プノンペン空港から市内への行き方《トゥクトゥク、タクシー、バス、鉄道》

プノンペン国際空港

(プノンペン空港)

プノンペン空港から市内のホテルへ行くには、以下6つの交通手段が存在します。

交通機関運賃運行時間
トゥクトゥク7ドル〜
9ドル
24時間
タクシー15ドル24時間
エアポートバス5ドル
  • 9:00〜
    17:50
  • 9:45〜
    19:45
路線バス1,500リエル5:30〜
20:30
鉄道2ドル6:15〜
1:10
送迎サービス20ドル〜
(最大24名まで)
24時間

路線バスを除いては、各交通機関のチケット売り場・乗り場は到着ゲートから見える範囲にあります。乗り方は簡単。

最も料金が手軽かつ簡単に利用できるのはトゥクトゥクです。乗り心地で言えばタクシーがベストですが、カンボジアの物価を考えると15USドルは高いです。

トゥクトゥクもタクシーも、日本同様にドライバーの顔写真と名前が記載されたカードが車内に貼られています。身元は分かっているので不安はありません。

 

その他、バックパッカーなどの節約旅行者であれば、バスや鉄道を利用するのもあり。運行時間や到着場所が定められているものの、トゥクトゥクやタクシーよりも運賃がはるかに安いです。

大人数での旅行や、女性一人旅での深夜到着で心配な方は送迎サービスを利用すると良いでしょう。最大24名まで乗車可能な上に、催行会社へは日本語での問い合わせが可能。公共交通機関よりも安心度は高いです。

 

今回の記事では、各交通機関の乗り場、時刻表について詳しく解説します。

トゥクトゥクで市内へ行く

プノンペン空港のトゥクトゥク

トゥクトゥクは最もおすすめの交通手段。料金が手頃である上に、ホテルまでピンポイントで向かってくれるので使い勝手が良いです。

料金はホテルの場所によって7USドル〜9USドルと定められています。多くの旅行者が滞在するリバーサイド周辺であれば9USドル。より空港側であるオルセーマーケット周辺であれば、交渉次第で8USドルでも向かってくれます。

空港からリバーサイドやボンケンコンエリアなど、ホテルが連なるエリアまでの所要時間は50分〜1時間を見ておくと良いです。

プノンペン国際空港から乗ったトゥクトゥクの座席

プノンペン国際空港から乗ったトゥクトゥク運転手の写真

トゥクトゥクの座席横には「ひったくり防止」の網が張ってあります。運転手の身分を証明する写真付きのカードもあり。

カンボジアのトゥクトゥクに関して悪い噂を聞いたことある人もいるかと思いますが、少なからずプノンペン空港のトゥクトゥクは安心して利用できます。シェムリアップのトゥクトゥクみたく翌日からのスケジュールを聞いてこないので鬱陶しくもないです。

 

空港のトゥクトゥク乗り場は、到着ゲートを出て左手にあります(タクシー乗り場の後方にある)。

通常は4人乗りですが、トランクがないので、荷物を持っている状態なら乗車できるのは2人まで(詰め詰めで3人いけるかも?といった具合)。

行き先を告げる際、有名五つ星ホテルであればホテル名だけで理解してくれますが、マイナーホテルだと住所も聞かれます。そのため、ホテル予約時のバウチャー等に記載されている住所の控えを準備しておきましょう(住所は英語表記で良い)。

もっと安くトゥクトゥクに乗る方法

現地のカンボジア人が利用している方法ですが、空港の敷地外で客待ちしているトゥクトゥクであれば、リバーサイド周辺まで5USドルで向かってくれます。

プノンペン空港敷地外への道

(到着ゲートを出たら直進。敷地外へ)

プノンペン空港の敷地外で客待ちしているトゥクトゥク

(敷地外に出ると客待ちしているトゥクトゥクが見える)

ただし、敷地外のトゥクトゥクは夜間も客待ちしているかは不明。昼間なら確実にいます。

彼らは空港手数料が発生しないため安い金額で乗せてくれるのです。少しでも安くトゥクトゥクに乗りたい人は敷地外までどうぞ。

タクシーで市内へ行く

プノンペン国際空港のタクシー乗り場

タクシー乗り場は到着ゲートを出て左手にあります。タクシー料金は15USドルです。カンボジアの物価を考えると高額ですが、乗り心地は一番良いです。

プノンペン空港で乗ったタクシーの車内

一般的なセダンタイプの車。定員は運転手を除いて3人まで。スーツケースは3つまでなら入ります。

15USドルもしますが、飛行機疲れしている人や高齢者ならタクシーを利用するという選択肢も大いにあり。車内はエアコンが効いています。自分は初めてプノンペンに来た時、飛行機疲れしていたので迷わずタクシーを利用しました。

