メークロン号という日本の戦艦を見学できるタイ海軍施設「プラジュンジョムクラオ要塞」

正面から見たメークロン号

(メークロン号の正面)

タイ国内には、戦時中における日本との関係性を深く理解できる観光地やマスメディアがいくつか存在しています。

例えば、カンチャナブリーという都市では戦場にかける橋(泰緬鉄道)という、日本軍がタイ進駐期間にタイからビルマへの物資輸送を目的として敷設した鉄道があります。

また、映画「クーカム」は日本駐留時のタイを舞台とした、日本軍兵士「コボリ(小堀)」とタイ人女性の恋愛を描いているタイの大人気映画です。

(映画「クーカム」予告編)

日本の戦争史では、西洋史や中国史がクローズアップされることが多いため、こういった日本が東南アジア諸国への影響を与えた歴史を読み取れる観光地やメディアは非常に興味深いです。

日本の戦争史に対して新たな視点を持つきっかけになったり、深い感銘を受けることもあるでしょう。

 

今回の記事で紹介する「メークロン号」は、日本がタイから発注を受けて戦前に供与した軍艦です。

メークロン号は、バンコクから南に約30km離れたサムットプラカーン県内の「プラジュンジョムクラオ要塞」という海軍施設内にて見学することができます。

一般に無料公開されており、外観だけではなく船内も自由に見学したり、設備に触れることもできます。

メークロン号の操舵室

操舵そうだ室。ハンドルを回したり操作盤に触ってもいい)

メークロン号がある「プラジュンジョムクラオ要塞」は、アクセス方法が少々難儀ではありますが(バンコク中心部から片道1時間くらい)、日本人なら行ってみる価値が十分にあります。

今回の記事では、メークロン号の様子バンコクからプラジュンジョムクラオ要塞への行き方を記載しているので、興味があれば是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

個人的には、もしアクセス方法さえ簡単だったら、バンコク観光地において上位に入る人気スポットになっていたと思うほどインパクトを受けました。

メークロン号があるプラジュンジョムクラオ要塞(Phra Chulachomklao Fort)

ラーマ5世の記念碑

(要塞の敷地内にあるラーマ5世の記念碑)

プラジュンジョムクラオ要塞(英語:Phra Chulachomklao Fort/タイ語:ป้อมพระจุลจอมเกล้า)は、バンコクから約30km南に位置するサムットプラカーン県に位置する海軍施設であり一般公開されている公園でもあります。

要塞の建設は、ラーマ5世が在位中の1884年に開始され1893年に完成しました。

プラジュンジョムクラオ要塞が建設された理由は、当時こぞって東南アジア諸国を植民地化していたイギリスやフランスの侵略を阻止するためです。

アームストロング砲

(要塞内には敵国の侵入を防ぐために使用されていたアームストロング砲が展示されてある)

ただ、当時のタイ海軍にはそれほどの防衛力がなかったため、フランスに領土(現在のカンボジア内の都市「シェムリアップ」「シソポン」「バッタンバン」やラオス。当時はタイの領土だった)を奪われました。

しかし、結果として中心部を守ることには成功して、現在のタイ領土範囲を確定しました。

当時、タイ国の王として即位していたのはラーマ5世であり、現在までタイが植民地化されることなく領土を守れた背景には、ラーマ5世がこうした要塞建設などの軍事改革に力を入れたおかげと言われています。

※参考 >>>チャクリー改革

そのため、要塞の敷地内に建てられているラーマ5世の記念碑には、数多くのタイ人が参拝に訪れています。

ラーマ5世の記念碑2

メークロン号

メークロン号の外観

メークロン号は、タイが湾岸の警備用として1937年に横須賀市浦賀地区の浦賀造船所(2003年閉鎖)に発注した軍艦です。

全長85m、幅10m、収容人数52人の巨大軍艦であり、1937年に建造されて以来、第二次世界大戦中も使用され1996年まで現役で使用されました。

メークロン号は一般公開されているため、自由に船内を見学できます。また、設備などに触ることもできるため、当時の日本の最先端技術を文字通り肌で感じることがきます。

遠目から見えるメークロン号

(要塞の敷地内に入ると、遠目からでも存在をすぐに確認できるくらい目立っている)

