クローンラットマヨム水上マーケットはローカルだが外国人ウケの光景が広がる市場!カオサンから近いよ。

クローンラットマヨム水上マーケットのアイキャッチ画像

クローンラットマヨム水上マーケットは、バンコク北西に位置する人気のローカル水上市場です。

バンコクから日帰りでアクセスできる水上マーケットと言えば、バンコクおすすめ水上マーケットまとめ記事にも記載している通り、

  • 外国人向け水上マーケット(旅行会社でツアーが組まれている)
  • ローカル水上マーケット(主にタイ人観光客で賑わう)

の2種類が存在します。

今回の記事で紹介するクローンラットマヨム水上マーケットは、後者のローカル水上マーケットです。

ローカル水上マーケットは、外国人が少ないだけに雰囲気も物価もローカル気分を味わえますが、いかんせん視覚的なインパクトが小さいです。

外国人向け水上マーケットみたく、演出に工夫が施されていないからです。

 

ところが、今回行ってみたクローンラットマヨム水上マーケットは視覚的なインパクトも素晴らしいです。

クローンラットマヨム水上マーケットで野菜を売っている商売船

クローンラットマヨム水上マーケットの天井が低い通路

クローンラットマヨム水上マーケットの雑貨エリア

野菜や果物を載せた小船、かがまなければ歩けないほど天井の低い脇道、蒸し暑い倉庫のような建物内に並ぶ小売店。

これぞ我々日本人が求める東南アジアの光景が全て詰まっています。

 

また、クローンラットマヨム水上マーケットでは、小船に乗って市場周辺の水路を巡るボートツアーも開催されています。

外国人が少ないローカルな場所ですが、楽しめる要素が満載です。

 

今回の記事では、クローンラットマヨム水上マーケットの見所やボートツアーの内容、バンコクからの行き方を詳しく解説します。

カオサンからも比較的近い場所にあるので、バックパッカーも遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

バンコクからアクセスできるローカル水上マーケットの中では一番楽しいです。

クローンラットマヨム水上マーケット(Khlong Lat Mayom Floating Market)

運河にかかる橋から見たクローンラットマヨム水上マーケット

クローンラットマヨム水上マーケットは、バンコクの西側タリンチャン区に位置する、広さ東京ドーム約1.5個分の巨大な市場です。

2004年11月24日に開設しました。

中規模アウトドアレジャー施設くらいの敷地内に、地元で栽培された農産物や工芸品を売るエリア、飲食店が並ぶエリアや雑貨店が軒を連ねています。

クローンラットマヨム水上マーケット内に並ぶ飲食店と雑貨店

元々クローンラットマヨム水上マーケット周辺の運河は、昔は川沿いに住む村人達の交通手段・要所として使用されていた場所です。

しかし、陸上交通(バスや電車など)の発達により市場一帯は衰退の一途をたどりました。

そこで、伝統文化の保護・発展や地域住人の雇用創出のために、一帯を観光用の水上マーケットとして開発したのです。

そのため、市場以外にも動物に餌をあげられるエリアや蓮池があったり、写真を取れるスポットも所々に存在します。

クローンラットマヨム水上マーケットで飼われている羊とヤギ

(市場内はヤギや羊などの動物も飼われている。20バーツで餌を買ってあげることも可能)

クローンラットマヨム水上マーケットに併設されている蓮池

(蓮池。この時はあまり咲いていなかった)

クローンラットマヨム水上マーケットの運河に架かる木造の橋

マーケット内には、運河を見渡せる木造の橋が架かっている。撮影スポットになっています。

クローンラットマヨム水上マーケットの運河沿いに並ぶカフェ

マーケット内中心を流れる運河沿いにはカフェも併設されています。

運河沿いに並ぶ市場は藁葺き屋根になっていて、昔ながらの風情が漂うのもクローンラットマヨム水上マーケットの魅力です。

東京ドーム1.5個分はある広さ。散策好きは楽しめるよ!