タクシーを利用する際も、ホテル名だけでなく予約バウチャー等に記載されているホテルの住所も控えておきましょう。

プノンペン空港から市内ホテルまでの所要時間は約1時間です。

エアポートバス

プノンペン国際空港より複数のホテルと公共施設を通り、「東横INN(Toyoko Imm)」もしくは「ソフィテル プノンペン プーキートラーホテル(Sofitel Phnom Penh Phokeethra)」を終点とするエアポートバスです。

運行時間が短い上に本数が少なく、運賃が5USドルという高くも安くもない微妙なバスなので利用者は少ない。バスのルート上に自分の宿泊ホテルがあれば利用するのもありかなという程度。

エアポートバスには以下2本の路線が存在します。

  • レッドライン(Red Line)/東横Inn行き/運行時間9:00〜17:50
  • オレンジライン(Orange Line)/ソフィテル プノンペン プーキートラー行き/運行時間9:45〜19:45

両路線とも「通常時は1時間に1本」「混雑時は30分に1本」出発しています。

各路線のルートとチケット売り場は以下の通り。

エアポートバスのルート

レッドライン

  1. プノンペン空港
  2. ル プレジデント ホテル(Le President Hotel)
  3. Raffles Hotel Le Royal(ラッフルズ ホテル ル ロイヤル)
  4. サンウェイ ホテル プノンペン(Sunway Hotel Phnom Penh)
  5. シソワット高校(Preah Sisowath High School)
  6. ナガワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックス(NagaWorld Hotel & Entertainment Complex)
  7. 東横Inn プノンペン(Toyoko Inn Phnom Penh)

オレンジライン

  1. プノンペン空港
  2. インターコンチネンタル プノンペン(Intercontinental Phnom Penh)
  3. オリンピックスタジアム近く(Sihanouk West)
  4. 独立記念塔近く(Sihanouk East)
  5. ナガワールド(Naga World)
  6. 東横Inn プノンペン(Toyoko Inn)
  7. ソフィテル プノンペン プーキートラーホテル(Sofitel Phnom Penh Phokeethra)

地図付きの詳しいルートは、エアポートバス(KK STAR)の公式ページの「Route Info」より確認可能です。

エアポートバスのチケット売り場

プノンペン国際空港のKK STARエアポートバス チケット売り場

エアポートバスのチケット売り場は、到着ゲートを出て左斜め前にあります。複数のチケットカウンターが並んでいるのですぐに分かるでしょう。

チケット購入後、係員がバス乗り場まで案内してくれます。

上述したようにバスの本数は少ないです。次のバス出発時間を必ず確認して、待ち時間が少ないようであれば購入しましょう。

路線バス(一番安い)

プノンペン国際空港から乗れる路線バス

運賃が1,500リエルのみ(距離に関係なく)というカンボジア人用の路線バス。バックパッカー等の節約旅行者であれば第一候補の移動手段となるでしょう。

乗り場は空港敷地外にありますが、本数が多いため使い勝手は良いです。

  • 運行時間/5:30〜20:30/20分〜30分に1本来る
  • 運賃1,500リエル(ただしお釣りがないので要注意。1,500リエルぴったり用意するか、お釣りはあげましょう)
  • 行き先は旅行者に需要がないローカル地域が多い
  • 英語での行き先アナウンスがないので、GoogleMapで現在地を確認する必要がある
  • 路線バスの系統番号は03番

空港からの路線バスルートは概ね以下の通り。

路線バスはプノンペン空港(地図上A)を出た後、市内へ続く大通り(Russian Confederation Blvd.)を通って、セントラルマーケット(地図上H)リバーサイド(地図上IとJ)へと行きます。

本当はもっと停留所がありますが、上の地図では端折っています。

多くの旅行者に需要がある停留所はHのセントラルマーケットと、I,Jのリバーサイドエリアの停留所でしょう。この辺りに宿を取っている方は路線バスを利用すると良いです。

空港からセントラルマーケットまでの所要時間は40分程度。リバーサイドなら50分程度をみておきましょう。

 プノンペン国際空港から乗った路線バス車内

路線バス車内。乗り心地は日本の路線バスと変わりありません。

ただ、カンボジア人がたくさん乗車してくるため、大人数で荷物を持っての乗車は控えた方が良いでしょう。あくまで現地人向けのバスなので、席はできるだけカンボジア人に譲ってあげたいです。