 

メークロン号の入り口

メークロン号への乗り口。

 

メークロン号の船内1

メークロン号の船内2

船内の階段は急な作りになっています。

内部構造は想像していたよりも広々していて、会議室や休憩室、トイレやキッチンなども外見から想像したよりしっかり造られていました。

メークロン号のトイレ

(トイレ)

メークロン号の船内2

(部屋数も多い。さすが収容人数52人の戦艦である)

 

メークロン号の前甲板

前甲板に配置されている主砲。近くで見ると凄い迫力。

 

メークロン号の武器1

メークロン号の武器2

後甲板に配置されている主砲。現地の子供達が座って打つ真似をして遊んでいました。

 

メークロン号の羅針盤

メークロン号の操舵室

(上写真)船体上部の羅針盤と(下写真)操舵室の舵。船体の中で最も格好良さを感じる場所です。

思わず舵を握って船を操縦している所を想像してしまいます。

 

メークロン号のお土産屋

船体内には売店もあります。海軍にちなんだキーホルダーや、何故か全く関係ないキャラクターのキーホルダーなども売られていました。

 

メークロン号の内部は思ったよりも部屋数が多く、くまなく見学して30分くらいは船体にいました。

結構子供連れで見学に来ている人も多く、子供は子供で船体内で鬼ごっこをしたり主砲を打つ真似をしたりして楽しそうだったので家族連れで見学に来ても良いかと思います。

こういった戦艦の内部をじっくり見学したり設備に触れられる場所は普通は存在しないですし、やはり日本で造られたということだけあって感銘を覚えました。

また、戦時中はこんな戦艦が戦争に使われていたと思うと、同時に戦争の恐ろしさも感じます。

こういった戦艦が実際に使用されることのない世の中を目指したい限りです。

海軍が経営するシーフードレストランもある

シーフードレストラン

メークロン号の横には海軍が経営しているシーフードレストランがあります。

メニューはタイ語のみですが、写真付きなので指差し注文で問題ないです。

このレストランは店員が海軍にちなんでセーラー服を着ていたりと、中々雰囲気が出ています。

観光後にお腹が減ったら是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

海軍レストランの写真付きメニュー

バンコクからメークロン号があるプラジュンジョムクラオ要塞への行き方 ・帰り方

行き方

バンコクからメークロン号があるプラジュンジョムクラオ要塞へ行くには、以下2つの方法があります。

  • BTS・バス・ソンテウを乗り継いでアクセスする
  • タクシーでアクセスする

手っ取り早いのはタクシーでのアクセスです。

バンコク市内からプラジュンジョムクラオ要塞までの距離は約30kmで、所要時間は1時間ほどです。

タクシーの料金は200バーツ〜250バーツ程度なので、バックパッカーなどの節約旅行者でないならタクシーでアクセスするのが無難かと思います。

タクシーを利用する際、運転手に「プラジュンジョムクラオ」と言っても通じない場合が多いので、タイ語表記「ป้อมพระจุลจอมเกล้า」を見せる方が早いです。

ちなみに、プラジュンジョムクラオ要塞にはタクシーが通らないので、帰りのためにタクシードライバーに観光が終わるまで駐車場で待っててもらうよう交渉した方が良いです。

チャーターするイメージですね。

チャーターしても往復500バーツ程度なので、大した金額ではありません。

BTS・バス・ソンテウを乗り継いでアクセスする

タイに慣れている人や、バックパッカーなどの節約旅行者はBTSとバスとソンテウを乗り継いでアクセスする方法をおすすめします。

アクセス方法の順序は以下の通りです。

  1. BTS ウォンウィエン・ヤイ(Wongwian Yai)へ行く
  2. BTS 近くのバス乗り場から20番のエアコンバスに乗る
  3. 20番エアコンバス終点のプラサムット チェディー(Phra Samut Chedi)でソンテウに乗る

