凄すぎ!プライオリティパスが無料で手に入る楽天プレミアムカード。空港ラウンジを無料で使おう。

マカオ空港のラウンジ

(マカオ空港内のラウンジ)

空港内には、空港に早めに到着した時や、乗り継ぎ先で飛行機の搭乗時間を待っている間、一般の待合エリアよりも静かで優雅な時間を過ごせる場所があります。

ラウンジと呼ばれる特別待合室です。

ラウンジにはそれぞれの場所で定められた利用条件があり、基本的にはファーストクラス・ビジネスクラスの乗客、もしくは提携のゴールドカードかプライオリティパスを提示することによって初めて利用可能となります。

搭乗時間を待つ間、カフェやレストランで粘るのに少々難がある時、ラウンジは駆け込み寺のような存在になってくれます。

そこで、この記事では空港ラウンジの種類と利用方法、また通常は4万円近くかかるラウンジ利用の会員カードプライオリティパスを無料で入手する方法を述べていきます。

空港のラウンジの種類と利用条件

空港のラウンジには大きく分けて以下の2種類が存在します。

  1. 航空会社運営のラウンジ
  2. クレジットカード会社運営のラウンジ

どちらの会社が運営するラウンジも、保安検査入り口以降の制限エリア内にあったり、検査入り口以前の非制限エリアにあったりと、立地条件は空港によって様々です。

但し、ラウンジ空間の雰囲気やサービス内容、また利用条件には明確な違いがあります。

航空会社運営のラウンジ

(成田空港のANAラウンジ)

航空会社運営のラウンジは、マイレージの上級会員であるか、ファーストクラス・ビジネスクラスの乗客であることが主な利用条件です。

ラウンジにもよりますが、基本的には無料で食事やアルコール提供のサービスを受けることができます。

大きなラウンジになると、シャワールームや仮眠室なども備えられており、搭乗前の準備を気分的にも万全にしておけます。

電子機器用の充電コンセントが充実しているのもありがたい。

ただし、航空会社運営ラウンジは国内の地方空港には少ないです。

クレジットカード会社運営のラウンジ(カードラウンジ)

クレジットカード会社運営のラウンジは、航空会社や搭乗クラスに関係なく、航空券とゴールドカードを提示すれば利用できます。

ラウンジによっては、ゴールドカードを所持していなくても有料(3,000円前後)で利用できる場所もあります。

航空会社運営のラウンジより敷居が低いせいか、利用客は多い。

また、ソフトドリンクは無料ですがアルコールは2杯目以降は有料だったりと、サービス面においても航空会社運営ラウンジには劣ります。

各ラウンジ提携会社のゴールドカード会員であることが利用の基本条件ですが、ゴールドカード会員は年会費が1万円以上するものが多いため、カードラウンジ利用のためにわざわざゴールド会員になる人は少ないでしょう。

プライオリティパスとは

プライオリティパス

プライオリティパスとは、提示するだけで上記2種類のどちらのラウンジも利用できる会員カードです。

ただし、全世界の空港にある全てのラウンジが利用できるというわけではなく、プライオリティパスの提携先ラウンジのみとなります。

提携しているラウンジは世界120ヶ国、400都市、950ヶ所以上にもわたります。

プリオリティパス 世界の提携ラウンジ

例えば、タイ/バンコクのスワンナプーム国際空港内だけでも、プライオリティパスで利用可能なラウンジが7ヶ所もあります。

成田国際空港であれば、ターミナル1に3ヶ所。ターミナル2に2ヶ所の合計5ヶ所の提携ラウンジを設けています。

(対象のラウンジはプライオリティパスの公式サイトから検索可能。検索ボックスに都市名を入れると各空港の提携ラウンジが表示される)

