プノンペンでのお土産選びはここ!日本語の説明書きがあるイオンのニョニュムショップ。

ニョニュムショップで購入したお土産

(ニョニュムショップで購入したお土産)

プノンペンにはお土産を買えるショップやマーケットが多々存在しますが、商品を日本語で解説している店というのは多くありません。基本は全て英語です。

そのため、英語やクメール語が分からなければ、気になる物を見つけても使用用途やブランド背景、味などが分からないこともしばしば。

せっかくなら、その土地にしかない物や食品に関する知識をふまえた上で、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら楽しんでお土産を選びたいですよね。

そこで、プノンペンでお土産を探すのであれば、日本人オーナーが運営する日本人に合うものだけをセレクトしたお土産屋「ニョニュムショップ(NyoNyum Shop)」へ行ってみることをおすすめします。

ニョニュムショップとは、カンボジア全土から集めたお菓子や陶器、服、雑貨、アクセサリー、コスメ等を集めたセレクトショップです。

イオンのニョニュムショップ2

様々なジャンルのお土産(カンボジア産の物ばかり)が揃えられている上に、なんと日本語の解説ポップが貼られています

ニョニュムショップにある日本語の解説書き

お菓子一箱6USドル前後、Tシャツ一枚15USドル前後、アクセサリー10USドル前後など、値段はそれほど高くありません。

なので、プノンペンでのお土産選びはニョニュムショップだけで全て事足ります。イオンモールの中にあるので、涼しい上にご飯ついでにお土産選びできるのもメリット。

今回の記事では、ニョニュムショップが入店しているイオンモールの場所や、ニョニュムショップで売られている物を紹介します。

バラマキ用にも自分へのお土産用にも是非。

ニョニュムショップ イオンモール店の場所

イオンモール プノンペンの外観

(イオンモール プノンペンの外観)

ニョニュムショップは、プノンペン随一のショッピングモール「イオンモール プノンペン 1号店(AEON MALL PHNOMPENH)」の1階に入店しています。

以下はイオンモール プノンペンの場所を記したGoogle Map

多くの旅行者が滞在するリバーサイドやボンケンコンエリアからのアクセスは、トゥクトゥクで高くても2USドルといったところ。

プノンペン市街北部には、イオンモールがもう1店舗存在しますが(イオン2号店)、ニョニュムショップが入店しているのは上MAPに記しているイオン1号店なので間違えないよう要注意。

イオンのニョニュムショップ 外観1

(ニョニュムショップ。イオンモール1階の中央あたりに入店しています)

おすすめのカンボジア土産

ニョニュムショップ イオンモール店の広さは10坪弱といったところでしょうか。こぢんまりとした店内に所狭しとお土産が並んでいます。

コンポンチュナン焼き(Kampong Chhnang Pottery)

ニョニュムショップで売られていたコンポンチュナン焼き

カンボジアを代表する陶器。

元々は「クメール焼き」という名称でクメール王朝時代から存在していましたが、時代の変化や内戦による知識人・頭脳階級の粛清の影響で技術が失われ一時期は減少していた陶器とのこと。

そこで2009年、日本財団の援助による「カンボジア伝統陶器復興プロジェクト」を発端に、陶器が盛んだったコンポンチュナン州にて、日本人支援のもと失われた技術を取り戻すため、日本人陶芸家達がカンボジア人に技術を伝授しました。

日本の技術とカンボジアの伝統が生み出した新しい陶器です。

ニョニュムショップで売られていたコンポンチュナン焼き2

コンポンチュナン焼きの特徴は、全てカンボジアの天然材料を使用したハンドメイドである点。

手に取って見ると、カップにはカンボジアらしいレリーフや模様が入っていたり、デザインが多彩で見た目も品質もかなり良い。

プレートやスープカップ、急須、小皿など普段使いできるものばかりなのでお土産としては最適でしょう。

ノムトムムーン

ニョニュムショップのノムトムムーン

カンボジアの日常的なお菓子「ノムトムムーン」をお土産用に包装・箱詰めにして販売されています。

このノムトムムーンというお菓子、試食できるので是非試してみて欲しいのですが、まあ美味しいことこの上なしです。ココナッツミルクやパームシュガー、タピオカ粉がふんだんに使われていて甘いです。