まず、BTS ウォンウィエン・ヤイ(Wongwian Yai)の2番出口方向を目指します。

ウォンウィエン・ヤイ(Wongwian Yai)の2番出口

2番出口方向へ行くと「Taksin Intersection」という通路が見えるので、ここを直進します。

TAKSIN INTERSECTION

Taksin intersectionを300mほど直進して、左手に見える「To Dao Khanong」と書かれた降り口を降ります。

To Dao Khanong

駅を降りて目の前に見える「Somdet Phra Chao Taksin Rd」という大通りを左折します。

左折して170mほど直進すると、陸橋のふもとにバス停があります。

20番バスが停まるバス停

バス停。陸橋の目の前にある。

20番バスが停まるバス停

バス停に20番のバスが到着したら乗り込みます。ここで注意しておきたいのは必ずエアコンバスに乗ることです。

このバス停からはエアコン無しの20番バスにも乗れますが、エアコン無しの20番バスはルートが違うのか目的地まで行きませんでした。

20番バス エアコン有無

(上はエアコン無しの20番バス。下がエアコン付きの20番バス)

エアコン付きの20番バスが到着したら、終点のプラサムット チェディー(Phra Samut Chedi)まで行きます。バスの料金は19バーツです(2017年8月現在)。

 

終点のプラサムット・チェディーまでの所要時間は40分程度です。

プラサムットチェディー

(プラサムット・チェディー)

プラサムット・チェディーに到着したら、チェディー敷地外のセブンイレブン近くにあるソンテウ乗り場にてプラジュンジョムクラオ行きのソンテウに乗ります。

ソンテウ乗り場MAP

ソンテウ乗り場。青ボディが目印。

ソンテウ乗り場

ソンテウ乗り場にはプラジュンジョムクラオ行き以外のソンテウも停留しているので、運転手にタイ語表記「ป้อมพระจุลจอมเกล้า」を見せてプラジュンジョムクラオに行くかを確認してから乗りましょう。

ソンテウの料金は8バーツです(2017年8月現在)。

プラジュンジョムクラオのソンテウ所要時間は10分程度です。

プラジュンジョムクラオ要塞の入り口

(プラジュンジョムクラオ要塞の入り口。海軍施設なので入り口に軍人がいる)

帰り方

プラジュンジョムクラオ要塞からBTS ウォンウィエンヤイに帰るには、行きの方法とは真逆です。

まず、プラジュンジョムクラオ要塞にて、プラサムット・チェディー行きのソンテウに乗ります。

プラサムット・チェディー行きのソンテウは、降りた場所と同じ場所に来ます。時刻表があるのかは不明ですが、自分が帰った時は12時→13時→14時と1時間おきに周回していると言っていました。

プラサムット行きのソンテウ

(プラサムットチェディー行きのソンテウ)

ソンテウの料金は行きと同じく8バーツです。

プラサムット・チェディーに到着したら、行きのソンテウ乗り場付近にてバスが停留しています。

帰りも20番のエアコンバスに乗りましょう。BTS ウォンウィエンヤイに行きます。

停留中の20番エアコンバス

(ソンテウ乗り場の先で停留している20番エアコン付きバス)

プラジュンジョムクラオ要塞の開放時間

  • 開放時間/毎日07:00〜18:00まで
  • 入場料/無料

バンコクから行けるマイナー観光地

メークロン号の外観3

今回紹介したメークロン号はマイナーな観光地ですが、日本との関わりがある戦艦を見られるので、個人的にバンコクリピーターにはおすすめです。

マイナーながらもインパクトがあります。

タイには所々で本記事で紹介したような日本との関わりや歴史を垣間見れる場面があります。

タイ人の親日度。日本人旅行者の僕が感じた好感の眼差し。』に記載したように、親日的なタイ人が多い理由は、決して悪いことばかりではない友好関係を昔から築いてきたからなのかもしれません。

こういった観光地はタイのことをもっと好きになれるし、日本のことをもっと誇りに思えるようになります。

是非、日本とタイの歴史に興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

バンコクのメジャーなおすすめ観光地まとめ。

バンコクの観光地をおすすめ順に全て紹介していくよ【全25ヶ所】
www.flickr.comバンコクは東京から南西に約4,600km離れているタイの首都です。年間を通して日本の夏なみに気温が高く、季節は雨季、乾季、暑季の三季が存在します。バンコクが旅行先として人気な理由には、日本...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です