サンクチュアリオブトゥルース。パタヤに来たら足を運ぶべき真実の聖域。

サンクチュアリ オブ トゥルースの外観1

(サンクチュアリ オブ トゥルースの外観)

タイ国内の各地には、芸術性を感じる奇抜な寺院や宗教建築物が存在しています。

今回の記事で紹介するパタヤの宗教建築物「サンクチュアリ オブ トゥルース(The Sanctuary of Truth)」も、タイを代表する奇抜な建築物の一軒と言っても過言ではないでしょう。

サンクチュアリ オブ トゥルースとは、パタヤのナクルアエリア(パタヤビーチから車で20分〜30分のエリア)に建つ、仏教とヒンドゥー教のモチーフに基づいて建てられた宗教建築物です。

 

遠目からでは、やや大きめの寺院にしか見えないシルエットを成すこの建築物。しかし、近くに寄るとヒンドゥー教や仏教の神々(の木彫り)で覆われていることに気づきます。

サンクチュアリ オブ トゥルースの屋根

サンクチュアリ オブ トゥルースの外壁

(上写真:屋根部分。下写真:外壁)

タイの寺院や宗教建築物と言えば、きらびやかな装飾のイメージが強いですが、サンクチュアリ オブ トゥルースのそれは、従来の建築物とは一線を画します。

数え切れないほどの神々の彫刻で覆われている姿が、とても神秘的。

外見だけではなく内装においても、不思議なパワーを感じられる壮大なオブジェの数々を目の当たりにします。

サンクチュアリ オブ トゥルースの中1

(内装にも無数の神々の彫刻が。まるで古代神話から出てきたかのような神秘的な空間)

今回の記事では、サンクチュアリ オブ トゥルースの魅力やアクセス方法を詳しく記載していきます。

サンクチュアリ オブ トゥルースは、パタヤビーチからそう遠くない場所に位置していて、観光の所要時間は2時間程度です。

パタヤ旅行の際は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

サンクチュアリ オブ トゥルース(The Sanctuary of Truth)

サンクチュアリ オブ トゥルースは、1981年にレック・ヴィリヤファン(Lek Viriyaphant)という名のタイ人クリエイターによって着工された宗教的建築物です。

レック・ヴィリヤファン

(レック・ヴィリヤファン。バンコクにあるエラワン・ミュージアムとムアン・ボーラーンの建設者でもある)

建物の高さは約105m、横幅は100mもあります。

仏教とヒンズー教のモチーフに基づき、古代における生活の知識、東洋の哲学を反映させる目的で作られたとのこと。

未だ建設途中にある

サンクチュアリ オブ トゥルースは、外見や内装などの視覚的なインパクトがとても強いですが、まず驚かされるのが、建物はまだ完成に至っていないという点。

サンクチュアリ オブ トゥルースの建設が開始されたのは1981年。この記事を書いている2017年11月、36年たった現在も未だ完成を目指して所々で作業が続けられています。

作業員

完成の予定は2050年。

しかし、サンクチュアリ オブ トゥルースは全てチークなどの木材のみで作られているため、常にメンテナンスが必要とのこと。

完成した後も、常にどこかしらで交換・修理作業を必要とするのでしょう。

作業員2

(建物の外では、彫刻を作成する作業員の姿も見受けられた)

こうした理由からかサンクチュアリ オブ トゥルースは、パタヤのサグラダファミリアとも言われています。

神話の世界から飛び出してきたような外観に驚かされる

サンクチュアリ オブ トゥルースの屋根2

サンクチュアリ オブ トゥルースの外観は、とにかく多数の仏像に覆われていて、ある意味では不気味、しかし一方で神秘的です。

仏像はとても数え切れないほど多く存在していて、よく見ると一つ一つの仏像のポーズや形が違います。

サンクチュアリ オブ トゥルースの外観2

菩薩ぼさつの彫刻もある)

カーラ

(カーラ。カンボジアのアンコールワットなど、ヒンドゥー教の影響を強く受けている遺跡でよく見受けられるインド神話の架空動物)

ヴィシュヌ神

その他にも仏陀やヴィシュヌ神、ナーガなど、仏教とヒンドゥー教のあらゆる神々、架空動物が見受けられます。

どの彫刻も同じ形、動作をしておらず、全く手抜き感がないところに、建築者の芸術性や執念を感じられます。

ちなみに、タイなのにヒンドゥー教の神々が敬われる理由は、タイの文化はカンボジア経由で入ってきたインド文化の影響を強く受けているからです。

バンコク一のパワースポットと言われるエラワンの祠で祀られているのも、ヒンドゥー教の神であるブラフマーですね。

まるで鐘乳石。内部の壁面にも無数の彫刻が見られる

入り口

(入り口)