プライオリティパスを所持していない場合、空港ラウンジを利用するには、上で述べた利用条件を満たしている必要があります。

しかし、空港利用者の中には上記の条件を満たしてない人も多いはずです。

そこで、プライオリティパスの会員になって、これまではカフェやレストランで粘るしかなかった長い待ち時間を、航空会社運営のラウンジで快適に過ごす人が増えてきました。

但し、プライオリティパスは年会費が高い

しかし、プライオリティパス会員になるにあたってネックとなっていたのが、高額な年会費です。

プライオリティパス年会費一覧

1ドル=100円と計算しても、何回でも無料で利用できるプレステージ会員は約4万円もの年会費がかかります。

スタンダート・プラス会員であっても年会費は約2万5千円です。

2万5千円もあれば、安い航空券なら往復分の料金を補えます。

たとえ乗り継ぎで搭乗までの待ち時間が10時間以上あったとしても、プライオリティパスの年会費を払うくらいなら、空港のカフェで粘ったりロビーの公共シートで何とか寝て時間を潰す人の方が多いでしょう。

しかし、このネックとなる部分を解決し、今では多くの人がプライオリティパスを手にすることになったサービスがあります。

それが、楽天プレミアムカードプライオリティパス・プレステージ会員自動付帯サービスです。

楽天プレミアムカードでプライオリティパスを手にいれる

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードとは、楽天グループのクレジットカード会社である楽天カード株式会社が展開しているクレジットカードです。

楽天カード株式会社が展開しているカードには

  1. 楽天カード
  2. 楽天ゴールドカード
  3. 楽天プレミアムカード

の3種類があります。

プライオリティパスが自動付帯するのは楽天プレミアムカードのみです。

 

楽天プレミアムカードはクレジットカードにおけるランクとしては「ゴールド」に格付けされます。

プライオリティパスは、楽天プレミアムカードに入会後、別途申し込みをすることによって無料で受け取ることができます。

楽天プレミアムカードの年会費

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円(税込)です。

単独でプライオリティパスのプレステージ会員になることを考えた場合、差額の約3万円がお得になります。

10,800円という年会費が高い・安いと感じるかは個々の感覚次第ではありますが、プライオリティパスが自動付帯される他社クレジットカードと比べると一番安い年会費であるのは間違いありません。

プライオリティパスが自動付帯される他社クレジットカードには

  1. セゾンプラチナ
  2. MUFGカード

が存在しますが、2社とも年会費が20,000円(税抜き)かかります。

従って、現状最も安い方法でプライオリティパス・プレステージ会員になる方法は楽天プレミアムカードに入会することなのです。

入会初年度は実質無料で利用できる

楽天プレミアムカードは、加入のタイミングによって多少の差はありますが、5,000〜最大で13,000の楽天ポイントが還元されます。

楽天ポイント還元

※記事執筆当時 2016年10月現在

還元された楽天ポイントは、楽天市場をはじめとしたインターネットショッピングや、楽天ポイント加盟店でのリアル店舗でも現金の代わりとして1ポイント=1円で使用することができます。(対象店舗は楽天ポイントの対象サービスを参考に)

