シェムリアップ旅行の予算。カンボジアの物価から考える必要な費用。

アンコール・トムのバイヨン遺跡

(アンコール・トムのバイヨン遺跡)

シェムリアップ旅行に必要な予算は、4泊5日程度なら12万円あれば十分です。

この12万円という金額は、ホテル代や航空券といった日本で予約・支払いする物も含まれています。

12万円で、旅行に必要な費用は何から何まで全て事足りるという考えです(3泊4日でも11万くらいは必要)。

12万円の予算があれば、リゾート感のある高級ホテルで過ごし、食事は観光客向けの清潔なレストランで済ませ、アルコールもそれなりに飲み、見所とされるメジャーな遺跡や観光地を十分に回れます。

仮に、ホテルのランクを落としたり、食事はローカル向けの屋台のみで済ませて、回る遺跡や観光地を絞れば10万円以下の予算にすることも可能です。

ただ、東南アジアの環境に慣れていない人がシェムリアップを旅行するのであれば、12万円は用意しておいた方が間違いなく快適でしょう。

今回の記事では、自分が実際に4泊5日のシェムリアップ旅行で使った金額の内訳と共に、シェムリアップの物価も詳しく記載していきます。

シェムリアップ旅行を検討している人の参考になれば幸いです。

シェムリアップ旅行の費用内訳

以下は4泊5日のシェムリアップ旅行で使った費用の内訳です。

項目金額
往復航空券¥40,000
ホテル
(4泊分 + 朝食付き)
¥24,000
観光ビザ¥4,400
観光費
(交通費含む)
340USドル
(約37,000円)
食費60USドル
(約6,550円)
マッサージ18USドル
(約2,000円)
お土産20USドル
(約2,200円)
SIMカード5USドル
(約550円)
合計¥116,700

¥表記の3項目(航空券、ホテル、観光ビザ)は日本(渡航前)で予約・取得の際に支払った物。

USドル表記の項目は現地で支払った物です。

なお、上表では1USドル = 約109円で計算しています。また、一部端数は切り捨てて記載しています。

渡航前の支払い詳細(合計約68,400円)

渡航前に日本にて予約・取得のために支払った物は

  • 航空券(¥40,000)
  • ホテル(¥24,000)
  • 観光ビザ(¥4,400)

の三項目。合計約68,400円

観光ビザに関しては、シェムリアップ空港到着後、入国審査場前で取得(30USドル)することも可能です(詳細は後述)。

往復航空券(¥40,000)

シェムリアップ行きのエア・アジア航空機

2018年4月現在、日本⇔シェムリアップを繋ぐ直行便は存在していません。

そのため、日本からシェムリアップへ行くには、タイやベトナム、中国といった諸外国を経由して向かうことになります。

大手の航空券検索・比較サイトによれば、日本⇔シェムリアップ往復航空券の年間平均価格は6万1千円と発表されています。

ただ、実際に航空券を探してみると、4万円台〜5万円台であることが殆どです。

自分の場合、福岡⇔シェムリアップ往復航空券は、ベトナム航空(ハノイ経由。片道の所要時間約8時間)で40,580円でした。

2万円台や3万円台といった激安の航空券も販売されていますが、その多くは経由地での待ち時間が10時間以上という過酷なスケジュールです。

日本を発つ当日の内に到着するスケジュールの航空券であれば、やはり4万円〜5万円を見ておくと良いでしょう。

いずれにせよ、まずはスカイスキャナーサプライスといった最安値航空券比較サイトにて、旅行予定日の航空券金額を検索してみると良いです。

スカイスキャナーやサプライスを利用して、シェムリアップ往復航空券を安く買う方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

タイガーエアウェイズ
海外航空券をとんでもなく安く買う方法【サプライスのクーポン随時更新中!!】

ホテル(¥24,000)

