スワンナプーム国際空港からオンヌットへ行くならエアポートバスターミナル発のロットゥーも便利。

オンヌット行きのロットゥー

(エアポートバスターミナルのオンヌット行きロットゥー)

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行く公共交通機関としては、エアポートレールリンクとタクシーの2つが最もポピュラーですが、実はスワンナプーム国際空港近くのエアポートバスターミナルから、BTS オンヌット(On nut)へ直行するロットゥーも出ています。

ロットゥーとは、タイ国内にて中・長距離移動の際に利用される公共交通機関で、12人〜13人乗りミニバンを指します(上写真)。

乗車にあたって予約は必要ありません。乗り場へ行って乗り込むだけで良いです。

ロットゥーは、タクシーを利用するより安いです(料金は29バーツ:2017年5月現在)。また、エアポートレールリンクのような乗り換えが必要ありません。

オンヌットまでの所要時間は30分程度です。

スワンナプーム国際空港からオンヌットへ移動する人にとっては、非常に便利な公共交通機関と言えるでしょう。

ただ、ロットゥー乗り場はスワンナプーム国際空港内にあるわけではなく、空港から4kmほど離れたエアポートバスターミナル内にあります

そのため、オンヌット行きロットゥーを利用するには

  1. 空港から無料のシャトルバスに乗ってエアポートバスターミナルに行き
  2. エアポートバスターミナル内のオンヌット行きロットゥーに乗る

必要があります。

今回の記事では、上記2項目を含めて空港からロットゥー乗り場へのアクセス方法ロットゥーの運行時間ロットゥー乗車の注意点を述べていきます。

今後、スワンナプーム国際空港からオンヌットへ行く人は、是非利用してみてはいかがでしょうか。

空港からシャトルバスに乗ってエアポートバスターミナルへ行こう

オンヌット行きロットゥーがあるエアポートバスターミナルへ行くには、空港とバスターミナルを繋ぐ無料のシャトルバスに乗ります。

空港からエアポートバスターミナルまでの所要時間は7分〜8分程度です。

シャトルバス乗り場

シャトルバス乗り場は、スワンナプーム国際空港1階の7番出口近くにあります。

まず、7番出口を出ます。

スワンナプーム国際空港 到着ロビー7番出口

7番出口を出たら、目の前の案内版に沿って直進します。横断歩道を渡りましょう。

シャトルバス乗り場の案内板

横断歩道を渡り、突き当たりまで進んだら、左折して50mほど直進します。

すると、右手にテント張りの待合所が見えます。ここが、エアポートバスターミナル行きのシャトルバス乗り場です。

無料シャトルバス乗り場

(無料シャトルバス乗り場)

シャトルバス乗り場では、エアポートバスターミナル行き以外の乗り物も発着しています。

なので、間違いがないよう、乗り場近くにいる係員に「エアポートバスターミナル?」と聞いてみましょう。

そうしておけば、エアポートバスターミナルが到着した時に教えてくれます。

無料シャトルバス

(エアポートバスターミナル行き無料シャトルバス。白色の車体だった)

シャトルバス車内

シャトルバス車内。

この時は混雑もなく快適に乗れました。前席の方には荷物を置くスペースがあります。

先述しましたが、このシャトルバスは無料で乗車できます。バスは乗車して10分弱でエアポートバスターミナルに到着します。

エアポートバスターミナルは終点です。そのため、乗りっぱなしで良いです。また、殆どの乗客がエアポートバスターミナルで降車します。

エアポートバスターミナル内のオンヌット行きロットゥー乗り場

エアポートバスターミナル

(エアポートバスターミナル)

オンヌット行きロットゥーは552番乗り場にて発着しています。

各乗り場の案内板を見ながら552番乗り場を探しましょう。

オンヌット行きロットゥー乗り場

ちなみに、エアポートバスターミナルからは、ヴィクトリーモニュメント行きロットゥーも出ています(551番乗り場)。

ヴィクトリーモニュメント行きロットゥーは、毎日5時半〜21時までの間、30分程度おきに発車しているので、ヴィクトリーモニュメントに行く予定の人も利用してみてはいかがでしょうか。

ヴィクトリーモニュメント行きロットゥーの料金は40バーツです。

552番乗り場に到着したら、一応近くにいる係員に「オンヌット?」と聞いてみましょう。

乗り場近くにはロットゥーが複数台停まっているので、どれがオンヌット行きロットゥーか分かりにくいからです。

オンヌット行きのロットゥー

(オンヌット行きロットゥー)

ロットゥーの車内

(車内はこんな感じ)

ロットゥーは乗客が一杯になり次第発車します。大体10分も待てば乗客の人数が定員に達するでしょう。

30分程走るとBTS オンヌット前に到着します。

駅前のテスコロータス前にて停車します。

BTS オンヌット前

(ロットゥー停車場所。BTSは目の前)

オンヌット行きロットゥーの運行時間・乗車料金・乗車時の注意

運行時間

運行時間はAM 5:50〜PM 23:30までです。

20分くらいの間に1回発車しています。

ロットゥー運行時間以外にスワンナプーム国際空港に到着した場合は、タクシーやエアポートレールリンクを利用して向かうと良いでしょう。

タクシーやエアポートレールリンクの乗り方については、以下を参考にどうぞ。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方。【タクシーor電車で】
www.flickr.comスワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行くには、基本的に以下3つの内、いずれかの交通機関を利用することになります。 タクシー エアポートレールリンク(電車) 路線バス最も多くの旅行者に利用されているのはタクシーです。行き先(ホテル名など)を...

乗車料金

乗車料金は29バーツです(2017年5月現在)。

料金は降車時に運転手に直接支払います。

乗車時の注意点

ロットゥー利用時の注意点として、荷物が大きい場合は、別途1人分の料金を支払って荷物用の座席を確保する必要があるということです。

上の写真で挙げたように、ロットゥーの車内はこじんまりとしていて、荷物用のスペースがありません。

そのため、スーツケースやバックパックなどの比較的大きい荷物は、1座席を使って収納する必要があるのです。

そのため、多くの旅行者は1人につき2座席分必要になると考えておいた方がよいでしょう。

その場合、乗車料金は2人分ということで58バーツとなります。

タクシーより安く、エアポートレールリンクより手間いらず

スワンナプームからバンコク市内へ行くなら、最も楽なのはタクシーです。

しかし、タクシーの場合、オンヌットまで行くのに大体200バーツ〜250バーツはかかるでしょう。

また、エアポートレールリンクならマッカサンまで行き、ペッチャブリに乗り換え、MRTスクンビットからBTSアソークに乗り換えて…と、2回の乗り換えが必要となります。

その点、ロットゥーであれば1度エアポートバスターミナルまで行く必要はあるものの、バスターミナルからオンヌットまでは乗り換え不要なので、幾分楽に感じられるでしょう。

オンヌットはバンコク旅行の滞在地としては、まだまだポピュラーとは言えませんが、下町風情を感じられますし、結構質が良くて安いホテルが揃っています。

今後、オンヌットを滞在拠点とする場合は、是非ロットゥーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

オンヌット周辺のおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

オンヌットにあるおすすめホテル。長期滞在や外こもりにもおすすめ。
(オンヌット)オンヌット(BTS Onnut)周辺はバンコクにおいてのベッドタウンにあたる場所です。近年は相次ぐコンドミニアムやアパートの建設によって、バンコクへ出稼ぎにきた地方出身者のタイ人や在住外国人向けに発展を続けています。ショッピングエリアや夜遊びエリアとは...
オンヌット行きのロットゥー

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です