初めて楽天会員になる人でも、規定の日までに1回1円以上の利用があればレギュラー会員として3,000ポイントを貰えます。

そのため上記の特典1〜3を利用すれば、初年度に限っては実質無料でプライオリティパスを利用できます。

ただ、ポイントの還元サービスは加入時期によって還元されるポイントが多少上下することがあるので、詳しい還元ポイント数は加入前に確認しておく必要があるでしょう。

しかし、ここしばらくは最低でも5,000ポイント〜最大で10,000ポイントは還元されています。

空港ラウンジを無料で利用したい人は、還元ポイントが多いうちに加入しておくと良いでしょう。

>>>楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードにおけるその他の特典・サービス

楽天プレミアムカードのコース選択

楽天プレミアムカードでは、加入時に以下3つのサービスの内1つを選択することになります。

  1. 楽天市場コース
  2. トラベルコース
  3. エンタメコース

上記3つのコースは、選んだコースによって楽天プレミアムカードの普段使いで発生するポイントが増えやすくなるというものです。

プライオリティパスのみが目当てで、楽天プレミアムカードを普段使う予定のない人には関係のないサービスです。

しかし、せっかく加入するのであれば知っておいて損はないかと思います。

ちなみに、3つのコースの中ではトラベルコースが一番サービス内容が濃ゆいです。

特にどのコースでも良いという人はトラベルコースに入っておくのが無難かと思います。

楽天市場コース

毎週火曜日・木曜日のプレミアムカードデーに楽天市場で買い物をした場合に+1ポイント加算されます。

日頃から楽天市場で買い物する機会が多い人に向いているコースです。

トラベルコース

楽天トラベルでオンライン決済をすると+1ポイント加算されます。

また、年2回のみ自宅⇆空港間で荷物の宅配サービスを無料で受けることができます。

エンタメコース

楽天SHOWTIMEで楽天プレミアムカードを利用すると+1ポイント加算されます。

楽天プレミアムカードのブランド選定(MasterCard/JCB/VISA)

楽天プレミアムカード

  1. MasterCard
  2. JCB
  3. VISA

のいずれかよりブランドを選定します。

ブランドによって年会費が変わることはありませんし、空港ラウンジの利用はプライオリティパスだけ提示すれば良いです。

そのため、ラウンジ利用のみが目的の人は特にブランドにこだわる必要はありません。

しかし、海外で使用することを考えた場合は、使用可能店舗が圧倒的に多い(世界第1位)のVISAを選んでおくと良いでしょう。

国内でクレジットカードが使える場所においても、ほぼVISAは使用可能です。

海外旅行保険の自動付帯

楽天プレミアムカードの海外旅行保険自動付帯

(楽天プレミアムカードの海外旅行保険付帯内容)

多くのクレジットカード同様に、楽天プレミアムカードにも海外旅行に携帯するだけで上記内容で保険が自動付帯されます。

海外旅行保険において最も重要視されている

  • 傷害治療保険金(旅行時に発生した怪我の治療)
  • 持病治療保険金(旅行時に発生した風邪や感染症などの治療費)

は、各300万円で組まれています。

エポスカードの海外旅行保険内容の記事でも述べましたが、クレジットカードに付帯されている保険金額は、保有している他のクレジットカードと合算させることができます

楽天プレミアムカードの保険金のみでも個人的には十分ですが、エポスカードのような年会費・発行費が完全無料のクレジットカードを合わせて保険金を合算させておけば、海外旅行時の安心感がより高まるでしょう。

海外旅行保険やエポスカードについては以下の記事を参考にどうぞ。

エポスカード 竹内豊
エポスカード海外旅行保険の内容と実際に何かあった時の使い方。

実際に空港ラウンジを利用してみた感想と利用方法

マカオ空港のラウンジ

今回自分は、福岡からバンコクへ行くまでの間マカオを経由することになり、マカオで乗り継ぎの待ち時間9時間を過ごすために空港ラウンジを利用しました。

まず、事前にプライオリティパスの公式サイトで「MACAU」と入力し、マカオ空港内にある提携ラウンジを検索。

マカオ空港ラウンジ 検索結果

マカオ空港でプライオリティパスが利用できるラウンジはこの1ヶ所のみでした。

ちなみに、提携ラウンジの検索は以下のアプリからも可能なので事前にダウンロードしておくと便利。

Priority Pass

Priority Pass
無料
posted with アプリーチ

受付に入りパスと搭乗券を提示するとレシートが渡されるので、あとは好きな席に座ってゆっくりと過ごします。

 

マカオ空港ラウンジ フード1

マカオ空港ラウンジ フード2

空港ラウンジではこうした軽食を無料で食べることもできます。

マカオは物価が日本並みに高く、空港内のレストランではインスタントヌードルに安いチャーシューを足したラーメンが1,000円近い値段で売られています。

わざわざマカオでお金を使わずに無料で腹を満たせたのは非常にありがたいです。

マカオ空港ラウンジ フード3

軽食はどれだけ食べても無料です。

自分は9時間も待ち時間があったので数回お代わりしました。

途中でビールも飲んだので、気分的にも外で過ごすより随分快適でした。

マカオ空港ラウンジのテーブル席

ラウンジ内にはソファー席の他にテーブル席も用意されています。

 

