【日本語OK】シェムリアップで日本人スタッフがいるホテル。ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンションセンター。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の中庭

今回の記事では、海外旅行に慣れていない人へ向けて、日本人スタッフが常駐する「ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター」というホテルを紹介します。

  • カンボジア旅行が初めて
  • 英語が話せない
  • 緊急事の対応が不安

上記のような不安を感じている方におすすめのホテルです。

基本的にホテルで使う英会話というのは、簡単な物に限られます。
最悪、ボディランゲージだけでどうにかなるレベルです。

しかし、例えば客室設備に不具合が出た時や持ち物を紛失してしまった時、英語を話せない人にとって日本人スタッフの存在は安心に繋がるでしょう。

 

また、ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターは、日本人スタッフに加えて

  • 2016年に開業した比較的新しい五つ星ホテル
  • シェムリアップ最大のプール(他ホテルの3倍は広い)
  • ホテル内に日本食レストランあり
  • ホテル向かいにナイトマーケットあり
  • 1泊8,000円前後(シーズンによって若干変動あり)

という、日本人スタッフの有無を差し置いても上出来と言える特徴を兼ね備えています。

 

今回の記事では、ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターのホテル設備や立地の特徴を詳しく解説しています。

シェムリアップで日本人スタッフがいるホテルを探している方は、是非。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター(Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のチェックインロビー

(エントランスロビー)

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターは、2016年に開業した五つ星ホテルです。

この記事を書いている2019年4月時点で、まだ開業して3年程度の比較的新しいホテル。

そのため、他の五つ星ホテルに比べて施設全体が綺麗です。

 

筆者はシェムリアップへは通算6回は足を運んでいます。
ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターを初めて見つけたのは、確か4回目の訪シェムリアップ時でした。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の外観

(ホテルの外観。写真に収まらないほど敷地が広い)

初めて見た時、まだ一部工事中でしたが、あまりにも敷地が大きする上に敷地が広大だったので「大規模な国立博物館でも建設しているのか?」と勘違いしていました。

後にホテルだということを知り、宿泊してみることに。

 

コンベンション(コトバンク)」という名前の通り、敷地内にはホテル棟以外にも会議室やホールが併設されています。

そのため、ホテルらしからぬ大規模な敷地を有しています。

客室バルコニーから見たソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の敷地

全ての客室棟外観が同じな上に、敷地が馬鹿でかい(軽く陸上競技場5面以上はある)ので、案内板を見落とすと確実に迷います。

 

住むとなると不便を感じそうですが、海外旅行中はこういった空間も非日常。

迷った時に、同行者と自室がある棟を探し回ったのも良い思い出です。

日本人スタッフがいる

上述した通り、ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターには日本人スタッフがいます。

筆者が宿泊した時は女性スタッフが一人いました。

チェックイン時に日本のパスポートを見せると、すぐに日本人スタッフに交代して、客室まで案内しくれました。

 

客室案内時に、後述するホテル向かいのナイトマーケットの存在や、繁華街までのトゥクトゥク料金も案内してもらえたのが良かったです。

シェムリアップが初めての人だと、街中からホテルまでのトゥクトゥク料金相場が分からなくて、高めの値段を言われても了承してしまう場合があるでしょう。

そう考えると、やはり日本人スタッフがいると安心できます。

また、筆者は幸いにも緊急事態に遭遇することはありませんでしたが、冒頭にも書いたように紛失等発生した時は頼れる存在です。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のスパメニュー

(ちなみに、ルームサービスやスパメニューも日本語表記あり)

 

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のカンボジア人スタッフ

(ホテルのカンボジア人スタッフ)

カンボジア人スタッフも優しい人ばかりです。

写真撮影にも応じてくれました。カンボジア伝統衣装を模した制服が良い。

客室【デラックス ガーデンビュー(Deluxe Garden View)】

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の客室1

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の客室2

写真の客室はデラックス ガーデンビュー(Deluxe Garden View)。広さは40平米です。

五つ星ホテル慣れしている人なら、特に客室設備で驚くことはないかと思います。

広々としていて、清潔感のある過ごしやすい部屋。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の客室3

残念ながら日本語のテレビ番組は視聴不可です。
これで日本の番組を見られたらパーフェクトだったのですが。

 