コーヒーやお茶に合う味。6USドル程度で8本入りの箱が買えるので、バラマキ土産には最適です。

Ashiのポーチ

ニョニュムショップで売られているAshiのポーチ

バナナの茎の繊維を加工した紙で作られているポーチ。「バナナペーパー」と呼ばれ、テレビでも紹介されたことがあります。知っている人も多いのではないでしょうか。

低融点ポリエステルが含まれているため、紙とは言え濡れないですし、型崩れにも強いです。長年使えます。実際に触ってみたのですが、何より肌触りが良い。

東南アジアらしくバナナの葉や象、カンボジアの国旗などがデザインされているため、見た目も可愛いです。リップポーチとして使うのに丁度良いくらいの大きさ。女性へのお土産にいかがでしょうか。

ハリハラ(HARIHARA)のアクセサリー

ニョニュムショップで売られていたHARIHARAのアクセサリー

シェムリアップ在住の日本人の方が作ったブランド。全て手造りでオリジナルデザインなのが特徴。

カンボジアの伝統的な織物「クロマー」で作られたハンカチやタオル、鮮やかな色合いのイヤリングなど。一つ一つの商品のデザインが異なるので選ぶのが楽しいです。

全てのデザインはオーナーである稲元 茉莉子さんが手がけているとのこと。かなりのセンスです。惚れ惚れします。

HARIHARAは、シェムリアップのアンコールナイトマーケットにも店舗を構えているので、シェムリアップ訪問も予定している人は是非足を運んでみましょう。

ちなみに、プノンペンでHARIHARAを買えるのはニョニュムショップだけ。

スイジョー(Sui-joh)のバッグ

ニョニュムショップで売られていたスイジョー(Sui-joh)のバッグ

2012年、プノンペンを拠点に誕生したファッションブランド。「カンボジアから世界に発信できるブランド」をコンセプトにシャツやバッグ、ネクタイ、アイフォンケースなどを全てテイラーの手で一点一点作っています。

バッグ一つ一つのデザインは一見シンプルですが、裏地にはカンボジア織物「クロマー」が配されていてお洒落。洗練されているのが分かります。

公式ブログによれば、

カンボジアや東南アジアでのオーダーでありがちな
「なんとなく違うんだよな」を無くしたクールな商品

を作っているとのこと。

カンボジアって普段使いできるようなデザインの物が少ない(安っぽいものが多い)ですが、これなら全然日本でも使えます。

カンボジアコーヒー

ニョニュムショップで売られていたカンボジアコーヒー

カンボジアの山岳地帯「モンドルキリ州」という、コーヒー豆の産地で有名な場所で取れたコーヒーをドリップバッグにしたお土産。

カンボジアのコーヒーと聞いてもピンと来ないし、人によっては安物に感じられるかもしれませんが、このコーヒーは上質です。

味は酸味よりも甘味が全面に出ています。砂糖を入れていないのに甘味を感じる不思議な味。ちょっと濃い目のチョコレートといったところでしょうか。コクもあって楽しめます。朝や寝る前のスッキリしたい時間帯に飲むと調子良いです。

5パック入り6USドルで販売されているので、コーヒー好きは是非。

バラマキ土産の定番。カンボジアクッキー

ニョニュムショップで売られていたカンボジアクッキー

バラマキ土産に迷った時はコレ。アンコールワットの形をしたカンボジアクッキー。味はごくごく普通のクッキーですが、アンコールワットの形をしているのでカンボジアっぽさは全開です。

1箱6USドルで12個入っているので値段も手頃。職場へのお土産にどうぞ。

センス抜群カンボジアTシャツ

ニョニュムショップで購入したTシャツ

個人的に気に入ったTシャツ。エスニックなデザインがカッコいい。1枚15USドル。自分用に購入しました。

カンボジアTシャツのデザイン

セントゥールドゥアンコール(Senteurs d’Angkor)のコスメ

ニョニュムショップで売られていたSenteurs d’Angkorのコスメ

フランス語で「カンボジアの薫」を意味するブランドのコスメ。キャンドルや石鹸、オイルなどをシリコンや着色料を一切使わず、全てカンボジア人が手作業で作った自然由来の物だけを揃えています。

色とりどりのキャンドルは1個7USドル。南国らしい香りのオーガニックソープなどリラックスできる物がたくさん。パッケージも可愛いくてお土産に最適。

ニョニュムショップの営業時間と店舗詳細情報

ニョニュムショップの何が良いかと言うと、1店舗に全てがまとまっているところです。普通、こうしたお土産は各カテゴリーごとに店舗が存在しているので、色々と歩き回ってお土産を探すことになります。

しかし、ニョニュムショップは良い物だけをセレクトした店なので、ここだけで全てのお土産が事足りてしまうんですね。

暑い中プノンペンの街を歩き回らなくて済みます。とにかく便利なので、プノンペンでのお土産探しの際は是非足を運んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。