ニマンヘミン通りはチェンマイでおすすめの街歩きスポット。雰囲気の良いカフェやホテルを紹介するよ。

ニマンヘミン通りの雑貨屋

ニマンヘミン通りは、チェンマイの街歩きスポットとして人気の場所です。

今回の記事では、ニマンヘミン通りにあるおすすめ飲食店や雑貨屋、ホテルを紹介します。

これからチェンマイに訪れる人は、是非参考にして頂けたらと思います。

ニマンヘミン通りとは

ニマンヘミン通り2

マヤライフスタイル ショッピングモール前で開催されているナイトマーケット)

ニマンヘミン通りは全長約1.6kmの大通りで、Soi(ソイ)と呼ばれる小道が17本伸びています。

大通り沿いと各Soiの中には、雑貨屋・洋服屋・レストラン・ホテルが立ち並んでいます。

お店の数がとても多いのですが、東南アジアらしくところ狭しと物が並ぶ雑多な雰囲気ではありません。

歩道が広々としていてゴミがあまり落ちていないので、散歩するのが気持ち良い通りです。

 

ニマンヘミン通りの雰囲気を例えるなら、東京で言う代官山と原宿のキャットストリートを足して2で割ったような感じでしょうか。

通りにある店はいずれも外壁がカラフルで、ショーウィンドウから見えるエスニックなアイテムが目を引きます。

適当に歩いているだけで、次から次へと気になる店が見つかるので、全く飽きることがない通りです。

ニマンヘミン通りのお洒落なお店 オブジェ 象のお店 日中のニマンヘミン通り ニマンヘミン通りのフラフィティ

(お店の外観や店先のオブジェも特徴的。外壁にはレベルの高いグラフィティアートが描かれている)

 

観光客は中国・韓国を中心にアジア人が多かった印象があります。感性の違いからでしょうか、欧米系の白人観光客はあまり見かけませんでした。

ニマンヘミン通りへのアクセス

チェンマイ中心街のMAP

(赤色のラインがニマンヘミン通り)

ニマンヘミン通りは、チェンマイ市街の中心にある旧市街(緑色で囲まれた部分)から、西側へ1.5kmの場所に位置します。

ニマンヘミン通りからチェンマイ旧市街やチャンクラン通りへは、トゥクトゥクやソンテオで移動できます。

レンタルサイクル・バイク店も多いので、自転車やバイクでチェンマイ市街全体を周ると安上がりです。

 

バスステーションや空港からは、距離にして3km〜6km程度。

トゥクトゥクやソンテオを使って、バスステーションもしくは空港からニマンヘミン通りへアクセスする場合の料金は100バーツ〜300バーツです。

運転手に場所を伝える時は、ホテル名もしくは「ニマンヘミン Soi◯◯」と言えば大抵は理解してくれます。

 

ニマンヘミン通りを含めチェンマイを観光する時は、Google Mapを使えるようにしておくと便利です。

タイでスマートフォンを使う方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

タイでスマホを使う方法。プリペイドSIMカードとレンタルWiFi。
(true moveのSIMカード)タイ旅行中にスマホを使うタイ旅行中にスマホを使うには、主に以下4つの方法が挙げられます。 ホテルやレストラン等のFree Wi-fiを使う プリペイドSIMカードを挿入して使う レンタルWi-fiを使う 国際ローミングを使用する⑷の国際ローミングは一番...

ニマンヘミン通りにあるおすすめの飲食店・カフェ・洋服屋

婦人用のお洒落なお店

ここでは、自分が個人的に気に入った飲食店・カフェ・洋服屋を紹介します。

洋服屋は自分と同じ趣味の人しか合わないと思いますが、飲食店とカフェは世代に関係なく楽しめるでしょう。

ニマンヘミン通りのMAP

<地図の使い方>

  • 地図を大画面で見るには、右上の「」を押します
  • 地図を縮小・拡大するには、左下の+と−を押します
  • アイコンをクリックすると各施設の写真と営業時間を表示します
  • 番号1〜2はおすすめのホテルです

おすすめのカフェ

シーズンスウィート(Season Sweet)<地図上緑色のコーヒーマーク>

シーズンスウィート

可愛らしいマスコットが店頭に立っているカフェ。自分の彼女がマスコットに惹かれたので入ってみました。

外観の通り、店内も女性受けしそうな可愛らしい雰囲気。

シーズンスウィートの店内

 

メニューにはコーヒーやデザート、軽い軽食もあります。値段は1品100バーツ前後から。

この時はかき氷のタイティー味を注文しました。

かき氷 タイティー味

(タイティー味のかき氷。値段は79バーツ)