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のバルコニー

個人的に嬉しかったのはバルコニーの存在。

筆者のような喫煙者であれば、ゆっくり座って喫煙できるスペースが欲しいもの。

景観はありませんが、バルコニーには椅子とテーブルが設備されているので、コーヒーやビールを飲みながらくつろげました。

 

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツ。盛りだくさんです

 

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の戸棚

セーフティボックスや湯沸かしポッド、無料のコーヒーや各種グラス類は全て完備。

バスルーム

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のバスタブ

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のシャワーブース

バスルームは広いです。

バスタブと別にシャワーブースもあるので、特に不便はなし。

比較的新しいホテルなので、水回りも綺麗です。

 

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のバスルーム

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のうがい用ボトルウォーター

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のアメニティ1

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のアメニティ2

アメニティは豪華ではないです。

また、少量なので、女性宿泊者はシャンプーやリンス等は持参する方が良いでしょう。

歯ブラシやクシ、シャワーキャップ、ドライヤーは完備。うがい用のボトルウォーターもあります。

シェムリアップで一番大きなプール

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のプール1

ビックリしたのがプールの広さ。

サッカーコートの2/3面はあります。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のプール2

よくもまあ、こんなに大きなプールを作ったものだと関心するほど。

 

中国人旅行客が多いカンボジアにおいて、こうした大型ホテルは団体客の宿泊先として選ばれることが多いです。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターにも、やはり中国からの団体客が多いのですが、
これだけプールが広いので、他旅行者がいても全然気になりません。

プールで遊びたい人には本当におすすめ。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のプール3

よくよく見ると、壁にはレリーフが掘られています。カンボジアらしい演出。

広いだけではなく拘りも随所で見られる所が、さすが五つ星ホテル。

 

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のプールにあるビーチチェア

ビーチチェアの数もかなり多いです。

子連れ旅行者は、子供から目を話さずにチェアーでリラックスできます。

ホテル内の和食レストラン「竹園」に行こう

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターには、合計で5軒のレストラン・カフェが併設されています。

2泊の滞在だったので全てのレストランには行けませんでしたが、
以下で外国の料理が苦手な人への救いの手となる日本食レストラン「竹園」を紹介します。

竹園

竹園(Takezono Restaurant At Sokha Siem Reap Resort)の外観

(入り口)

竹園は、ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター内に併設されている人気の和食レストランです。

宿泊者以外の観光客や在住日本人からの評判が高いです。

筆者は海外で寿司を食べるのが好きなので、面白がてら足を運んでみました。

竹園(Takezono Restaurant At Sokha Siem Reap Resort)の店内1

竹園(Takezono Restaurant At Sokha Siem Reap Resort)の店内2

店内は完全に日本。

掘りごたつ席もあって完成度は高いです。

 

竹園(Takezono Restaurant At Sokha Siem Reap Resort)の寿司盛り合わせ

竹園(Takezono Restaurant At Sokha Siem Reap Resort)のいくら握り

(上:寿司八種盛りセット24USドル/下:いくら巻き8.5USドル)

寿司以外にも鯖塩焼き(6USドル)や、エビ天セット(9.5USドル)、ざる蕎麦(8.5USドル)、とんかつ(9.5USドル)、味噌汁や茶碗蒸し、豚骨ラーメンなどもあります。

 

街中のローカルな食堂に比べると高めです。

お腹いっぱい食べてビールも飲むなら、一人当たりの予算は20USドル前後は用意しておいた方が良いでしょう。

味はさすが五つ星ホテルのレストランだけあって美味しいです。
日本で食べる和食に比べて遜色ありません。

海外の料理を受け付けない方は、是非竹園へ。

営業時間
  • ランチ/11:30〜14:30
  • ディナー/18:30〜22:30

定休日なし

朝食ビュッフェ

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の朝食会場

朝食会場も広いので、団体客がいても気になりません。

筆者が行った時は、結構空席があり静かでした。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の朝食ビュッフェ1