クローンラットマヨム水上マーケットの地図

(水上マーケット内のエリア地図)

クローンラットマヨム水上マーケットの敷地は、とても広いです。

Google Mapで測ったところ、7.5ヘクタール(東京ドーム約1.5個分)はありました。

マーケット内は7つのエリアに分かれていますが、シンプルな構成なので迷いません。

ただ、「どのエリアに何カテゴリーの店がある」といような明確な区分けはされていません。なので適当に歩き回ります。

くまなく見て回って、昼食を取り、ボートツアーに参加しても観光所要時間は2時間30分程度といったところ。

食べ歩き、雑貨、水上マーケットの風情を楽しむ

飲食店の種類が豊富!お腹を空かして行こう

クローンラットマヨム水上マーケットの飲食店エリア

クローンラットマヨム水上マーケットの飲食店エリア2

飲食店が並ぶエリア。クローンラットマヨム水上マーケットが人気の理由の一つが、飲食店の種類の多さにあります。

カオマンガイなどの鉄板のタイ料理はもちろん、シーフードやデザート類の種類も多いです。

また、従来の水上マーケット同様に、小舟で作るホイトート(貝の具を使ったお好み焼き風タイ料理)などを食べることも可能です。

クローンラットマヨム水上マーケットで食べたカオマンガイ

カオマンガイは45バーツ。ローカル市場なので価格もローカル向け。

こうした一般的なタイ料理も美味しいですが、シーフードやデザートを扱う店も多く、気になる店が多々ありました。色々な料理をつまみくたくなるので、お腹を減らして行った方が良いです。

クローンラットマヨム水上マーケットで食べたホタテのバター焼き

ホタテのバター焼き。5個で100バーツ。ビールでやっつけたくなる料理。

クローンラットマヨム水上マーケットで食べたクンオップウンセン

クンオップウンセン(กุ้งอบวุ้นเส้น)。エビと春雨鍋蒸し料理です。人によってビールに合う合わないは分かれますが、個人的にはかなりビール泥棒な料理。

路上の屋台やタイ人向けの食堂だと80〜100バーツ前後。クローンラットマヨム水上マーケットでは75バーツでした。

エビと春雨って結構相性良いです。辛くないので日本人でも食べやすい。

クローンラットマヨム水上マーケットで食べたコームヤーン

イサーン料理を代表するコームヤーン(คอหมูย่าง )。豚トロのグリルです。

これを食べると絶対にビールは欠かせない。ジューシーな豚トロをピリ辛なタレについて味わいます。

1皿60バーツ。

 

クローンラットマヨム水上マーケットで食べたカノムブアン

タイの有名なデザート。クレープに似たカノムブアン(ขนมเบื้อง)。1個10バーツ。

クローンラットマヨム水上マーケットで売られているルークチュップ

ルークチュップ(ลูกชุบ)の屋台もあります。

ルークチュップは、見た目はフルーツや野菜に似せていますが、実は和菓子のような食べ物。

野菜や果物のように着色して、ゼラチンで何度もコーティングしているという不思議なお菓子です。

おとぎの国に出てきそうな食べ物ですね。値段は10個で20バーツでした。うーん、食べたいけど10個もいらない。というわけで、今回はパス。

クローンラットマヨム水上マーケットで売られているサイマイ

アユタヤでよく見かけるサイマイ(โรตี สาย ไหม)も売られています。クレープのような生地と綿あめのような糸状の砂糖を組み合わせたシンプルなお菓子です。

1セット35バーツ。

このように歩いているだけで食べたくなる料理にどんどん出くわします。

なので思い切りお腹を空かせていきましょう。

雑貨屋

クローンラットマヨム水上マーケットの雑貨屋

クローンラットマヨム水上マーケットの衣料品店

クローンラットマヨム水上マーケットの衣料品店2

雑貨屋や衣料品店の数も豊富。

どの店もローカル価格です。

ナイトマーケットや街中の露天でも見かけるようなラインナップなので、特別ここで買う理由はありませんが。

クローンラットマヨム水上マーケットで売られていた陶器

青と白のアートデザインを施した陶器も売られています。

全てハンドメイド製品で、耐久性・耐熱性に優れているとのこと。

お皿120バーツ前後。小鉢40バーツ。きゅうす120バーツで売られています。スタッフの方が、家庭用や贈り物に最適とゴリ押ししていました。

クローンラットマヨム水上マーケットで売られているプミポン国王の肖像画

その他、ラーマ9世ことプミポン国王はじめ、歴代の国王の肖像画なども売られています。

 

雑貨に関しては旅行で来た人がわざわざ買う物は少なかったかなという印象です。

上述したアクセサリーや衣類、陶器などはチャトゥチャックウィークエンドマーケットなんかでいくらでも買えますからね。

クローンラットマヨム水上マーケットは、食べ歩きやボートクルーズを楽しむ場所です。

運河沿いの小舟を見て風情を感じる

運河沿いのエリアも歩いてみましょう。

クローンラットマヨム水上マーケットの商売船1

クローンラットマヨム水上マーケットの商売船2

クローンラットマヨム水上マーケットの商売船3

いました!いました!
商売船です。

水上マーケットと言えば、やはりこの光景ですよ。

運河に並ぶ数々の商売船。野菜やデザートなど地元民向けの商品を積んでいます。

風情ある光景ですね。

ホイトートを作る小舟

(ホイトートを作る小舟。味は普通だが風情があるためか美味しく感じる)

