パタヤの日本人向け新築ホテル。日本のテレビ番組視聴可能で洗濯機あり。

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのプール1

(アットマインドエクスクルーシブパタヤのプール)

パタヤには数え切れないほどのホテルが存在していますが、この記事で紹介する「アット マインド エクスクルーシブ パタヤ」はその中でも特に日本人向けのホテルです。

ホテルは2017年の10月〜11月にオープンしたばかり。この記事を書いている2018年1月現時点では、まだまだ新築の香りが建物全体に漂っています。

ホテル全体に清潔感があるのはもちろん

  • 日本語のテレビ番組視聴可能
  • 客室に洗濯機付き(但し洗剤等は要持参)
  • トイレはウォシュレット付き
  • 目の前にバンコクの空港行きタクシーサービスあり
  • コンビニも目の前にあり

といった、日本人が安らぎを感じられる作りになっているのが特徴です。

加えて、オフシーズンであれば宿泊料金は5,000円〜6,000円程度。パタヤにある他の同ランクのホテルと比べて非常に高いコストパフォーマンスを感じられるでしょう(ちなみにJF無料)。

ただ、唯一懸念となるのが立地です。

ホテルは、パタヤのメインとなる通りからは少々奥まった場所に位置しています(賑わっている大通りまでの距離は約700m、徒歩9分ほど)。

そのため、立地に関しての利便性は高くないと言えます。

とは言っても、パタヤリピーターや海外旅行に慣れている人であれば、バイクタクシー等を利用して繁華街までアクセスするのは容易いです。

 

実際に泊まってみた感想としては、とにかく使い勝手の良いホテル。海外旅行先での不安な気持ちを落ち着かせてくれます。

5,000円前後の宿泊料金であれば即決しても良い、と自信を持って言えるほど心地良かったです。

今回の記事では、立地も含めホテルの様子を詳しく記載していくので、是非次回のパタヤ旅行ホテル選びの参考にして頂ければと思います。

アット マインド エクスクルーシブ パタヤ(At Mind Exclusive Pattaya)

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの外観

(アットマインドエクスクルーシブパタヤ。外観はマンションのよう)

アット マインド エクスクルーシブ パタヤは、パタヤのメインストリートであるビーチロード・セカンドロードよりやや東側の通り、パタヤカン ソイ12(Pattaya Klang Soi12)の中に位置しています。

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの場所

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのマップ

ホテルからパタヤ随一の繁華街であるウォーキングストリートまでの距離は約2.6km。そこそこ距離はあります。

ウォーキングストリートへのアクセスには、一旦ビーチロードまで出てウォーキングストリート方面を走るソンテウに乗り込むか、ホテル近くで待機しているバイクタクシー(モタサイ)を利用する必要があるでしょう。

 

ホテルへ帰る時は「アット マインド エクスクルーシブ パタヤ」と伝えても、新築であるが故タクシードライバー等は理解してくれないこともあります。

なので、アット マインド エクスクルーシブ パタヤの向かいにあるセンタラノバホテルを行き先として告げて帰ると良いです。

センタラ ノバ ホテルの外観

(センタラノバホテル。アットマインドエクスクルーシブパタヤの向かいに建っている。こちらであれば多くのドライバーが理解してくれる)

ホテルが位置しているパタヤカン ソイ12という通りは、これと言って特徴はない平凡な通りです。

ただ、観光客向けのホテルがかなりの数密集しているエリアなので、夜遅くでも多少の人通りはあります。

ホテルや数軒のコンビニ、飲食店以外に目立った施設はありません。周辺にバーなどの騒音を出す店がないので静かに過ごせるのも良い点。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤ目の前の通り1

アット マインド エクスクルーシブ パタヤ目の前の通り2

ホテル目の前の通り。目につく建物の殆どが観光客向けホテル。ほぼ目の前にセブンイレブンもあり。

客室

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの客室1

写真の客室タイプはデラックス(Deluxe)。広さは35㎡です。

客室に入って左手にキッチン、右手にはクローゼットや洗濯機、冷蔵庫が並び、ベッドルームの奥にはバルコニーもあります。

客室に入って最初に驚いたのが清潔感。

2017年10月〜11月にオープンしたのですから当たり前ですが、この時は新築の建築素材の良い香りで満たされていました。

当然、フローリングや家具、ベッドに至るまで全て綺麗。

「本当にこんな良いホテルが5,000円?」と驚きを隠せないほど(年末年始などの繁忙期は宿泊料金が1万円前後まで上がることもある)。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの客室2