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の朝食ビュッフェ2

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の朝食

朝食はクメール料理の他にアメリカンブレックファーストやパン類が豊富。

日本食はありませんが、なぜか味噌汁はあります。

アメリカンブレックファーストやパンは外国の料理が苦手な人でも食べられるでしょう。

ホテル向かいのコンテナ・ナイトマーケット

コンテナナイトマーケットの入り口

ホテル前を走る大通りを挟んだ向かいにはナイトマーケット「パーム コンテナ ナイトマーケット(Palm Container Nightmarket )が設置されています。

上写真の通りトランスフォーマー?のようなロボットが各所に設置されている派手なナイトマーケットです。

コンテナナイトマーケットの店舗1

コンテナナイトマーケットの店舗2

どちらかと言えばローカルカンボジア人向けのナイトマーケットですが、外国人向けのナイトマーケット並みに盛り上がっています。

名前の通り、所々コンテナで作られた店舗があるのが特徴です。

こうしたコンテナで作られたナイトマーケットは、現在カンボジアで流行となりつつあります。

そのため、カンボジア人に人気。

 

コンテナナイトマーケットのムーガタレストラン

コンテナナイトマーケットの歌手ステージ

タイでお馴染みの焼肉「ムーガタ」のレストランや、クメール料理レストランが並んでいます。

マーケット中央には歌手のステージもあり。

 

ローカル向けなので英語は通じにくいですが、逆に面白いです。

中心街のナイトマーケットと違い、外国人と見るや否やボッタクリを仕掛けてくる店員はいません。

そのため、全体的に安い値段で買い物・飲食できるのがメリット。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター宿泊の際は、是非とも足を運んで見ましょう。

営業時間

毎日17:00〜23:00頃まで

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターへの行き方

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターは、シェムリアップ中心街より北東へ約5km離れています。

中心街から徒歩での移動は大変です。

中心街からのアクセスにはトゥクトゥクを利用するべきでしょう。

トゥクトゥクの料金は片道3USドル。

ホテル専属のトゥクトゥクであれば往復で5USドルです。ホテル専属のトゥクトゥクは街中で遊んでいる間は指定の場所で待っていてくれます。

なので、ホテルから中心街へ遊びに行く際は、ホテル専属のトゥクトゥクを利用すると良いです。

空港からホテルへは無料のピックアップサービスを使おう

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)のアゴダ予約ページ

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センターでは、空港からホテルまでの無料ピックアップサービスを使えます。

使い方は簡単。

予約詳細ページの「リクエストボックス」にある「空港送迎を希望」にチェックを入れ、詳細欄にフライトナンバーと到着日時を入力します。

ホテル予約詳細ページ

あとは予約を完了させるだけです。

予約完了したら、ホテルからピックアップサービスを承った旨のメッセージが届きます。

 

当日、空港に到着したら自身の名前が記載されたプラカードを持ったドライバーが到着口で待っています。

通常、空港からホテルへのトゥクトゥク料金は9USドル(深夜だと14ドル)。しかし、ピックアップサービスを使えば無料です。

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター宿泊の際は必ず利用しましょう。

初めてのカンボジア旅行におすすめ

ソカ シェムリアップ リゾート アンド コンベンション センター (Sokha Siem Reap Resort and Convention Center)の客室3

立地こそ中心街から少々離れていますが、スタッフの質や設備はさすが五つ星。
良い滞在となりました。

また、ホテル向かいにコンテナ・ナイトマーケットがあるので、夜も楽しめました。

海外旅行に慣れていない人は、分からないことは日本人スタッフに何でも聞けるし、海外旅行初心者ながらもナイトマーケットでローカルな雰囲気を味わえるので楽しめるでしょう。

是非、シェムリアップ旅行の滞在先候補として検討して頂ければと思います。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

シェムリアップにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。
格安〜高級まで全て紹介しています。

クメール マンション レジデンス(Khmer Mansion Residence)のプール
シェムリアップのおすすめホテル18軒。空港送迎付きだから初心者でも安心。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)