 

水上マーケットは、場所によってはただ運河沿いに市場が並んでいるだけの場所もあったり、観光客向けすぎてテーマパークのような雰囲気の場所もあります。

しかし、クローンラットマヨム水上マーケットは、ちゃんと商売船が存在している上に、外国人が少ないローカルな雰囲気です。

英語こそ通じにくいですが、我々外国人としては、いかにも造られた場所より、こうした地元民が集う”本当の”水上マーケットの方が興奮しますよね。

クローンラットマヨム水上マーケットを流れる運河を進むボート

商売船に加え、観光客を乗せたツアーボートも行き交い、運河は賑わってます。

運河を巡るボートツアーが面白い

クローンラットマヨム水上マーケットのツアーボート乗り場

水上マーケットのメインイベントと言えば、運河を巡るボートツアー。

ダムヌンサドゥアックのような超メジャー外国人向け水上マーケットでは、乗船料1,000バーツと信じられない額を取ってきますが、クローンラットマヨムでの乗船料金は100バーツ

安いです。

運河を巡るボートツアー乗り場は、以下の場所にあります。

クローンラットマヨム水上マーケットのボート乗り場地図

上地図で記しているZONE2の運河沿いにボート乗り場があります。

ツアーボート乗り場の場所を示す看板

ZONE2にはボート乗り場を示す「PIER」と書かれた看板が至る所にあります。

看板を見ながら市場の中を進んで行きましょう。

クローンラットマヨム水上マーケットのツアーボート乗り場2

ボート乗り場

村人達の家屋が並ぶ運河を巡る

クローンラットマヨム水上マーケットでのボートツアー1

クローンラットマヨム水上マーケットのボートツアーは結構面白いです。

以前紹介したローカル水上マーケット「クワンリアム」とは違って、生活感のある景色が望めます。

 

運河沿いにある村人の家屋

運河沿いに建つ村人の家屋

ナマズに餌をあげている人々

運河に生息するナマズに餌をあげている人々

運河沿いにある蓮畑

蓮畑

運河ですれ違った他のツアーボート

他のツアーボートとすれ違います。手を降ると振り返してくれました。

クローンラットマヨム水上マーケットを走る運河

運河は所々十字路になって入り組んでいる箇所もありました。

自分でボートを漕いでプライベートで全てを巡りたくなるような、そそられる光景でした。

ボートツアーの時間は30分〜40分。

かなり充実した運河巡りの旅となりました。

所々で船主が物凄いスピードを出してくれたりと、アトラクション要素も中々あります。

乗ってみる価値ありですよ。

クローンラットマヨム水上マーケットへの行き方

以下はクローンラットマヨム水上マーケットの場所を記した地図

バンコク市内からクローンラットマヨム水上マーケットへ行くには、以下2つの方法があります。

  • BTSバーンワー(Bang Wa)からタクシーに乗る
  • ターロットファイ船着場からソンテウに乗る

余程の物好きでない限り、BTSバーンワーからタクシーで行くのがおすすめ。簡単です。

ターロットファイ船着場からソンテウに乗ってもアクセスできますが、場合によってはソンテウが来るのを1時間近く待つ可能性があるのがネック。

以下で詳しく解説します。

おすすめはBTSバーンワーからタクシーに乗る

クローンラットマヨム水上マーケット周辺には、BTSやMRTなどの電車が走っていません。

そのため、基本的には最寄り駅からタクシーでアクセスします。

最寄り駅はBTS バーンワー(Bang Wa)です。

バンコク路線図

(ピンク色の四角で囲んでいるのがBTSバーンワー)

BTSバーンワーからクローンラットマヨム水上マーケットへの運賃は85バーツ程度。

運転手にはクローンラットマヨム水上マーケットのタイ語表記「ตลาดน้ำคลองลัดมะยม(カタカナ読みするとタラート ナーム クローン ラッ マヨーム)」を見せると良いです。

BTSバーンワーからクローンラットマヨム水上マーケットへのタクシー所要時間は、渋滞がなければ15分程度です。

さくっとグラブで行くのもあり(250〜370バーツ)

