東南アジアでのバックパッカー。おすすめのルートと持ち物の準備で知っておくべきこと。

ベトナムのホアイン

(ベトナムのホイアン)

東南アジアは、バックパッカーを初めて経験する人にとっておすすめの地域です。

なぜなら、比較的少ない予算で周ることができますし、2週間〜3週間程度の期間があれば、定番の観光スポットへはあらかた足を運べるからです。

もちろん、治安は日本より決して良くありません。しかし、最低限の危機管理さえ行っていれば、女の子一人でも旅できるのです。

そして、旅をしやすい理由には親日な国が多いことも挙げられます。

 

人生は長いと言っても、バックパッカーのようにまとまった期間を旅行にあてられる機会は限られています。

行けると思った時が行くべき時なので、そんな時は迷わず日本を出ましょう。

この記事では、これから東南アジアをバックパッカーする予定の人に向けて、周遊ルートモデル、旅の準備に必要なことを紹介しています。

東南アジアの構成

カオサンロード1

(タイのカオサンロード)

東南アジアに属する国は全部で11カ国あります。

<東南アジアに属する国>

  • フィリピン/首都:マニラ
  • カンボジア/首都:プノンペン
  • ベトナム/首都:ハノイ
  • ラオス/首都:ビエンチャン
  • タイ/首都:バンコク
  • シンガポール/首都:シンガポール
  • マレーシア/首都:クアラルンプール
  • ミャンマー/首都:ネピドー
  • 東ティモール/首都:ディリ
  • ブルネイ/首都:バンダルスリブガワン
  • インドネシア(厳密にはパプア州と西パプア州はオセアニアに属する)/首都:ジャカルタ

東南アジアは、全ての国が陸路で繋がっているわけではありません。

そして、入国時にビザ(VISA)が必要な国もあります。

そこで、まず東南アジアを「陸路で移動できる国々」「空路もしくは海路で移動する国々」「入国にVISAが必要な国」に分類します。

東南アジアMAP

陸路で移動できる地域の国々

  • タイ – ラオス – ミャンマー – ベトナム – カンボジア – マレーシア – シンガポール
  • インドネシアの一部(ボルネオ島南部) – マレーシアの一部(ボルネオ島北部) – ブルネイ

入国にVISAが必要な国

  • ミャンマー(事前に取得可能)
  • カンボジア(事前もしくは入国時に取得可能)
  • 東ティモール(入国時に取得可能)

空路や海路で移動する国々(島になっている国)

  • インドネシア
  • フィリピン
  • ブルネイ(但しマレーシアの一部からは陸路で行ける)
  • 東ティモール

おすすめのルート

東南アジアを大きく分けると、陸路で移動できる大陸部と、島々によって構成される島嶼(とうしょ)部になります。

上のMAPでいえば「タイ – ラオス – ミャンマー – ベトナム – カンボジア – マレーシア – シンガポール」間が大陸部で、その他の地域が島嶼部にあたります。

大陸部内はバスや電車だけで移動できます。飛行機を使うよりはるかに安く済みます。

また、大陸部内は一筆書きのように、都市から都市へ移動できるのでルートを作りやすいです。加えて、日本人にはあまり馴染みのない陸路国境越えも体験できます。

ルートにもよりますが、大陸部だけなら数週間〜1,2ヶ月で周れます。長期休み中の学生にも丁度良い期間です。

一方で、島嶼部は島々の移動となるので、常にボートや飛行機を使うことになります。

陸路よりルートが作りにくく、どうしても行ったり来たりになる部分が出てきます。そのため、島嶼部をルートに入れるのは、旅に多くの時間を費やせる人や旅慣れている人向けです

1ヶ月半で周れる「大陸部一周コース(バンコクからスタート)」

大陸部周遊コース

1ヶ月以上の期間を取れる人におすすめしたいのが、バンコクをスタート & ゴール地点とした「大陸部一周コース」です。

日本⇄バンコク間の往復航空券を事前に購入し、現地についてからは全て陸路で移動します。

周遊の順番は

  1. 【往路】日本→バンコクへ
  2. 【タイ】バンコク→チェンマイ→(ウドンタニ経由)→【ラオス】ヴィエンチャン
  3. 【ラオス】ヴィエンチャン→ルアンパバーン→【ベトナム】ハノイ
  4. 【ベトナム】ハノイ→ホイアン→ホーチミン→【カンボジア】プノンペン
  5. 【カンボジア】プノンペン→シェムリアップ→【タイ】バンコク
  6. 【復路】バンコク→日本へ