アンコール パラダイス ホテル (Angkor Paradise Hotel)の客室2

シェムリアップのホテルは日本に比べると非常に安いです。

四つ星〜五つ星ホテルの家族連れやカップル向けダブルルーム(上写真) + 朝食付きで、1泊の宿泊料金は6,000円程度(シーズンによって上下することもある)。

また、日本のホテルみたく宿泊人数1人単位での金額設定ではなく、部屋単位で金額を設定しています

そのため、例えば友達同士でツインベッドルーム(ベッド2台の部屋)に宿泊すると、一人当たりの予算はより安くなります。

「ホテルは寝るだけ」と割り切れる方であれば、1泊1,000円台の格安ホテルに宿泊して、もっと予算を低くすることも可能です。

ザ ビラ シェムリープ(The Villa Siem Reap)の客室

(1泊1,000円台の格安ホテル客室)

ただ、東南アジアの環境に慣れていない人であれば、ホテル代には十分な予算を用意して、中級〜高級ホテルに滞在することをおすすめします。

格安ホテルには、ホテル施設の老朽化や客室の狭さなど、格安である理由が存在するからです。

実際にシェムリアップにどのようなホテルがあるのかについては、以下の記事を参考にどうぞ。

アンコールワットでの朝日
シェムリアップで絶対におすすめのホテル。格安〜高級までエリア特徴と共にまとめて紹介。

観光ビザ(¥4,400)

福岡で取得したカンボジアの観光ビザ

2018年4月現在、日本人が観光目的でカンボジアに入国するには「観光ビザ」が必要です。

カンボジア観光ビザを取得するには

  • カンボジア大使館(東京)もしくは各名誉領事館(札幌名古屋大阪福岡)にて申請
    申請方法詳細は各リンクより。※2018年4月現在、名古屋の名誉領事館では観光ビザの発給を停止中)
  • シェムリアップ空港の入国審査場前(30USドル)にて申請
  • e-visa申請(電子ビザ。クレジットカード決済のみ。36USドル)

の3種類が一般的な方法です。

カンボジア大使館、各名誉領事館で取得(¥4,500前後)

海外旅行に慣れていない人であれば、東京のカンボジア大使館もしくは各名誉領事館での申請が最も安心かつ分かりやすいでしょう。

東京のカンボジア大使館では、日本全国から郵送でのビザ申請も受け付けています(要別途郵送料金)。

大使館もしくは各名誉領事館で観光ビザを取得する場合の料金は、4,500円前後です(場所や為替レートによって料金が若干異なる)。

福岡の名誉領事館では4,400円でした。

シェムリアップ空港の入国審査場前ビザ申請カウンター(30USドル)

海外旅行に慣れている人であれば、シェムリアップ空港到着後に入国審査場前にあるビザ申請カウンターで取得するのがおすすめ。

シェムリアップ空港のビザ申請カウンター

(シェムリアップ空港内のビザ申請カウンター。入国審査場前にて構えているので探さずとも見つかる)

申請料金は30USドルなので、日本の大使館等で取得するよりも安いです。

申請方法は至って簡単。シェムリアップ行き航空機内で配られるビザ申請書類の必要事項を記入後、空港内のビザカウンターにて「パスポート、申請書類、証明写真、30USドル」を提出するだけです。

(渡航前に申請用証明写真4cm × 6cmの用意と、日本の空港で30USドルを両替しておこう)

ビザ申請書類は空港内カウンターにもあります。

カンボジア観光ビザの申請用紙

申請書類提出後、5分程で観光ビザが発給されます。

特に質問されることなどはないので、英語が分からなくても問題ありません。

ただ、空港でのビザ取得は、いつ予告なしに廃止されるか分かりません。

現在そういった話は一切聞かないので安心ですが、空港でのビザ取得を予定している人は、念のためシェムリアップ空港のホームページにて、空港ビザ申請受付が行われているのかを確認しておきましょう。

参考 Passport & VisasSiem Reap Airport(英語サイト)

e-visa申請(36USドル)

