バンコクでの連続爆発テロ事件。現時点でのまとめ。

エラワン廟

最初の爆発が起こった観光地エラワン廟(びょう)。

2015年8月17日夜と18日の午後、タイの首都バンコクで2回に渡って爆発テロ事件が発生しました。

被害者数は、死者20人・怪我人125人(怪我人の内、11名はアジアからの外国人。邦人男性も1名含まれる)、タイ史上最も痛ましい事件となりました。

あれから一年以上が経過した今、捜査に大きな進展が見えてきたので、今回の事件を改めてまとめてみます。

事件の概要

最初の爆発

エラワン廟02

(エラワン廟)

8月17日の夜、最初の爆発が起きました。

エラワン廟は、BTS チットロム駅(Chit Lom)の目の前にあるヒンズー教寺院で、タイでは最も御利益がある場所として知られるパワースポットです。

特に中国人観光客からの人気が高い為、犯人の目的は、後述する「ウイグル族による中国人とタイへの復讐」ではないかと事件直後から早々に噂が広まっていました。

(エラワン廟についての詳しい記事はこちらを参考にして下さい>>「エラワンの祠とは?バンコク最大のパワースポットでお参りをしよう。」)

 

爆発時の様子。

もの凄い衝撃と爆発の勢いにより、一時街中は混乱状態となりました。

Twitterでは現地に住む日本人達が互いに安否確認を行い、現場付近の様子を逐一ツイートしてくれていました。

それほど、大規模なテロ事件だったということがわかります。

第二の爆発

18日午後1時頃にはBTS サパーンタクシン駅(Saphan Taksin)目の前のサートン船着き場にて、再度爆発が起きました。

サトーン船着き場

(サートン船着き場)

防犯カメラに映った爆破当時の様子。

サートン船着き場は、チャオプラヤーエクスプレスという水上の交通機関の駅です。

チャオプラヤー川をクルーズするボートツアーや、アジアティーク ザ リバーフロントへの送迎ボートの発着地点にもなっている為、中国人ばかりというわけではないですが、外国人観光客の出入りは多いです。

チケットを買う多くのツーリスト

(ボートのチケット売り場に並ぶ外国人観光客)

第二の爆発については水面で爆発を起こしただけで済み、幸いにも負傷者は出てきませんでした。

犯人の逮捕

実行犯は、下動画1分30秒から画面左下より現れる黄色のTシャツを着た男。

この男が放置していったリュックサックに積まれた爆弾が爆発しました。

男に座る場所を譲った赤色のTシャツを着た男と、その様子を隠すように前方に立つ青色のシャツの男は共犯と見られています。

タイ警察は、この事件を10人前後の外国人とタイ人グループによる犯行と見ています。

実行犯と思われるアラム・カラダックを逮捕

犯人の似顔絵

(国家警察報道官によって公開されていた実行犯の似顔絵)

タイ警察はこの男の行方を追うと同時に、懸賞金100万バーツをかけて情報を集めていましたが、事件から12日後の8月29日にバンコクのノンチョーク区内のアパートにて逮捕しました。

犯人が逮捕された時にニュース映像

(逮捕時のニュース映像)

男のアパートからは、爆弾の材料が多数見つかりました。

当初、男の供述によれば、ラオス滞在中に見知らぬ男に会いテロ4日後の21日に、爆発物が見つかったアパートに連れて行かれた。また、逮捕された日は警察官や兵士が爆発物を部屋に持ち込んでこの逮捕劇をでっち上げたとも供述していました。

しかし、その後の供述によって自分が実行犯であることと、犯行当日はルンピニ公園にてカツラを被って眼鏡をかけて変装をし犯行に及んだことを認めたのです。

男の正確な国籍はまだ特定できていません。タイ語が話せないこととタイ人のIDカードを所持していないことから外国人であることは間違いないです。

男自身はトルコ籍だと供述しており、「アラム・カラダック」という名のパスポートを持っていました。

9月1日、新たに外国人の男、ミーライリー・ユスフを逮捕

サケオで逮捕された犯人

(ミーライリー・ユスフ容疑者)