サンクチュアリー オブ トゥルースの内部は、まるで鐘乳石、レリーフのように彫刻がびっしりと掘られています。

壁面はもちろん、天井などを含め細部に至るまで彫刻が並ぶ姿は圧巻。

そして、内部では仏教音楽が流れていて、これがまた神秘的な雰囲気を作り出しています。

 

サンクチュアリ オブ トゥルースの内部1

天井の彫刻

サンクチュアリ オブ トゥルースの内部2

レリーフのような彫刻

サンクチュアリ オブ トゥルースの内部はセンターホールを含め5つのホールに分かれています。

分かれていると言っても、内部はそれほど広くないので(じっくり見ても30分程度で全部回れる)、地図などは存在しません。

一応、入り口にはガイドがいて(日本語を話せる人もいる)、希望があればガイドが各エリアを案内してくれます。

サンクチュアリ オブ トゥルースの説明文

(ガイドからはサンクチュアリ オブ トゥルースに関する説明文を渡される。が、翻訳の質は低く、所々理解不能)

内部で分かれている五つのホールには、それぞれに異なる意味がもたらされています。

いずれも、インド神話の神であるシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマーなどの神々を象徴しているホールだったり、仏教の教え「良いことを学び、自分の心を浄化する」という目的で作られたホールです。

第二ホール

第3ホール

(足場が組まれていて作業途中のホールもある)

階段

(階段にもびっしりと彫刻が掘られている。しかも、それぞれポーズが異なる)

360度、どこを見渡しても芸術的な彫刻が並んでいるので、あまり宗教的な背景に興味がない人でも、視覚のインパクトだけで楽しめます。

あまりにも壮大な光景で気がついたら心が瞑想状態に落ち入りそうです。

ビーチリゾートのパタヤに、こんな神秘的な場所があったなんで驚き。

11:30と15:30からは敷地内でショーが開催される

サンクチュアリ オブ トゥルースのショー

サンクチュアリ オブ トゥルースの敷地内では、毎日11:30と15:30より20分前後のショーが開催されます。

ストーリーは不明ですが、二人の男が武器を持ってひたすら戦うというもの。

ウォーキングストリートで見られるムエタイショーのように、あまり本気度は感じられませんが、新鮮で中々面白いです。

ショーを見るために、わざわざ時間を合わせて訪問する必要はないかと思いますが、開催時間に近い時間に訪れる予定の人は、せっかくなので拝見しておくと良いでしょう。

 

ちなみに、ショー以外に象乗りトレッキングなどのアクティビティも楽しめます。

象乗り

ただ、料金は900バーツ。

とても高額なので、余程サンクチュアリ オブ トゥルースに思い入れでもない限り、他のパタヤで象乗りできる場所で楽しんだ方が良いかもしれません。

入場にあたっての服装

服装の注意書き

自分は短パンにTシャツで入れましたが、一応短パンや露出度が高い服装は禁止されているようです。

とは言っても自分が入れたので、短パン程度なら気にする必要はないでしょう。実際、他にも短パンで来ている観光客は大勢いました。

女性の場合、露出度の高い服装は避けた方が良さそうです。

上写真のように、下半身を覆う布を巻いている女性観光客は何人かいました。

 

また、サンクチュアリ オブ トゥルースは上述したように、未だ建設途中であるため、入場にあたってヘルメットの着用を義務付けられています。

ヘルメット

(ヘルメット。入り口で配られる)

髪型をガチガチに固めている人は崩れるので注意しておきましょう。

サンクチュアリ オブ トゥルースへの行き方

サンクチュアリ オブ トゥルースへは、パタヤビーチからでは直通のソンテウは走っていないため、バイクタクシーを利用するか、ソンテウをチャーターするのがベターです。

バイクタクシーもソンテウチャーターも、パタヤビーチ近辺からであれば料金は片道100バーツ程度を見ておくと良いです。

パタヤビーチ周辺からサンクチュアリ オブ トゥルースへの地図

 

帰りは、サンクチュアリ オブ トゥルース前にあるバイクタクシー待機所からバイクタクシーを利用します。

バイクタクシー待機所

運賃は行きと同様で、パタヤビーチ近辺であれば100バーツ程度です。

サンクチュアリ オブ トゥルースの開館時間と入場料金

開館時間

8:00〜18:00

入場料金

一人500バーツ

入場料は、サンクチュアリ オブ トゥルース入り口のチケット売り場で支払います。

チケット売り場

(チケット売り場)

パタヤのサグラダファミリア

丘から見たサンクチュアリ オブ トゥルース

個人的に、パタヤは堕落のビーチリゾートであり、のんびりと怠けられるイメージが強かったため、こうした文化・芸術的な観光地があることは驚きでした。

とても芸術性が高く、心打たれる程神秘的だったので、500バーツという入場料金は決して高いと思いません。

パタヤを旅行する人は、家族連れ、カップル、夜遊び旅行者など様々かと思いますが、どのような属性の人でも楽しめる観光地でしょう。

是非、パタヤ観光の予定に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です