見れる。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

ダイナスティ イン パタヤ バスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

こじんまりとしていますが、一人で使う分には問題ない広さのシャワールーム。

シャワーはトイレとの仕切りの奥に設置されています。

ダイナスティパタヤ シャワールーム

もちろんホットシャワーが出る。シャワーの勢いもそこそこ良いです。

 

ダイナスティパタヤ 通路

ホテル内の通路。客室のドアが厚いので、通路に騒がしい人がいても部屋に響きません。

 

ダイナスティ イン パタヤは、落ち着いた雰囲気の部屋が好きな人で、且つ立地条件の良さを求める人にとっては、パタヤの中級ホテルの中で上位に入るでしょう。

レビューを見る限り常宿にしている日本人が多いようで、多くの人が書いているのが「立地の良さ」と「客室の清潔感」でした。実際に泊まってみるとレビュー内容にも納得です。

シーズンにもよりますが、一泊の宿泊料金が3,000円〜3,500円程度というコスパの良さも注目すべき点かと思います。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ダイナスティ イン パタヤ (Dynasty Inn Pattaya)

<地図上B>ロイヤル ツインズ ホテル (Royal Twins Hotel)

ロイヤルツインズパレスホテル

ロイヤル ツインズ ホテルはウォーキングストリートからセカンドロードに入り、およそ700m進んだ右手にある中級ホテルです。

ウォーキングストリートへのアクセスは徒歩で約8分。ぶらぶら歩いてウォーキングストリートへ遊びに行くには程よい位置にあります。

ウォーキングストリートからロイヤルツインズホテル

ホテルの敷地に入ると真正面に系列ホテルであるロイヤル パレス ホテル(Royal Palace Hotel)が見えますが、ロイヤル ツインズ ホテルは敷地の左奥に建っています。

どちらも外観が似ているので間違って入らないように。

ロイヤルパレスホテル 外観

ロイヤル パレス ホテル。ロイヤルツインズホテルは左奥にある)

 

ロイヤルツインズホテルの部屋内

ベッド。今回は友人と宿泊したので2シングルベッドのスーペリアルーム。

シングルルームだとベッドがもう少し大きめになります。

ロイヤルツインズホテル シングルルームベッド

客室内は少し昭和の香りが漂うデザインですが、短期滞在であれば気にならないです。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

タイ、バンコクのロイヤルツインズホテル Thailand #pattaya #タイ #パタヤ #ロイヤルツインズ #ホテル #ホテル#RoyalTwins #Hotel #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

客室は縦長に広い設計。結構ゆったりとしたスペースがあるので荷物が多くても安心。作業机から手の届く場所にコンセントがあるのでパソコン作業しやすかった。

 

ロイヤルツインズホテルの冷蔵庫

中型の冷蔵庫も完備。2人で滞在してビール等を買い込んでもスペースがあまるくらいの大きさです。

 

ロイヤル ツインズ ホテルで一番良かったところは部屋からの眺めです。

朝は爽快なビーチ、夕方になると少し幻想的な街に早変わりします。

爽快なパタヤの朝。1日やる気が出ます。

部屋からの眺め。朝

夕方。吸い込まれそうなくらい幻想的な景色に変わる。

部屋からの眺め。夕方

バルコニーには喫煙用の椅子とテーブルがあるので、座ってゆっくりとこれらの景色を眺めていると、このホテルに泊まって良かったと思えます。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

タイ、バンコクのロイヤルツインズホテル 02 #Thailand #pattaya #タイ #パタヤ #ロイヤルツインズ #ホテル #RoyalTwins #Hotel #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

こちらはバスタブ付き。洗面台が広いので、友達同士で宿泊した時に、各自の道具をたくさんおけるのが良い。

 

ロイヤルツインズホテルのプール

ホテル内にはやや広めの綺麗なプールが設備されている。

 

ロイヤルツインズホテル エントランス ロイヤルツインズホテルの食堂

エントランス、朝食会場などの共用部は結構広めに作られているので、中国人団体客と出くわしてもそこまで気にならないかなといったところです。

 

客室のデザインこそ古いものの、バルコニーから見える景色、またプールや朝食会場、エントランスなどといった共用部の広さと清潔さを考えると、宿泊料金以上の良さを兼ね揃えてるホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ロイヤル ツインズ ホテル (Royal Twins Hotel)

<地図上C>トロピカーナ ホテル (Tropicana Hotel)

トロピカーナホテル 入り口

トロピカーナ ホテルはパタヤの中心街からやや北側、Soi 6という通りの付近にあるビーチロード沿いのホテルです。

ホテル内設備が今回紹介する中級ホテルの中で一番が広く、また敷地内には癒しを受けられる中庭もあるので、カップルや家族向けです。

繁華街から離れているだけに、繁華街独特の喧騒を感じないため、静かな環境のホテルを探している人にも向いているでしょう。

ウォーキングストリートに行きたい場合は、ホテルを出て目の前のビーチロードを走るソンテウに乗れば10分程度でアクセスできます。

トロピカーナホテル目の前のビーチロード

ホテル目の前のビーチロード。ホテルを出たらすぐにリゾート気分になる。

 

トロピカーナホテル 客室1 トロピカーナホテル ベッド トロピカーナホテル 客室2

広めのシングルルーム。清潔感があるので子連れの宿泊客でも快適に過ごせます。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

トロピカーナ ホテル 客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

上記2つのホテルと比べると、客室に古さを感じません。中級といえどホテル客室にある程度の質を求める人でも満足できるレベルかと思います。

 

トロピカーナホテル 冷蔵庫 トロピカーナホテル 収納

冷蔵庫と収納。収納が大きめなので家族連れやカップルといった荷物の多い宿泊客でも問題ない。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