9月1日、タイ警察はカンボジアとの国境沿いの町サケオにて、爆弾事件に関与したとされる外国人の男を新たに逮捕しました。

「ミーライリー・ユスフ」と名乗るこの男は、ウイグル出身と記載されたパスポートを持っていました。

バックパックを背負って国境沿いの森の中をウロウロしていたところを警備中の兵士に捕らえられたようです。

供述によれば、爆弾を作ってバンコク中央駅の付近で実行犯に渡した共犯者とのこと。

マレーシアにて新たに3人逮捕

14日、マレーシア警察より今回のテロ事件に関与したマレーシア人二人とパキスタン人一人を逮捕したとの発表がありました。

これで、事件に関わった犯人の逮捕は合計で5人です。

犯行の動機

当初、犯行の動機は以下3つの内のどれかと推測されていたましたが、現在ではウイグル族関連の犯行と見てほぼ間違いないとされています。

現時点では確定には至ってないので、一応他グループの犯行説も可能性として記載しておきます。

タクシン派(赤シャツグループ)による犯行説

タイには大きく分けて2つの政治集団が存在します。

前首相であるタクシンを支持するタクシン派(赤シャツ派と呼ばれる集団)と、現在の軍事政権支持派の反タクシン派(黄シャツ)です。

タクシン派は軍事クーデターによって確立した現政権に難色を示しています。

事件前日、タイ法務省がタクシン元首相の警察官時代の階級を剥奪し、これによってタクシン支持者達が大激怒しました。

SNS等に「14日から18日の間は気をつけることだ。」と、犯行予告と取れる書き込みをしていたのです。

今回の事件に関してタクシン元首相自身はもちろん関与を否定しています。

ウイグル族過激派による犯行

現在最も濃厚な説がウイグル族の過激派による犯行説です。

中国の弾圧から逃れる為、他国に亡命したウイグル族達の中にはタイに亡命した人も多い。

しかし、タイ政府はウイグル族を中国へ強制送還しました。

理由としては、彼らが密入国者であったのと、中国側が彼らの帰国後の安全を保障したからということですが、要は中国からの圧力に屈したのでしょう。

中国とウイグル族に関する過去の事例を見れば、彼らが帰国後に迫害や人権侵害を受ける可能性が高いのは一目瞭然です。

これはウイグル族がタイと中国人に報復したとの推測ではありますが、タイ警察によれば、ウイグル族を中国からタイ経由でトルコに逃亡させる手助けをして利益を得ている組織による報復との見方も示しています。

タイ南部の分離独立運動を進めるイスラム組織説

タイにおいてのテロ事件と言えば大半は南部で発生していものである為、今回のニュースを聞いた時、自分は南部のテロ組織によるものだと思っていました。

ただ、発表された情報によれば、今回使用された爆弾は南部のテロ組織が使用する物とは異なる物である為、その線は薄いとされています。

ちなみに、タイ南部のイスラム組織はイスラム国との関与はありません。

タイ南部の武装テロ組織については「イスラム国だけではないタイでテロを起こすイスラム組織。」をご覧下さい。

事件後のバンコク

両エリアに共通するのは「外国人観光客が多い」ということです。

その為、次に狙われるのは外国人観光客の酒場地帯として知られる、BTS アソーク駅(Asok)、ナナ駅(Nana)付近なのでは?という声も挙がっていました。

その為、事件直後、両駅付近の外国人が集まる場所では厳戒態勢が続いていました。

テロ事件による観光業へのダメージは?

観光局によると、テロ直後は旅行者が激減したものの、昨年のクーデター当時に比べると被害は小さいとのことです。

観光業はタイにおいて貴重な外貨獲得手段であり、経済成長を担っている柱でもあるので、タイ政府は今後の治安の安全と維持を公に強調しています。

実際、10月に入って再度訪タイしたのですが、事件を思わせる様子はどこにも残っておらず、ほぼ話題にも上がってこなかった為、今後は観光予定を変更する程の心配はいらないでしょう。

 

イスラム国のテロ関係者がタイに入国?

ロシアの情報機関より、タイ当局に対しテロに関する新たな情報を流していたようです。

情報によれば、イスラム国と繋がりのあるシリア人10人ほどがタイへ入国したとのこと。入国の理由としてあげられるのは、タイにあるロシア関係の施設を攻撃するためだととのことです。

MRT シーロム(Si lom),サムヤーン(Sam Yan)近くにあるロシア大使館付近には近づかないほうがいいかもしれません。

(ロシア大使館の場所)

くれぐれも気をつけて下さい。

バンコクでの水上バス爆発は燃料漏れが原因と見られている

2016年3月5日、バンコクのセンセープ運河にて水上バスが爆発。これにより、日本人を含む乗客が少なくとも50人負傷しました。

ただ、今回の爆発はテロによるものではなく、燃料漏れが原因との見方が強まっています。

タイでは水上マーケットや運河乗り合いボートなど、ボートを使用した観光地や移動手段が多い為、早く原因の解明と対策をたててほしいものですね。

タイ南部7県でイスラム組織によるテロが発生

2016年8月11日から12日にかけてタイ南部7県(トラン県、プーケット県、プラチュアップキリカン県(ホアヒン)、スラタニ県、パンガー県、ナコンシタマラート県、クラビ県)にて、爆破・火災によるテロ事件が発生しました。

このテロ事件は、上で述べたウイグル族の犯行ではなく、以前よりテロ活動を行っている南部のイスラム組織によるものだそうです。

イスラム国だけではないタイでテロを起こすイスラム組織。
2015年12月4日、タイ国家警察は、過激派組織イスラム国(IS)と繋がりのあるシリア人10人が、同年10月よりタイに入国していることを明かしました。入国した10人は、タイにあるロシアの関係施設を報復の為攻撃する可能性があるとのことです。10人はバンコクをはじめ、パタヤ、プ...

プーケットやホアヒンといった人気観光地が標的となったために、旅行者の間では大きな混乱が起きました。

現在、警察は容疑者および参考人を取り調べています。

 

【関連記事】

海外旅行中における現金の盗難防止対策はコレだけ!リスク分散とターゲットにならない振る舞い。
Photo:Pictures of Money海外旅行時に一番を気を使う事と言えば、自分自身や持ち物を犯罪守るための対策でしょう。外務省の海外法人援護件数の統計によれば、2014年に海外で犯罪被害に遭った日本人の数は5,383人に上るとのことです。同年の海外渡航者数全体の割合から見れば決...
エラワン廟

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です