という流れです。各国の首都と第2の都市を押さえ、名だたる世界遺産も観光します。

周遊する都市は合計で10都市(最後のバンコクも入れて)。1都市につき3〜5日滞在する予定で行けば、1ヶ月半もあれば全てを周れます。

ただし、このルートで実際に旅をしてみると、移動に疲れる時が度々あります。

長距離間の都市と都市を移動する際には、移動だけで半日近くかかる場合もあるからです。(例えばバンコクからチェンマイへバスで行くと10時間以上はかかる)

そのため、理想を言えば臨機応変に中継地点をはさみたいです。

中継地点に一度滞在して、できるだけ長時間バスに乗らずに済むよう調整するのです。

例えば、チェンマイからヴィエンチャンへ行く際、チェンマイ→ウドンターニで1〜2泊する→ヴィエンチャンというように休憩を挟めます。

バンコクからチェンマイへ行く際も、中継としてスコータイに数日滞在したりします。

また、旅の途中で仕入れた情報によっては、ルート外の都市に行きたくなる場合もあります。こういった時、旅の期間が長ければ臨機応変にルートを変えられます。なので、もし2ヶ月も期間があれば相当自由に動けます。

 

1ヶ月も期間がない場合、例えば2週間程度の期間なら

バンコク(3日間)→シェムリアップ(4日間)→プノンペン(3日間)→シェムリアップ(2日間)→バンコク(2日間)

という風に、往復する形のルートを立てると良いでしょう。

大陸部一周コースの見所

大陸部一周コースでは、4ヶ国10都市、そして3つの文化遺産を観光します。

以下で、それぞれの都市の見所をざっくりと説明します。

バンコク
プラトゥーナム周辺

当サイトのメインテーマにもなっているタイの首都バンコク。

個人的にも世界的にもアジアNo.1の観光都市です。そして、世界中のバックパッカーの旅の始発点にもなっています。

ワット・ポーやワット・アルンといった定番の観光地から、東南アジア特有の雑多な雰囲気が出ているナイトマーケットなど、バンコクは何日滞在しても時間が足りないほど魅力溢れたエリアが凝縮されています。