トロピカーナ ホテル バスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

こちらもバスタブ付き。アメニティも完備されていて、洗面台が広く作られているので、ロイヤル ツインズホテル同様、複数宿泊客でも使いやすいです。

 

トロピカーナホテル バルコニーからの景色 トロピカーナホテル プール トロピカーナホテル エントランス

ホテル内のプールとエントランス。ホテルの敷地面積が大きいのでこうした共用部も広めに作られています。

共用部が広いと、くつろいでいる時に他の宿泊客の存在をあまり感じないので心理的に落ち着けます。

プールがある場所の遊歩道も広いので散歩すると気持ち良いです。

 

家族連れ、カップル客で繁華街の喧騒を感じない環境の中級ホテルを探している人におすすめです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>トロピカーナ ホテル (Tropicana Hotel)

<地図上D>パタヤ センター ホテル (Pattaya Centre Hotel)

パタヤセンターホテル 外観

4軒目はウォーキングストリート寄りのビーチロード沿いにあるパタヤ センター ホテル。

このホテルもウォーキングストリートに徒歩で行ける立地にあります。高層階の客室になるとパタヤビーチを一望できるので、立地が良くて客室から良い景色が見える中級ホテルに泊まりたい人におすすめです。

パタヤセンターホテル 客室から見える景色

客室から見えるパタヤビーチ。ホテルから見ると青々として綺麗。

 

パタヤセンターホテル 客室1 パタヤセンターホテル 客室2

新しい作りではないが、概ね満足できるスタンダートな客室。上写真1枚目の窓からパタヤビーチを一望できた。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

パタヤセンターホテル 客室1 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

一人滞在には十分な広さでした。窓際のチェアーとテーブルがあるので、チェアーに腰掛けて、くつろぎながらタイ人女性と一緒にパタヤビーチの景色を眺めると最高です。

 

パタヤセンターホテル 収納 パタヤセンターホテル 作業机

収納と化粧台。化粧台の椅子には背もたれはないですが、鏡の横にコンセントがあるので短時間のパソコン作業なら可能でした。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

パタヤセンターホテル バスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

このホテルのバスタブは上記で紹介した3つのホテルより大きめでした。

足を伸ばしてゆっくりと浸かれる大きさなので嬉しい。

パタヤセンターホテル アメニティ

アメニティはシャンプー、石鹸、ボディソープのみなので、宿泊の際は歯ブラシを持参しておこう。

 

ウォーキングストリートに続く道

ホテルを出て目の前にはビーチロードが広がっています。このビーチロードを5分ほど直進するとウォーキングストリートに到着します。

この辺りは両替所やファーストフード店、マッサージ屋が多いので利便性は高いです。

繁華街独特の明るい雰囲気が漂っているエリアなので、初めてパタヤに滞在する人はこの雰囲気にカルチャーショックを受けることでしょう。

ウォーキングストリートの入り口

ウォーキングストリートの入り口。ホテルから徒歩5分で到着。

 

客室の景色を楽しめて、且つウォーキングストリートへ頻繁に遊びに行きたい人におすすめできる中級ホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>パタヤ センター ホテル (Pattaya Centre Hotel)

中級ホテルは総じてコスパが良い

自分はタイに限らず海外旅行をする時は、よく本記事で紹介したような中級ホテルに宿泊します。

もちろん、予算があれば高級ホテルにも宿泊したいのですが、多くの人同様にホテルに予算をかけるよりも遊び代やご飯代にお金を使いたいと思っているからです。

ただ、いくら宿泊費を節約したくても安宿はちょっと…と思う時があります。バックパッカーのような節約旅行中ならまだしも、普通の旅行中はもう少し宿泊費を出せるので。

こうした時に役に立つのが中級ホテルです。中級ホテルは高級ホテルのような非日常感こそないものの、上記で紹介した4つのホテルのように概ね満足できる設備が整っています。加えて、高級ホテルより大幅に宿泊費が安いのが魅力です。

そのため、立地の良いホテルを選べば非常にコスパが良いと感じることができます。

 

もしホテルに不満を覚えたとしても「値段相応」と考えることができるのも中級ホテルの魅力です。

これが高級ホテルで不満を覚えたら「せっかく高いお金を出したのに」と思いかねません。

そのため、中級ホテルは写真を見てある程度気に入ったら気軽に宿泊予約できます。これにより、旅行の計画もスムーズに立てられるでしょう。

 

パタヤには本記事で紹介したホテル以外にも、多くの中級ホテルが点在しています。

もし、本記事で紹介した以外のホテルも探してみたいという方は以下よりパタヤのホテル一覧を確認できるので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>>パタヤのホテル一覧

上のリンクページより、検索条件にてスターレートを3にして探すと全ての中級ホテルを見ることができます。

【関連記事】

パタヤ全エリアのおすすめホテルまとめ。ホテル探しの参考になるかと思います。

パタヤのおすすめホテルまとめ。20回以上パタヤへ行った自分が厳選してみた。
(パタヤビーチ)パタヤは決して大きな街ではありません。しかし、アジアでは有数のビーチリゾートです。この小さい街の中には、旅行者を楽しませる様々な娯楽が詰まっています。 パタヤには年間で900万人近い旅行者が訪れ、35,000室以上のホテル部屋数があるといいます。...

 

セントラルフェスティバル近くにあるコスパの良い中級ホテル。宿泊レビュー。

セントラル フェスティバル パタヤ ビーチ近くのおすすめ格安ホテル。バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)。
バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の外観。バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)は、パタヤの中心街を走るセントラル パタヤ ロード近くの安ホテルです。ホテルはセンタンの真横に位置します。センタンとは、パタヤ随一...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。
パタヤセンターホテル 客室から見える景色

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です