部屋の広さや家具家電設備も丁度良いです。広すぎず、狭すぎず。

ベッドの前には二人がけのソファーがあり、テレビ横には作業机もあり。コンセントの数も多く、何かと使い勝手の良い部屋構成です。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのテレビ

テレビは日本の民法とNHKも視聴可能。尚、レビューによればWOWOWのプライムとシネマまで視聴できるとのこと。かなり部屋でくつろげます。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのベッド

ベッド。シングルベッド2台を連結させたタイプ。

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのベッド2

ベッド横にはコントロールパネル。USBポートの差込口が二つあるのも嬉しい。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

写真からでもピカピカで清掃が行き届いているのが分かります。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのキッチン

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのクローゼット

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの電子ポッド

キッチンには電子レンジや食器類も完備。

ちなみに、洗濯機には洗剤が備えられていないので、洗濯機利用予定の場合は洗剤を持参するかセブンイレブンで購入しましょう。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのバルコニー

ベッドの奥には広くないながらもバルコニーもあります。喫煙者にとっては嬉しいスペース。

バスルーム

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのバスルーム1

多くの日本人旅行者にとって海外のホテルで気になるのが水周りの清潔さ。

新築(この記事を書いている現在)なので、こちらも当然ですが全く問題ないほど綺麗でした。

バスルームのシャワーブースがガラスで仕切られているのも嬉しいところ。5,000円前後レベルでシャワーブースが仕切られているホテルは珍しいです。

ちなみに、トイレはウォシュレット付き

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのバスタブ

バスタブ

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのアメニティ

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのシャンプー

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのドライヤー

シャンプーやボディソープ、ドライヤーも完備。残念だったのは歯ブラシが備えられていなかった点。持参するかセブンイレブンで購入しましょう。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真

アットマインドエクスクルーシブパタヤのバスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ホテル内設備(プール、フィットネスジム、朝食会場)

ホテル内設備は中級ホテルのそれと言ったところで、特に大きな特徴はありません。

ただ、プールは大きめで同ランクのホテルと比べると比較的ゆったりしています。

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのプール

プール周りには植木があって良い雰囲気。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのフィットネスジム

フィットネスジムはプール横に設備されています。マシンは少ないため、しっかりとした設備を求めるのであれば、近隣のジムをデイユースする方が良いです。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの朝食会場1

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの朝食会場2

朝食会場。テラス席もあります。

 

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのレセプション

アット マインド エクスクルーシブ パタヤの入り口

レセプション。ホテル入り口にはバリアフリー経路もあり。

何から何まで安心できる。日本人向けホテル

アット マインド エクスクルーシブ パタヤのレセプション2

(レセプションの待合ソファー)

>>>アット マインド エクスクルーシブ パタヤ

上述した通り立地についてはパタヤ旅行が初めての人には、あまり向いていません。

ただ、ホテルの清潔感、設備、客室の雰囲気などについては、同レベルのホテルと比べると群を抜いていると言えるでしょう。

パタヤリピーターで、パタヤの地理が頭に入っている人であれば満足度は高いはず。

パタヤが初めての人でもバイクをレンタルする予定の人であれば、立地の問題は解決です。

何から何まで日本人が安心できる作りで、「ずっとここに居たい」と思わせる素敵なホテルでした。

まだまだ新築感が出ているので、新しい物好きな方は滞在してみてはいかがでしょうか。

JF無料なのでホテルでまったりとくつろぎたい夜遊び旅行者にもおすすめ。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

 

ビーチロード、セカンドロードを中心に立地重視でパタヤのおすすめホテルをまとめた記事については以下を参考にどうぞ。

パタヤビーチ
パタヤのおすすめホテル。20回以上パタヤへ行った自分がエリアごとに厳選してみた。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。