また、タイ人以外にアラブ人や白人、黒人やインド人といった様々な人種が交差する様子は、日本では味わったことのないインパクトを心に残してくれます。

大陸部を周遊して再度バンコクに戻ってくると、旅に慣れたせいか、初めて降り立った時と違った雰囲気に感じるのも面白いです。

チェンマイ
ドイステープ

「北方のバラ」と呼ばれるほど、美しい寺院と街並みを持つチェンマイ。

バンコクに次ぐタイ第二の都市であり、他の地方都市に比べて規模が大きいです。

市街のいたる所には仏教寺院やお洒落なカフェ、雑貨屋などが点在し、さながら京都のような洗練された雰囲気を持っています。

郊外に行けばテレビでいつか見た首長族に会えたり、エレファントキャンプで象乗り体験が楽しめるもの魅力です。

「タイと言えばチェンマイ」と言うくらい、チェンマイに心を奪われたバックパッカーも少なくありません。

ヴィエンチャン
パトゥーサイ

メコン川でタイとの国境を隔てているラオスの首都ヴィエンチャン。

バックパッカーが初めてであれば、人生初の陸路国境越えを体験する国になります。

ヴィエンチャンは一国の首都でありながらも、日本の地方都市のような静けさと平穏さを持っています。

一方で、街の中心地にはフランスの植民地時代に建てられた凱旋門パトゥーサイ(上写真)が、洋式な雰囲気も醸し出している不思議な街です。

市内は半日もあれば歩いて周れるので、のんびりとすごしましょう。

ルアンパバーン
ルアンパバーンの街並み

市街地自体が文化遺産に登録されている都市ルアンパバーン。

ルアンパバーンは、山奥にて突如現れる集落なので「世界にはこんな場所があるのか」と感動を覚えます。

早朝に見られるルアンパバーンの名物「僧侶の托鉢」も必見の価値あり。

また、市内にはナイトマーケット、郊外には滝などがあり、見所は意外と多いです。

雰囲気はビエンチャン同様にのんびりとした都市です。

ハノイ
ハノイの街並み

ラオスとは打って変わって喧騒漂う街がベトナムのハノイ。

市内中を走りまわる多くのHONDA製バイクに圧倒されますが、これはもはやベトナムの文化。

ハノイはベトナム国内においての工業中心地としても認識されています。一方で、首都ということだけあってベトナムの文化を知れる観光スポットが多いです。

軍事歴史博物館などの、戦争の重みを再認識できる施設にも是非立ち寄りたい。

ホイアン
ホイアンのカップル

ベトナムを横断したバックパッカーが口を揃えて「一番のお気に入り」と言うのが、世界遺産文化都市ホイアンです。

ホイアンでは至るところに「ランタン」と呼ばれる提灯のような明かりが灯されています。ランタンが街の中心地にある川に反射すると、街全体が光り輝いて幻想的。

また、ホイアンはかつて「日本人街」があったため、日本人との関わりも深いです。

いたるところで発見できる日本人の痕跡は、どこか懐かしさを感じさせてくれます。

ホーチミン
ホーチミンの街並み

ベトナム経済の中心地であるホーチミン。

近年、次々と建てられる大型ビルや日本企業の進出に、ベトナムの勢いを感じられます。

町にはお洒落なファッションショップや、バーなども多々見られ賑やかです。また、見所となる観光地も多いです。

ホーチミンには日本語を勉強しているベトナム人が非常に多く、親日を感じられる場面を多々体験できます。

ベトナムを周るならに絶対に外せない場所です。

プノンペン
プノンペンの街並み

カンボジアの首都プノンペンは、街並みにフランス植民地時代の名残があり「東洋のパリ」とも呼ばれています。

欧米人バックパッカーに人気の都市なので、ゲストハウス街は夜でも賑やか。街並みも綺麗なので適当に散歩するだけでも楽しめます。

街の中心地にあるセントラルワールドでは、東南アジアらしいごちゃごちゃした雑多な雰囲気を味わえます。

トゥールスレン博物館という、ポルポト時代の虐殺を伝える建物も必見。

シェムリアップ
アンコールワット遺跡

東南アジア一有名な文化遺産アンコールワットが眠る都市シェムリアップ。

見るものを魅了してやまない壮大な遺跡を、人生で一度は目に焼き付けておきたい。

シェムリアップは観光客用に整備された街なので過ごしやすいです。コンパクトな街の中にレストランやバー、ゲストハウス街にスーパーなど全てが揃っています。

あまりの居心地の良さに、予定を変更してシェムリアップに長居するバックパッカーがいるほど。

とにかく見所溢れる遺跡群が点在しているので、写真を撮りまくりましょう。

旅の前に知っておきたい東南アジアのゲストハウス事情

客室12

ゲストハウスは日本ではあまり馴染みのない宿泊施設ですが、バックパッカーの多い東南アジアではポピュラーな存在です。

基本的には1人〜2人滞在用のシングルベッド、もしくはダブルベッドが置かれた部屋(場所によっては複数人用にベッド3つの部屋もある)で素泊まりします。

シャワーやエアコンは、部屋のグレードによって共用か無しかを選べます。

また、料金によっては朝食付きがあったり、サービス内容はゲストハウスによって様々です。

そのため、ゲストハウスとホテルには明確な違いを感じません。

どうやってゲストハウスを探すのか

ガイドブックに載っている都市であれば探すのに苦労はしません。そのくらい東南アジアにはゲストハウスが乱立しています。

大抵の都市には、大なり小なりゲストハウスが密集しているツーリストエリアがあるくらいです。

なので、新しい都市に到着するまでの間に、ネットやガイドブックからめぼしいゲストハウスを見つけておくと良いでしょう。

新しい都市に到着したら、タクシーのドライバーが「どこへ行くんだ?」と必ず話しかけてくるので、ゲストハウス名を告げて乗り込みましょう。

予約はいらないのか

ゲストハウスは予約無しで宿泊できます。

そのため、宿泊する前に部屋を見せてもらうことが可能です。気に入ったら泊まれば良いし、気に入らなかったら別のゲストハウスを見れば良いです。

ただ、旅の初日分は予約をしておいた方が良いです。

なぜなら、日本から長時間飛行機に乗ってきて、疲れている状態でゲストハウスを探すのは中々骨が折れるからです。

また、東南アジアは日本に比べて暑いので、歩き回ると体力の消耗が激しいです。しかも、シーズンによっては宿泊客が多く、中々良いゲストハウスが見つからない場合もあります。

自分は最初、予約して行かなかったので、妥協して旅の初日から汚いゲストハウスに泊まることになりました。

なので、初日だけでも予約しておくことを強くおすすめします。

 

上で紹介したルートのように、バンコクから旅を始める場合、多くの人はバックパッカーの聖地であるカオサンロードに向かうと思います。

ただ、カオサンロードのゲストハウスはピンキリです。

自分は何度もカオサンに滞在しているので、良いゲストハウスを探すなら以下の記事を参考にして頂ければと思います。

カオサンロードのおすすめゲストハウス。何度もカオサンに滞在した自分が厳選してみた。
長期の海外個人旅行者、いわゆるバックパッカーが最初に目指す場所、それは今も昔もタイのカオサンです。バックパック旅行を計画している人であれば、様々な世代のバックパッカー達が書き綴っているカオサンに関する情報を、ネットや書籍等で一度くらいは読んだことがあるはず...