ラウンジではスマートフォンを充電したりインターネット利用もできます。

食後の後はゆったりとスファーでくつろぎながらネットを利用できたので、9時間という時間は思ったより早く過ぎさりました。

これがラウンジの外だったら、相当暇な時間を過ごす羽目になっていたと思います。

そう考えると快適な時間を過ごせた分プライオリティパスを持ってて「良かった」というよりは「助かった」という気分でした。

プライオリティパスは持っていた方が得

楽天プレミアムカードの年会費10,800円を払って(初年度は実質無料ですが)プライオリティパスを持つことが得かどうかを考えた場合、自分の場合は今後もマカオでバンコク行きの飛行機を長時間待つ機会があるので絶対に得だと言えます。

初年度が実質無料ということを考えると、海外旅行に年に数回でも行く機会がある人は持っていて確実に損はありません。

海外旅行保険が自動付帯されることも考えると作っておいた方が得でしょう。

空港内にはカフェやレストランがあるので、こうした場所で粘って時間を潰すという考え方もありですが、ラウンジのふかふかソファーとカフェなどの硬い椅子とでは快適度は随分と違います

また、外国の店員はコーヒー一杯で粘る客に対して露骨に嫌な顔をすることもあります。

時間を潰すためだけにわざわざストレスを感じるくらいなら、ラウンジを利用する方がよっぽど良いです。

一年利用してみて、ラウンジ利用回数が少なかったという人は、次年度に解約すれば年会費を無駄に払う必要はありません。

そのため、プライオリティパスは、海外旅行者なら確実に持っておくのがおすすめといえるカードです。

>>>楽天プレミアムカード

プライオリティパスの注意点

プライオリティパスの利用にあたっては、以下の2点だけは念頭に入れておくべきかと思います。

  1. プライオリティパス発行は楽天プレミアムカードが届いた後10日前後で届く
  2. 無料でラウンジを利用できるのはカード所有者のみである

プライオリティパスは楽天プレミアムカードが届いた後10日前後で届く

プライオリティパスの発行には、手元に届いた楽天プレミアムカードのカード番号が必要となります。

そのため、楽天プレミアムカードに申し込みをしてからパスが手元に届くまでの日数は、合計で2週間程度は見ておいた方がよいです。

順序としては

  1. 楽天プレミアムカード申し込み
  2. 最短3営業日で楽天プレミアムカードが簡易書類で届く
  3. プライオリティパスの申し込み
  4. 10日程度でプライオリティパスが簡易書類で届く

という流れです。

旅行までの日数が少ない人は、早めに申し込みをして備えておいた方が良いでしょう。

無料でラウンジを利用できるのはカード所有者のみである

同伴者もラウンジを利用する場合には27ドルの利用料金がかかります。

そのため、複数で旅行に行く場合、自分一人しかプライオリティバスを持っていないのであれば、ラウンジ利用に関して同伴者と話し合っておく必要があるでしょう。

搭乗時間までの待ち時間が長いようであれば、同伴者の利用料金は割り勘して支払ってでもラウンジを利用した方が快適だとは思います。

まとめ

長くなりましたが、今回の記事内容を箇条書きでまとめると

  • 空港内には航空会社運営とクレジットカード会社運営の2種類のラウンジがある
  • プライオリティパスを持っていれば、提携先であればどちらの運営ラウンジも無料で利用できる
  • 但しプライオリティパスは年会費が高いので、楽天プレミアムカードに入会して入手するのがおすすめ
  • 楽天プレミアムカードは初年度に限り実質無料で利用できるので、海外旅行者は持っておいた方が良い
  • ラウンジ利用は空港内のパブリックスペースで時間を潰すよりはるかに快適である

ということでした。

初年度が実質無料という点を考えるとプライオリティパスは旅行者なら絶対に持っておいた方が得といえるアイテムです。

今後、海外旅行を予定している人は是非快適な空港ラウンジも体験してみてはいかがでしょうか。

それでは、良い旅行を!

【関連記事】

紙飛行機を持つ子供
それイイね!って思わず言っちゃう海外旅行の便利グッズ達を一挙に大公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です