観光ビザはe-visaと呼ばれるインターネット上での申請も可能です。

ただ、e-visaは手続きが面倒な上に、インターネット上だからと言って安いわけではありません(ビザ申請30USドル + システム手数料6USドル)。

そのため、個人的にはあまりおすすめではない方法です。優先順位としては最後。余程、ネット上でなければならない理由がある方のみの申請方法でしょう。

現地での支払い詳細(合計約48,300円)

現地で支払った項目は

  • 観光費(入場チケットやトゥクトゥク料金)= 340USドル(約37,000円)
  • 食費 = 60USドル(約6,550円)
  • マッサージ = 18USドル(約2,000円)
  • お土産 = 20USドル(約2,200円)
  • SIMカード = 5USドル(約550円)

の5項目。合計約48,300円

現地での支払いの多くを占めるのが観光費です。

シェムリアップでは年々観光地が整備されている一方、観光料金が目に見えて値上がりしています。

また、トゥクトゥクやバイクタクシーといった料金交渉制のドライバーも、以前よりも高く料金を提示してきているように思えます。

回る観光地を減らしたり、トゥクトゥクやタクシー等を一切使わずレンタル自転車で回ったりするなどすれば、観光費の予算も減らすことが可能です。

しかし、せっかくシェムリアップに行くのだから、見所とされる観光地はじっくり見落としなく回りたいもの。観光費の予算は十分に用意しておきたいです。

観光費(340USドル)

アンコール・ワット中央祠堂

(アンコール・ワット)

アンコール・ワットをはじめとした、シェムリアップ観光のメインとなる遺跡群は、シェムリアップ各所に点在しています。

話題の観光名所は郊外や遠方にも点在しているため、定番とされている観光ルートはある程度決まってはいるものの、人によって観光費に差が出るでしょう。

参考までに、自分が回った観光名所と各チケット・交通費を以下に記載しています。

いずれも定番中の定番とされている観光名所だけなので、多くの人が観光予定に組み込む場所です。

  • 観光1日目 = アンコール・ワット朝日鑑賞 + 小回りルート + トンレサップ湖
    (アンコール・ワットチケット料金62USドル + トンレサップ湖クルーズ 30USドル)
    (トゥクトゥクチャーター代25USドル)
  • 観光2日目  = アンコール・ワット遺跡群大回りルート + バンテアイ・スレイ遺跡
    (トゥクトゥクチャーター代25USドル)
  • 観光3日目 = ベン・メリア + コー・ケー + プレアビヒア
    (各遺跡チケット代30USドル)
    (車チャーター代170USドル)
  • 合計342USドル

アンコール・ワット遺跡のチケット料金

アンコールワット入場チケット

(アンコールワット遺跡群入場チケット)

アンコール・ワットのチケットは、アンコール・ワットをはじめとした近郊の遺跡全ての入場が可能となるチケット(フリーパスのようなもの)のみが販売されています。

(ただし、郊外の遺跡やトンレサップ湖などは別途専用チケットの購入が必要)

アンコール・ワット遺跡群のチケット種類は

  • 1日券 = 37USドル
  • 3日券 = 62USドル
  • 7日券 = 72USドル

の3種類。アンコール・ワット遺跡群の定番ルートを回るのであれば「1日券だけでは短すぎ、7日券は長すぎ」といった印象です。

そのため、自分を含め多くの人が3日券(62USドル)を購入しています。

トゥクトゥクドライバーのチャーター代相場については

  • 小回りルート = 13USドル〜15USドル
  • 大回りルート = 17USドル〜20USドル

が一般的ですが、自分のように朝日鑑賞やトンレサップ湖を加えてアレンジすることも可能です。

ただ、トゥクトゥクをはじめとした交通費は全てが交渉制なので、アレンジする場合は回る場所と料金をしっかり確認して、納得のいく金額まで交渉しましょう。

英語での交渉に不安のある方は、日本語ガイド付きのツアーを予約しておくのが安心です。

>>>アンコール・ワット遺跡群観光ツアー【日本語ガイド + ホテル送迎付き】

チケット料金、アンコール・ワット観光における効率の良い回り方、トゥクトゥクドライバーの料金相場等詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