ここのかき氷は量が結構多いので、2人で1品注文した方が良いです。

自分と彼女は知らずに1人1品で注文したので、半分くらい残しました。味自体は思ったより甘くなかったので食べやすかったのですが。

可愛い雰囲気が好きな人におすすめの場所です。

・営業時間/12:00PM〜20:00PM 定休日/水曜日

トムアンドトムズ(Tom N Tom Coffee)<地図上黄色のコーヒーマーク>

トムアンドトムズ

韓国発の24時間営業のカフェチェーン「トムアンドトムズ」

バンコクでも見かけるので、これと言って”ニマンヘミンならでは”な特徴はありません。

ただ、<地図上番号2>の1 ニンマン ギャラリー ホテル (1 Nimman Gallery Hotel)から近いので、同ホテルに滞在している時は、深夜までパソコン作業をするのに便利な場所でした。

無料でWiFiを使えるので、ノマドワーカーはチェックしておくと良いと思います。

カオソーイニンマン(Kao Soi Nimman)<地図上どんぶりマーク>

カオソーイニマンヘミン

ニマンヘミン通りには似たようなカオソーイのレストランがいくつかありますが、その中でもSoi6にあるこのカオソーイニンマンは群を抜いて美味しかったです。

カオソーイニマンのカオソーイ

(Kao Soi Kai Jeaw。75バーツ)

厚揚げのような物が乗っているカオソーイ。店員に聞いたら一番のおすすめだというので食べてみました。

少し辛いので水が必須ですが、ココナッツスープの甘みと厚揚げの食感が抜群です。

食べていく内に辛さにも慣れ、そこからはただただ美味しい。

ニマンヘミン通りに限らずチェンマイ市街にあるカオソーイ屋はいくつか行きましたが、その中でも個人的に上位に入る美味しさでした。

辛い物が余程ダメな人以外は是非挑戦してみてほしいです。

メニューが多いので、次回は他のカオソーイにも挑戦してみたいと思います。

カオソーイニマンのメニュー

・営業時間/11:00AM〜20:00PM

マヤライフスタイル ショッピングモール<地図上緑色の買い物かごマーク>

マヤライフスタイルショッピングモール

地下を入れて合計7階立ての巨大ショッピングモール。

売っている物はバンコクでも見かけるブランドが殆どなので、買い物に関しては特に旅行者が反応する物はありません。

しかし、4階にFujiやよい軒といった日本食のレストランチェーンが数軒入っているので、大手チェーンの日本食が恋しくなった時に駆け込めます。

マヤライフスタイルショッピングモール内

・営業時間/10:00AM〜0:00AM

おすすめのセレクトショップ

Galaxy<地図上オレンジのハンガーマーク>

Galaxyの外観

ストリート系の服を中心に扱っているセレクトショップ。Supremeなどの有名ブランドも取り扱っています。

バンコクのセレクトショップより品数は少ないですが、Tシャツが1枚600バーツからと値段は安め。

チェンマイにあるセレクトショップの中では優秀です。ストリート系好きは是非立ち寄りたい。

・営業時間/11:00AM〜21:00PM

Ruby & gnome<地図上茶色のハンガーマーク>

Ruby gnomeの外観

品揃えが良いセレクトショップ。特にReasonというブランドの服が多かったです。

価格はTシャツ1枚1,290バーツとやや高めですが、上で紹介したGalaxyよりカッコイイ服が多いです。

ストリート系好きならGalaxyと合わせて買い物に行きたい。

・営業時間/月曜-木曜 11:00AM〜21:00PM/金曜-土曜 11:00AM〜22:00PM/日曜 11:00AM〜20:00PM

ニマンヘミン通りのおすすめホテル

ニマンヘミン通りは飲食店やコンビニが多く、またソンテオを簡単に捕まえられるので、旅行中の滞在場所としては非常に良い環境です。

チェンマイの街歩きを十分に楽しみたい人には、ニマンヘミン通りに数日滞在してみることをおすすめします。

ここでは、ニマンヘミン通りにある手頃な値段で快適なホテルを紹介します。

今回紹介するホテルも含めて、チェンマイ観光に便利なホテル全てを以下の記事でもまとめてます。

ホテルを探している人は、以下の記事をチェック!!

チェンマイのおすすめホテル。場所が便利でリーズナブルな6軒を厳選。
チェンマイはタイの中で人気な観光地ですが、バンコクのようにBTSやMRTといった電車が走っていません。そのため、土地勘のない旅行者はツーリストエリアと呼ばれる、旅行者用の施設が連なっているエリアに宿泊するのが一般的です。ツーリストエリアには、ナイトバザールやお洒...

ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマン (The Empire Residence Nimman)<地図上番号1>

ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンの外観

ニマンヘミン通りSoi6に位置する4つ星クラスのホテル兼サービスアパート。

スタッフの愛想が良く、またニマンヘミン通りの中心というロケーションのため、非常に過ごしやすかったです。

部屋の雰囲気も良く、4つ星の割には値段も安いので、コストパフォーマンスが高いホテルです。

 

ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンのエントランス

エントランス

 

ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンの客室3 ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンの客室4 ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンの客室2

縦長に広く、清潔感のある客室。サービスアパートということだけあってホテルのような豪華さはありませんが、広々としているので快適に過ごせます。

 

ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンの冷蔵庫

大きめの冷蔵庫を完備。

 

ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンのシャワールーム ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンのアメニティ

シャワールームも清潔感があり、アメニティも完備しています。

贅沢を言えばバスタブも欲しかったですが、普段からシャワーしか浴びないので概ね快適でした。

 

ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマンのバルコニー

バルコニー付き。シャワー後、ビール片手に夜風に当たると最高に気持ちが良いです。

 

ホテルスタッフの対応も良く、また周辺は静かなので何かと安心感のあるホテルです。

バンコクにもこのくらい低価格でグレードの高いホテルがあれば嬉しいですが、安い値段で良いホテルに泊まれるのはチェンマイなどの地方都市のみの特権と言えるでしょう。

普段は四つ星クラスのホテルに泊まれる機会が中々ないので、良い経験になったと思います。

ホテルの詳細は以下より確認可能です。

>>>ザ・エンパイヤ レシデンス ニンマン (The Empire Residence Nimman)

1 ニンマン ギャラリー ホテル (1 Nimman Gallery Hotel)<地図上番号2>

1 ニンマン ギャラリー ホテルの外観

山岳民族衣装を思わせるデザインが、所々に散りばめられている素敵な雰囲気のホテル。

客室のデザインを重視してホテルを選ぶ人は気に入ると思います。

ただし、宿泊料金は安いですが階段がないのが欠点。とは言っても、低層階の部屋での宿泊希望さえしておけば快適に過ごせます

 

1 ニンマン ギャラリー ホテルの客室1 1 ニンマン ギャラリー ホテルの客室2

ベッドの柄や壁の木目が、山岳民族の衣装のような雰囲気を感じさせてくれます。

 

1 ニンマン ギャラリー ホテルの枕クッション 1 ニンマン ギャラリー ホテルのオブジェ 1 ニンマン ギャラリー ホテルの照明

クッションの柄やオブジェ、照明カバーなどの細部も凝ったデザインでお洒落。

デザインが程よく散りばめられているのが良いです。

 

1 ニンマン ギャラリー ホテルのコーヒー 1 ニンマン ギャラリー ホテルの収納

無料のコーヒーとクローゼット

 

1 ニンマン ギャラリー ホテルのシャワールーム1 1 ニンマン ギャラリー ホテルのシャワールーム2

シャワールームも清潔感があるので快適。

 

1 ニンマン ギャラリー ホテルのエントランス

エントランスにも何やら色々なオブジェがあって、まるで骨董品屋のようでした。

 

ニマンヘミン通りの中では比較的ランクの低いホテルですが、安い割にはデザインと雰囲気が良かったので当たりのホテルだと思います。

詳細は以下より確認可能です。

>>>1 ニンマン ギャラリー ホテル (1 Nimman Gallery Hotel)

 

ニマンヘミン通りにあるその他のホテルについては、以下より確認可能です。合わせて参考にどうぞ。

>>>ニマンヘミン通りにあるホテル一覧

雑感

ニマンヘミン通りには、この記事だけでは紹介しきれない程、お洒落な店がまだまだあります。

旅行という短期間だけの滞在では、全てを満喫するのは中々難しいですが、1日使って歩いてみればきっと気に入る店が見つかるでしょう。

チェンマイの中では(良い意味で)異質な空気を放っているエリアなので、是非一度じっくり歩き回ってみてほしいと思います。

お土産探しにも最適ですよ。

 

【関連記事】

チェンマイ観光の完全ガイド。旅行前に知っておきたいチェンマイの基礎知識をまとめました。

チェンマイ観光で絶対に行きたい観光地と移動方法。北方のバラを満喫しよう。
(チェンマイの観光地として名高い「ドイステープ寺院」)チェンマイは、バンコクに次ぐ第二の観光都市です。「北方のバラ」とも称される気品のある街並み、点在する古寺、郊外には自然アクティビティが混合していて、タイの他の地方都市では味わえないゆったりとした時間の流...

チェンマイ郊外のおすすめ観光地。市街からのアクセス方法、またチェンマイの宿泊ホテルへの送迎 + 日本語ガイド付きツアーも紹介しています。

チェンマイにある首長族の村。車でわずか30分!カレン族に会いに行こう。
タイで首長族に会うには、ミャンマーとの国境近くにある町メーホンソンから、ツアー等を利用して彼女らの村に行くのが最もポピュラーな方法です。しかし、観光地として有名なチェンマイの郊外にも、実は首長族の村がいくつか存在します。首長族の村は、チェンマイの中心街から...
チェンマイのメーサーエレファントキャンプ。チェンマイで象乗りをするならここしかない!
タイ国内にはエレファントキャンプやエレファントヴィレッジと呼ばれる、象乗り体験を楽しめる観光スポットが各所にあります。 アユタヤのエレファントキャンプの記事でも書いたように、タイでは昔から象が戦争や森林伐採において人間の役に立っていました。現在、戦争や...
ニマンヘミン通りの雑貨屋

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です