アユタヤにはサガットのステージモデルがある!?アユタヤに関する3つのトリビア。

ワット ヤイ チャイ モンコン

(アユタヤ遺跡群の一つ、ワット ヤイ チャイ モンコン)

アユタヤ遺跡と言えばタイで最も有名な世界遺産です。首都バンコクから近いこともあって、バンコク旅行の際にはついでに行く人が多い場所です。

アユタヤのような遺跡群を観光する際には遺跡の歴史を簡単にでも知っておくと、より一層見応えが出てくるでしょう。そういうわけで、ガイドブックなどには必ず各遺跡ごとの建築年やアユタヤという町自体の歴史が記載されています。

そういった知識を持って観光に行くだけでも十分楽しいのですが、今回はガイドブックなどにはあまり載っていない、アユタヤの観光が更に楽しくなるちょっとしたトリビアを紹介したいと思います。

アユタヤを複製した町がバンコク

チャオプラヤー川から見たワット・アルン

(チャオプラヤー川から見るワット アルン)

アユタヤはバンコク以前のタイの旧首都であり、ビルマ軍(ミャンマー)によって 崩壊されました。

その後、都は現チャクリー王朝の初代王であるラーマ1世によってバンコクへと移されました。

アユタヤとバンコク、この二つの町の地図を見つめると、ある共通点に気付きます。

アユタヤの図

(アユタヤの地図)

バンコクの地図

(バンコクの図。アユタヤから都が移った当時はこの程度の規模の町でした。)

どちらも川(地図上の赤色のライン)に囲まれている形状をしていますね。

現在のバンコクはもっと広範囲ですが、アユタヤから都が移った当時のバンコクはこの程度の規模から始まったのです。

当時のバンコク全体をぐるりと囲んでいる川に注目してみて下さい。西側の太い川がチャオプラヤー川で、これは元から流れていたものですが、東側の細い川は後からラーマ1世によって掘られたものです。

アユタヤの町も西側にチャオプラヤー川、北にロッブリー川、東にパーサック川と、周辺は全て川に囲まれています。

これは恐らく、日本の城にある水堀のような意味合いで整備されました。

つまり、バンコクはアユタヤを模して作られたのです。

ラーマ1世は、バンコクに崩れ去ったアユタヤを見ていたのですね。

サガットのステージのモデル

サガット

(サガット)

言わずと知れた格闘ゲーム「ストリートファイター2」の主要キャラクターサガット。

ゲーム上での彼の出身地はタイであり、彼はムエタイの使い手でもあります。

そして彼のメインステージでは、アユタヤにあるワット ローカヤースッターと思われる寝仏が見えます。

サガットのステージ

(サガットのメインステージ。後ろにあるのがワット ローカヤースッターの寝仏。)

ワット ローカヤスッター

(実物。こっちの方が断然大きいですが。)

タイにはワット ローカヤスッターを始め、屋外に寝仏がある場所がたくさんあるので、必ずしもここがサガットのステージのモデルとは断言できませんが(カプコンから公式に発表されているわけでもないので)、日本人に一番ポピュラーな野外にある寝仏と言えば世界遺産であるアユタヤのワット ローカヤスッターということで、勝手にそういう噂が広まりました。

バンコクのワットポーも寝仏で有名ですが、こちらは屋内にあるのでモデルではないということにしておきましょう。

ちなみに、サガットはタイ語での名前もきちんと設定されており、สกัดと書きます。

彼は身長が226cmもあるのに体重が78kgしかありません。あまりにも痩せすぎているので健康が心配です。是非彼には故郷の美味しいタイ料理をたくさん食べて少しでも体重を増やしてほしいと思います。

山田長政はモテモテだった?

(山田長政)

アユタヤで有名な日本人と言えば、軍人として数々の功績を残した山田長政。

彼は最終的に暗殺されたわけですが、当時のアユタヤ王朝内での評価は抜きん出ていました。

山田長政の優秀な血を残しておかなければ…そう思ったタイ人女性達は次々と長政との間に子供をもうけました。

その数なんと100人以上。

最終的にアユタヤはビルマ軍によってつぶされたので、この長政の血だけは残すという戦略が功を奏したのかは不明ですが。

とにかく彼がモテモテで、女性をとっかえひっかえしていたのだけは間違いないと言えます

アユタヤでおすすめのゲストハウス バーンルータス

アユタヤは半日程度で回れるということから日帰りツアーも出ています。

>>>アユタヤのツアーの一覧

(カオサンロードでアユタヤの日帰りツアーを低価格で扱っている旅行代理店は「カオサンの旅行代理店。日本語が通じる店と格安の店。」をご覧になって下さい。)

ただ、アユタヤは町全体に遺跡が広がっている為、町の雰囲気そのものをゆっくりと楽しむのであれば宿泊してみるのも良いです。

人気観光地ということでホテルもたくさんありますが、バックパッカーなどの出来るだけ宿泊費を安く抑えたい人向けにおすすめのゲストハウスも紹介します。

それがこちら、「バーンルータス」です。

バーン ルータス

ゲストハウス内にはかなり清潔感があり、部屋はもちろん通路等も掃除が行き届いています。

部屋にはシャワーとトイレ、エアコン付き。アメニティーもあります。

バーンルータスの部屋

 

ゲストハウス内の通路。

窓が吹き抜けになっている為、風通りが良くて気持ち良かったです。

天気のいい日にベンチに座って本を読んでいると、ついうとうと寝入ってしまうほど。

バーンルータス内の通路

このゲストハウスは綺麗だけでなく、宿の女性主人が親日家ということもあり、日本人に結構優しくしてくれます。

東京や大阪への来日経験もあるそうです。

一泊の料金は500TB(約1500円)。

決して格安というわけではありませんが、清潔さと従業員の態度を気にする人が泊まる分には申し分ないクオリティのゲストハウスです。

残念ながら予約を受け付けつけていないので、現地に行った際に直接出向いて空室確認をする必要があります。

バーン ルータスと、この記事内で紹介した「ワット ヤイチャイモンコン」「ワット ローカヤースッター」、山田長政がいた「日本人町跡」を載せた地図はこちら↓↓

(家のマークがバーンルータス。他のマークはそれぞれの遺跡。拡大して見るとわかりやすいです。

バーンルータスはアユタヤ町内を回っているトゥクトゥクならほとんど知っています。

直接「バーンルータス」と言っても通じますが、万が一通じなかった場合は「Baan Lotus Gest House」と書いたメモを見せるといいでしょう。

その他のアユタヤのおすすめホテル・ゲストハウスは以下の記事も参考にどうぞ。

アユタヤの僧侶
アユタヤのおすすめホテル。遺跡観光に便利な立地のホテル4軒を紹介!
ザ パークゲストハウスのベッド
アユタヤでおすすめのゲストハウス3軒を紹介。日本人バックパッカーにも人気!

まとめ

今回はアユタヤのちょっとしたトリビアだけを紹介しましたが、近い内バンコクのチャイナタウンのように、アユタヤ全般についての基礎的な情報をまとめた記事も書いてみたいと思います。

アユタヤは町の雰囲気もバンコクとはだいぶ異なり、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごせると思うので、時間がある人は是非日帰りではなく1日以上の滞在もおすすめします。

では、素敵な観光を楽しんで!!!!

アユタヤ観光の宿泊先ホテル送迎・日本語ガイド付きツアーへの参加は以下リンクより可能です。

>>>【アユタヤ】宿泊ホテルへの送迎・日本語ガイド付きの格安ツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です