アンコールワットと朝日
アンコールワット遺跡の回り方。効率の良い王道ルートとチケット購入場所。

トンレサップ湖のチケット料金詳細、ボートクルーズ内容については、以下の記事を参考にどうぞ。

トンレサップ湖に浮かぶ集落
シェムリアップのトンレサップ湖クルーズ。ボートツアーで水上村の生活を覗いてみよう。

郊外の遺跡は専用のチケット購入が必要。交通費が高い

プレアビヒアの第五塔門

(郊外遺跡の中で人気が高いプレアビヒア寺院)

郊外にある遺跡の入場は、アンコール・ワット遺跡群のチケットとは別に専用の入場チケットを購入する必要があります(アンコール・ワット遺跡チケットで入場できる遺跡もある)。

ただ、郊外遺跡の入場チケットは、遺跡にもよりますが安くて5USドル〜高くても20USドル程度なので、そこまで大きな出費にはなりません。

郊外遺跡観光において出費の多くを占めるのが交通費です。

遺跡によっては片道2時間以上、中には5時間や6時間もかかる場所もあります。遠いだけに往復交通費も高額。

しかし、遠い場所に限って話題となっていたり魅力の大きい遺跡が多いです。

自分の観光を例に挙げると、プレアビヒアを観光した際、ベン・メリアとコー・ケー遺跡も追加して、往復の車チャーター代が170USドルでした。

アンコール・ワット遺跡群と同様に交渉制であるため、人によってはもっと安かったり高かったりもするでしょう。

やはり、交渉に不安がある人は日本語ガイド付きのツアーを予約するのが無難です。

>>>シェムリアップ郊外遺跡のツアー【日本語ガイド + ホテル送迎付き】

プレアビヒア遺跡の魅力や入場料金、行き方の詳細については、以下の記事を参考にどうぞ。

プレアビヒアの断崖から見える景色
プレアビヒアという天空の寺院。タイとの国境紛争も発生したカンボジア世界遺産の観光。

食費(60USドル)

シェムリアップの観光客向けレストラン

(観光客向けレストラン。テラス席があって雰囲気が良い)

シェムリアップ滞在中の食費は、ホテルに朝食を付けるなら1日2食分で済みます。

1食にかかるおおよその料金は

  • 観光客向けレストラン = 1食3ドル〜5USドル
  • ローカル向け屋台 = 1食1USドル
  • ビール = 1杯1USドル
  • 水 = 0.5USドル
  • フルーツシェイク = 1USドル
  • カフェのケーキ = 2USドル程度
  • ハンバーガー + ポテト = 5USドル

といったところ。

シェムリアップという街は、観光客向けに整備された街なので、ローカル屋台よりも観光客向けレストランの方が多いです。

観光客が普通に滞在するなら、観光客向けレストランに足を運ぶ回数の方が多くなるでしょう。

自分の場合、毎日2杯〜3杯のビールを飲み、時には値段が高い料理を食べ、時にはフルーツシェイクやケーキを食べたりして、なんだかんだで60USドルほど発生しました。

観光客向けレストランのアモック

アモック。定番のクメール料理。観光客向けレストランは盛り付けも味も良いです。3.5USドル。

 

シェムリアップの屋台

屋台での料理は1品1USドル程度。屋外なのでエアコンも扇風機もなくて暑いですが、味は観光客レストランに負けず劣らずで美味しい。

 