アゴダ(agoda)を上手く使おう

各国でのゲストハウス探しには、アゴダ(agoda)という東南アジア専門のホテル予約サイトを使うのが便利です。

海外用のホテル予約サイトは多数存在しますが、アゴダはその中でも特に東南アジアのホテル扱いが多いです

また、他のホテル予約サイトはゲストハウスの取り扱いが少ないですが、アゴダはあらゆる都市のゲストハウスを扱っています

アゴダのホテル紹介ページでは、ゲストハウスの部屋写真、宿泊客のレビュー、地図なども確認できます。

例えば、検索窓に「ホイアン」と入力して検索してみます。

アゴダ 検索窓

すると、ホイアンのホテル一覧が表示されます。

この時点では高級ホテルも含めて全てのホテルが出てきているので、画面右上の「条件」をタップして、ゲストハウスのみの表示に変更します。

検索条件 条件変更 ゲストハウスのみ

すると、ゲストハウスのみが表示されます。今度は画面左上の「地図を見る」をタップします。

「地図を見る」

するとホイアンの地図上に、料金と共に各ゲストハウスの場所が表示されます。

ホイアン地図 ゲストハウス

ここで気になったゲストハウスがあれば、さらに個別詳細を確認します。

今回の場合は「タイゴン ホームステイ」を見てみます。

タイゴン ホームステイのページ

ゲストハウスの個別ページからは、客室の写真、レビュー、地図も確認できます。

タイゴン ホームステイ アゴダ MAP

地図が表示できるのは非常に便利です。なぜなら、タクシードライバーがすぐに場所を理解してくれるからです。

確かにゲストハウスは予約なしで泊まれます。

しかし、現地に着いてからゲストハウスを探し回るより、暇な時にagodaで事前に探しておいた方がずっと楽ですし、金額にも立地にも納得できる場所を見つけられます。

なので、気に入ったゲストハウスを見つけたら早めに予約しておくと良いです。確実に部屋を確保できて安心。

自分は、次のゲストハウスを探す時は、寝る前の暇な時間などを使って探していました。

アゴダを使う前までは、ガイドブックに載っているゲストハウスしか探せませんでしたが、アゴダを知ってからはこだわって探すようになりました。

便利なサイトなので是非ブックマークして活用して頂ければと思います。

アゴダ(agoda)

バックパッカー中にインターネットを使うには

バックパッカー旅行中にスマートフォンでインターネットを使うには

  • ゲストハウスやカフェのWiFiを使う
  • 国際ローミングを使用する
  • レンタルWiFiを持っていく
  • SIMカードを挿して使う

のいずれかの方法があります。

ただ、ゲストハウスやカフェのWiFi環境のみでは、移動中や観光中にWiFiが使えないので不便に感じます。

また、国際ローミングは使用すると高額な請求が来るので論外でしょう。

 

もし、現在使っているスマートフォンがSIMフリーであれば、迷わず現地でSIMカードを購入しましょう。

現地のショピングモールには大抵モバイルショップがあり、1,000円前後でツーリストSIMを購入できます。

true-moveのsimカード

(タイのツーリストSIMカード)

ツーリストSIMを挿せば、その国では日本にいる時と同じ感覚でインターネットと通話が利用できます

一番安上がりな方法なので、SIMフリー端末を持っている人は絶対に使用しましょう。

タイのSIMフリーカード情報については、以下記事を参考にどうぞ。

タイでスマホを使う方法。プリペイドSIMカードとレンタルWiFi。
(true moveのSIMカード)タイ旅行中にスマホを使うタイ旅行中にスマホを使うには、主に以下4つの方法が挙げられます。 ホテルやレストラン等のFree Wi-fiを使う プリペイドSIMカードを挿入して使う レンタルWi-fiを使う 国際ローミングを使用する⑷の国際ローミングは一番...