ちなみに、乗り口はフロントです。運賃は乗車時に、乗り口にある運賃箱にて支払います

路線バスの系統番号は3番

プノンペンの03番路線バス

現在、プノンペンには合計で8系統のバスが存在しますが、セントラルマーケットやリバーサイドなど旅行者に需要がある場所へ行くバスは03番のみです。

その他系統番号のバスは旅行者に需要のないローカル地域へ行くので、バス方向幕横に「03」と記載があるかを必ず確認して乗車しましょう。

路線バス乗り場への行き方

路線バス乗り場は空港敷地外にあります。

プノンペン空港敷地外への道

到着ゲートから直進して、空港の敷地を出たら左折します。

プノンペン空港にある路線バス乗り場への道

左折後、歩道に沿って200mほど直進すると、左手にバス乗り場が見えます。

プノンペン国際空港前の路線バス乗り場

路線バス乗り場。バスは20分〜30分間隔で1本来ます。運行時間は5:30〜20:30。

鉄道で市内へ行く

プノンペン国際空港の鉄道

市内中心部にあるプノンペン・ロイヤル駅(Phnom Penh Royal Railway Station)と空港を結ぶ1編成のディーゼル機関車。

運賃は2.5USドル。そこそこ安いです。プノンペン・ロイヤル駅までは30分程度で到着するので、空港からの交通機関の中では一番スピーディー。

プノンペン・ロイヤル駅は、以下地図で記している場所にあります。

プノンペン・ロイヤル駅はセントラルマーケット(Central Market)から距離約650m。徒歩約8分。セントラルマーケット周辺に宿を取っている人なら利用価値があるでしょう。

運行時間は6:15〜1:10まで。1日14本。1時間15分に1本しかないので少々使い勝手が悪いのがネック。以下時刻表を参考にタイミングが合えば乗ってみましょう。

鉄道の時刻表

出発時刻到着時刻
6:156:45
7:308:10
8:509:20
10:0510:35
11:2011:55
12:4513:15
13:5514:30
15:1515:50
16:5017:20
18:1018:55
19:4020:15
21:1021:55
22:4523:35
1:102:00

鉄道の乗り場

鉄道乗り場は、到着ゲートを出て左へ150mほど直進した後、右手に見えるフードコートの奥にあります。

プノンペン空港内の鉄道乗り場の場所を示す案内板

到着ゲートを出て左へ行くと、「airport shuttle train」と書かれた鉄道乗り場の場所を示す案内板があります。

プノンペン空港内の鉄道乗り場

150mほど進むと右手にフードコートが見えます。鉄道はフードコートの奥。青い屋根が目印。

鉄道乗り場

鉄道乗り場。中のカウンターでチケットを購入します。

プノンペン空港からプノンペン行きの鉄道内

鉄道の中。車内はエアコン付き。プノンペン・ロイヤル駅到着までの間、車内からは所々でバラック小屋が並んだスラムのような地域も見られて面白いです。

送迎を利用する(女性ひとり旅深夜着、団体、高齢者向け)

空港送迎サービス

  • 女性ひとり旅で深夜到着
  • 高齢者

といった公共交通機関の利用に不安要素がある場合、あるいは団体での旅行は送迎を利用するのがおすすめ。

プノンペンはそれほど治安が悪いとは感じませんが、日本より治安が悪いのは確か。また、団体での公共交通機関利用は面倒です。人数にもよりますが、ホテル到着がバラバラになるでしょう。

送迎を利用すれば、催行会社へ日本語での問い合わせができます。

ドライバーの身元は完璧に分かっているので不安要素は0です。

団体で旅行する場合は、最大で24名まで乗車可能なミニバスも利用できます。

>>>プノンペン国際空港⇔市内への送迎サービス

空港での両替は必要最低限に。できるだけ街中で両替しよう

プノンペン空港内の両替所

空港から市内へ行く交通機関を利用するには、ドルもしくはリエルが必要です。

しかし、諸外国同様に空港内の両替所は街中に比べるとレートが悪いです。

自分がプノンペンに滞在した2018年12月現在、街中での両替レートは1万円に対して86USドルが平均だったのに、空港内の両替所は1万円に対して82USドルでした。

そのため、空港での両替は必要最低限にしておいて(1万円も両替すれば十分)、旅行中に必要な両替は全て街中で済ませましょう。

以下はプノンペン市内でレートが高いおすすめ両替所をまとめた記事です。参考にどうぞ。

インドシナホテル前にある両替所
プノンペンでおすすめの高レート両替所。円からドルに両替するならここ!

 

ちなみに、空港内にはATMがあります。SIMカード売り場は到着ゲートを出た目の前です。

プノンペン空港のSIMカード売り場

SIMカード売り場

 

プノンペンのおすすめホテルについては以下の記事を参考にどうぞ。コスパが高いホテルだけを厳選しました。

ザ クウェイ ブティック ホテル(The Quay Boutique Hotel)の客室から見えるプノンペンリバーサイド
プノンペンのおすすめホテル。エリアごとにコスパが高いホテルを厳選【全12軒】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。