シェムリアップのスーパーで売られている缶ビール

日本同様に缶ビールや水などの飲料水は、コンビニやスーパーで買う方が安いです。

缶ビール1本0.6USドル。水は1本0.3ドル程度。

街中や遺跡周りの観光客向けレストランになると、缶ビール1本1USドル、水は1本0.5USドル程度。

日本食は日本と変わらない値段

シェムリアップのレストランで食べた寿司の盛り合わせ

シェムリアップには、数は少ないですが日本食を提供をするレストランも存在します。

味は日本のレストランと変わりはないですが、値段も変わりないです。

上写真の寿司盛り合わせで18USドル。ラーメンは6USドル。牛丼は味噌汁付きのセットで5USドルでした。

海外にいると無性に日本食を食べたくなる瞬間がありますが、値段を考えると素直にカンボジア料理を堪能した方が良いのでは?とも思えます。

マッサージ(18USドル)

シェムリアップのフットマッサージ

マッサージは1時間6USドル。

店によっては1時間5USドルなどもありますが、殆どは1時間6USドルです。

自分が初めてカンボジアに行った5年ほど前は、1時間3USドルくらいだった気もしますが、値上がりしたのでしょうか。

ただ、日本よりは格段に安い料金なので、自分は3日間連続で毎日通いました。

オイルやハーバルボールを使った本格的なスパは1時間30USドル前後です。

シェムリアップのドクターフィッシュマッサージ

(ちなみに、角質除去で有名なドクター・フィッシュのマッサージは1時間3USドル)

お土産(20USドル)

シェムリアップのナイトマーケット

シェムリアップにはナイトマーケットが多く、お土産はナイトマーケットで全て購入可能です。

Tシャツは1枚3USドル前後。エスニック柄のバッグは15USドル〜20USドル前後。

お菓子やコーヒーの詰め合わせは5USドル前後で購入可能です。

親しい人にTシャツ数枚と、職場用のバラマキ土産を買うのであれば20USドルもあれば十分でしょう。

SIMカード(5USドル)

シェムリアップ空港のSIMカード販売カウンター

SIMカードは、シェムリアップ空港内や街中の商店で購入可能です(スタッフが全て設定してくれる)。

SIMカード会社やパッケージによって料金は異なりますが、シェムリアップ空港にて販売されているSIMカードの料金プランを例に挙げると「7日間ネット使い放題で5USドル」でした。

通話は使用できませんでしたが、LINEの無料通話が使えるので、通話プランは必要ないでしょう。

最安値のレンタルWifiはグローバルWifi(Global Wifi)

ホテルや街中のカフェ、レストラン等でも無料のWifiは利用できます。

ただ、遺跡周りや郊外にはWifiスポットが少ないため、SIMフリーの端末を持っていない人はレンタルWifiを使用した方が良いです。

海外旅行用レンタルWifiと言えば、日本では以下の3社が有名ですが、料金や容量を比較するとグローバルWifiが最もおすすめ

通信規格料金/日容量/日
イモトのWiFi
3G¥980500MB
4G¥1,580500MB
Xmobile
3G¥550300MB
3G(大容量)¥750500MB
グローバルWiFi
4G¥285250MB
4G(大容量)¥921500MB

シェムリアップ観光中は、Google Mapを使用する機会が多いです。また、FacebookやTwitter、インスタグラム等のSNSを利用している人であれば、最低でも容量は500MBないと物足りないと感じるでしょう。

500MBという数字は、LINEなら約10000通、地図アプリなら約1670回利用可能と言われていますが、体感的にはもっと少ないです。

もちろん個人差はありますが、可能な限りレストランやホテル等の無料WiFiを使うことを意識して、やっと1日持つ程度といったごくごく少ない容量と考えておいた方が良いでしょう。

そのため、容量は500MBが必須と言えます。

また、3Gと4Gでは、断然4Gの方が良いです。3Gだと肝心な時にGoogle Mapの反応が遅かったり、ライン通話が途切れ途切れになることも多くてストレスを感じます。