SIMフリー端末でない人は、使用キャリアのショップでSIMロック解除すればSIMフリーにできます。

しかし、使用端末や契約状況によってはSIMロック解除できない場合もあります。

そういった場合はレンタルWiFiを使うか、SIMフリー端末を購入すると良いです

複数の国で使えるレンタルWiFiなら、イモトのWiFi世界周遊プランが一番安いです。ただし値段は1日1,500円なので、1ヶ月にすると45,000円かかります。

そのため、もし1ヶ月以上旅に出るのであれば、45,000円以下のリーズナブルなSIMフリースマートフォンを購入した方がお得です。

上の機種は複数のアプリを起動してもサクサク動きますし、画面も大きくて見やすいです。海外でも問題なくLINEやネット利用をできるのでバックパッカーに人気のモデルです。

自分もこの機種を利用しています。

 

上記のいずれかの方法で、旅行中も便利にスマートフォンを使って頂ければと思います。

海外旅行保険

海外旅行保険は絶対に入っておきたいです。

海外では常に何が起こるかわかりませんし、万が一何かあると家族にも大きな迷惑がかかってしまうかもしれません。

ただ、大手の旅行代理店で海外旅行保険に加入すると、3ヶ月で45,000円近くもかかります。

そのため、予算を少しでも浮かせたい人は、海外旅行保険が無料で付帯するクレジットカードを作る方が良いです。

>>>海外旅行保険付帯の無料クレジットカード

上記事のカードは、与信審査が厳しくなくて、無料のクレジットカードの中では一番保険料が高いので、多くの海外旅行好きが携帯しています。

もちろん自分もこのカードを持っています。

旅行代理店で加入するよりもずっとお得です。

上記クレジットカードの保険内容

エポスカードの補償内容

詳細は以下の記事にも書いています。

初めての海外旅行に持っていきたい海外旅行保険付帯のクレジットカード。保険内容と使い方を詳しく説明します。
(エポスカードCMの竹内 豊)これから海外旅行に行かれる方は、皆さん海外旅行保険に加入すると思います。海外旅行保険には旅行代理店等で入る有料の保険と、クレジットカードに付帯される無料の保険があるのはご存知でしょうか。有料で海外旅行保険に入るより、クレジットカー...

旅の予算と持ち物

バックパッカーの必需品と言えるバックパック選びは、以下の記事を参考にどうぞ。

海外旅行用バックパックの選び方【初心者バックパッカー向け】。
www.flickr.com海外旅行用バックパック海外旅行用バックパックとは、長期の海外個人旅行の際に、旅行道具を持ち運びするリュックのことです。一般に、海外旅行用のバッグといえば、カート式のスーツケースや、肩がけ式のメッセンジャーバッグを思い浮かべる人もいると思います...

 

旅に必要な持ち物や予算については、以下の記事が参考になります。

タイ一人旅。必要な持ち物と予算をまとめてみた。
タイは旅をするのにおすすめの地です。なぜなら治安はもちろん、交通機関やネット使用においても一人旅をしやすい環境がすでに整っている国と言えるからです。また、世界中から集まってくる旅人達との交流を含め、容易に異文化を体験できるなど、タイを旅することによって得ら...

上の記事は、タイを1ヶ月バックパッカーする時の持ち物と予算について書いた記事ですが、実際には東南アジア全般でも通用する内容です。

東南アジアの気候は大部分が熱帯で、地域によっての違いはそれ程ありません。

なので、自分は上の記事に書いてある持ち物だけで、タイのみならず東南アジアを周遊できました

また、上の記事では1ヶ月の生活費に約16万円と書いていますが、これは東南アジア周遊でも通用する金額です。

むしろ、タイの周辺国はタイより物価が安いので、16万円は余裕があるくらいです。

そのため、荷物と予算については上の記事をベースに考えると早くまとまるでしょう。

東南アジアで英語は通用するのか

東南アジアは日本人を含めバックパッカーが多いので、ツーリストエリアでは比較的英語が通じやすいです。

そのため、わざわざその国の言語を勉強する必要はありません。

バックパッカーに必要な英語力は以下の記事でまとめています。必要と思った部分だけ勉強すれば不便なくすごすことができるでしょう。

バックパッカーに必要な英語力と最低限知っておきたい旅行英会話。
バックパッカーとは、大きなバックパックを背負い、長期間に渡り数カ国を周遊する旅人のことを指します。時間とある程度の資金さえあれば、容易にバックパッカーとして海外に出ることができるようになった現在、書籍やネット上では、経験者による数々の素晴らしい旅の体験談を...

 

【関連記事】

フリーターのバックパッカー達に帰国後のおすすめバイトを紹介するよ。
www.flickr.comバックパッカーとして海外を渡り歩いている間はあまり考えないことですが、帰国日が近づいてくると嫌でも意識し始めることがあります。それは、帰ったら何をするかということです。学生と違って、帰ったら仕事がないフリーターや脱サラした人達は、帰国後すぐに...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で購読するのがおすすめです。
Push7で


タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。