そもそもBTSバンワーまで行くのが面倒な人は、グラブを呼んでアクセスするのもありです。

グラブなら、例えばバンコク中心街(BTSアソーク周辺)から乗った場合、250〜370バーツ前後でアクセスできます。

BTSアソークからクローンラットマヨム水上マーケットまでのグラブタクシー 料金画面

BTSを利用してのアクセスより高くなるのは確かですが、面倒が嫌いな人はグラブがおすすめです。

タイでグラブタクシーを使う方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

グラブ(Grab)のロゴ
タイでグラブタクシー(Grab)を使う方法【登録から簡単な利用方法まで解説】

マニアックなアクセス方法【ターロットファイ船着場からソンテウに乗る】

冒険好きな人はタクシーに比べて手間はかかりますが、以下の方法でアクセスするのもあり。

  1. チャオプラヤーツーリストボートで【N11】ターロットファイ船着場(Thonburi Railway Pier)へ行く
  2. ターロットファイ船着場目の前のソンテウ乗り場より1475番のクローンラットマヨム水上マーケットソンテウに乗る

ソンテウの時間が読めないので、場合によっては1時間近く待つのがネックです。

時間に余裕があって旅気分を味わいたい方のみどうぞ。

① チャオプラヤーツーリストボートでターロットファイ船着場へ行く

ターロットファイ船着場とは、BTSサパーンタクシン併設の船着場「サトーン ピア(Sathorn Pier)」から乗船する高速ボートでアクセスできる船着場です。

BTSサパーンタクシンの2番出口を降りて直進すると、サトーン ピアがあります。

サトーンピア

(サトーンピア)

高速ボートは、チャオプラヤー川沿いに設置された複数の船着場に停車します。

クローンラットマヨム水上マーケットへ行く場合は、【N11】ターロットファイ船着場(Thonburi Railway Pier)行きのチケットを購入します。

チャオプラヤーエクスプレス路線図

(チケットの料金は60バーツ)

チャオプラヤーツーリストボートの船内写真

ボートの船内

② ターロットファイ船着場目の前のソンテウ乗り場より1475番のソンテウに乗る

ターロットファイ船着場に着いたら、目の前にあるソンテウ乗り場から1475番のソンテウに乗ります。

ターロットファイ船着場の敷地

ターロットファイ船着場の敷地を抜けると

ターロットファイ船着場に泊まっているソンテウ

目の前のローターリーのような場所にソンテウがやってきます。

 

クローンラットマヨム水上マーケット行きのソンテウ

クローンラットマヨム水上マーケット行きのソンテウ。

 

注意して欲しいのは、全ての1475番のソンテウがクローンラットマヨム水上マーケットへ行くわけではないということ。

1475番のソンテウ自体は頻繁に来ますが、中にはクローンラットマヨム水上マーケットへ行かないソンテウも存在するため、運転手に水上マーケットへ行くかきちんと確認してから乗車しましょう。

上述したように、ローンラットマヨム水上マーケット行きのソンテウは中々来ません。

場合によっては1時間ちかく待つこともあります。

そのため、やはりタクシーが一番なアクセス方法になるでしょう。

カオサンからのアクセスもタクシーが無難

カオサンからクローンラットマヨム水上マーケットへの地図

(カオサンからクローンラットマヨム水上マーケットへのタクシー所要時間は約45分)

カオサンからでも、カオサン近くの船着場【N13】プラ・アーティット(Phra Arthit)からボートでターロットファイ船着場へ行き、ソンテウ1475番に乗ってアクセス可能です。

しかし、上述したようにソンテウが中々来ないこともあるので、やはりタクシーを利用するのが無難です。

カオサン通り周辺からタクシーに乗ってクローンラットマヨム水上マーケットへ行く場合の運賃は150〜200バーツくらいを見ておくと良いです。

営業時間【週末のみ営業】

土・日・祝の8:00〜17:00まで

2020年タイの祝日についてはこちらで確認できます。

ローカル水上マーケットでは一番おすすめ

クローンラットマヨム水上マーケットにあった人形

バンコク市内から程よく近くにあり、ローカルながらも視覚的にも楽しめるというボリューム満点な水上マーケットでした。

これまでローカルな水上マーケットにはいくつか足を運びましたが、現時点では一番のお気に入り。

外国人観光客だらけのメジャー水上マーケットに飽きた人には真っ先におすすめします。

週末は是非クローンラットマヨム水上マーケットへ行ってみてはいかがでしょうか。

 

その他、バンコクからアクセスできる全てのおすすめ水上マーケットについては、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコクの水上マーケットアイキャッチ画像
バンコクから行けるおすすめ水上マーケット8選。鉄板からローカルまで紹介します。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。