そのため、4Gかつ容量500MBで最もレンタル料金が安いグローバルWifiがおすすめです。

>>>グローバルWiFi

海外旅行保険はクレジットカードの自動付帯で無料にすべし

海外旅行保険自動付帯のクレジットカード

シェムリアップは海外からの旅行者が多いと言えど、治安は日本より決して良くありません。

外務省の海外安全ホームページによれば、現在はカンボジア全域においてレベル1(十分注意して下さい)なので大きな心配はいらないと言えるでしょう。

ただ、海外旅行保険の加入は必須と言えます。

カンボジアの交通ルールは日本人から見れば「無茶苦茶」と言える有様ですし、旅行者が多いだけに携行品を狙ったひったくり等の犯罪が多いのも事実。

都市部や観光地を中心に,ひったくりやスリ,置き引き等の一般犯罪が多発しています

特にひったくり事件は,日本とは全く態様が異なり,時間帯(朝,昼,夜)・場所(大通り,裏通り,通行量)を問わず発生しているほか,バッグをたすき掛けにしたり,車道とは反対側に持つなどの対策を取っていたにもかかわらず,強引に奪い取られ,怪我を負う被害が発生しています。

ついては,カンボジアに渡航,滞在を予定されている方は,単独行動や夜間の外出は避け,バッグなどの荷物は極力持たない,タクシー等の自動車を利用する,周囲への警戒を怠らないなど,不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください
また,カンボジアの経済発展に伴い,ビジネスに絡む詐欺事件等も報告されるようになっていますので,注意が必要です。

外務省 海外安全ホームページ

シェムリアップ旅行中、ひったくりやスリ等に遭わないため意識しておきたい防犯対策については、以下の記事を参考にどうぞ。

お金を支払う
海外旅行中における現金の盗難防止対策はコレだけ!リスク分散とターゲットにならない振る舞い。

海外旅行保険への加入は、大手旅行代理店であれば4泊5日のプランは2,000円前後です。

大した金額ではありませんが、海外旅行保険自動付帯のクレジットカードを持っておく方が何から何までお得と言えます。

>>>海外旅行傷害保険付帯のクレジットカード

海外旅行保険自動付帯とは、そのクレジットカードを持っておくだけで、海外旅行の保険を無料で利用できるというサービスです。

有料で海外旅行保険に入るより、クレジットカードを持つだけで保険が使えるのであれば、持っておかない手はありません。

上記の海外旅行保険自動付帯クレジットカードは、入会費と年会費も無料であるため、文字通り無料で海外旅行保険を利用できます

加えて、クレジットカードがあれば、万が一現地で現金を紛失してもATMでのキャッシングが可能です。

現金紛失時の保険にもなるので、海外旅行時は持っておく価値があると言えるでしょう。

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード詳細については、以下の記事を参考にどうぞ。

エポスカードの海外旅行保険
エポスカード海外旅行保険の内容と実際に何かあった時の使い方。

予算は多めに。贅沢するつもりの方が旅行は楽しめる

観光客向けレストランのビール

カンボジアのような値段が交渉制であることが多い国では、酔っている時など気分が良いと、多少高いと感じても気を良くしているので多めに支払ってしまうことが多いです。

また、求められてもいないのにチップを払うこともしばしば。

悪いことではないのですが、気がつくとお金が残ってないという事態になっていることがよくあります。

そのため、ある程度自分で必要な予算を計算したら、更に+2万円くらいを持っていくつもりで考えておきましょう

また、カンボジアの物価は日本より総じて安いので、贅沢しないともったいないです。

郊外への観光交通費が少々高くても、次いつシェムリアップに行けるか分からないので我慢せずに観光しましょう。

ご飯やマッサージなどは、食べたい・受けたいと思った時は、惜しみなく行きましょう。それが、シェムリアップ旅行を最大限楽しむコツです。

円安状態が続いていますが、できるだけ多めの予算でシェムリアップを余すことなく満喫して欲しいと思います。

【関連記事】

シェムリアップ空港から市内のホテルへの移動方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

シェムリアップ国際空港
シェムリアップ空港から市内のホテルへの行き方【タクシー & トゥクトゥク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です