タイのデザート。バンコクで美味しいブアローイが食べられる店。

料理中のブアローイ

上の写真は「ブアローイ(บัวลอย)」と言うタイのデザートです。

初めて見た時は、見た目から味がまったく想像できずかなり食べるのを躊躇していました。

しかし、タイ人の彼女に嫌々食べさせられたところ意外とイケる味で感動したのを覚えています。

そして、今ではすっかりお気に入りデザートになりました。

今回は、美味しいブアローイが食べられる屋台とレストランを紹介します。

近くに立ち寄った際は是非食べてみてはいかがでしょうか。

ブアローイとは?

ブアローイ02

Photo:Maythee Anegboonlap

ブアローイはココナッツクリームで作られているデザートです。

ブア=蓮、ローイ=浮かぶという、タイらしい美しさをイメージさせる意味を持っています。

ブアローイの特徴は温かいココナッツスープの中に入っている白、黄色、オレンジ、紫といったカラフルなお団子と、半熟卵の黄味です。

団子はそれぞれ紫芋・人参・かぼちゃなど色物の野菜を裏ごしして白玉粉によって作られています。

西洋にありがちなド派手でとんでもなく甘いスイーツではなく、タロイモ味のお団子をスープと一緒に味わうという、文面からは想像しにくいですが、甘いコーンポタージュのような味をしています。

タイに在住している人のブログには、よく食後のデザートとしても登場しますね。

バンコクで美味しいブアローイが食べられる店

今回紹介するのは、屋台1店舗とレストラン1店舗。

元々は、どちらも違う目的で行った場所なのですが、たまたま見つけたブアローイがとんでもなく美味しかったというラッキーに出会えたのです。

クロンサンプラザの店

最初に紹介するのは、BTS クルン・トンブリー(Krung Thonburi)付近にあるKlonsang Plaza(クロンサン・プラザ)というマーケット内にあるお店。

クロンサンプラザ

超ローカル市場なので、観光目的でバンコクに滞在している人が訪れることは殆どない場所だと思います。

しかし、名店とはそういう場所に隠れている場合が多いものです。

マーケットに入ってすぐ、フードコーナーの一角に、その店は存在します。

クロンサムマーケットの中にあるブアローイの店

(青色の外壁が目印)

 

クロンサムプラザで食べたブアローイ

暑い国で温かいデザートなんてナンセンス…そう思っていた自分が、すっかりブアローイにハマってしまったのは最初に食べたのがこの店だったからでしょう。

とろけるような団子の食感と濃厚でまったりとしたスープの組み合わせが最高に良かったです。

量は、味噌汁のお椀程度の小さめの容器に入っているので、買い物中にふらっと立ち寄るもよし、食後に味わうもよし、ササッと食べることができます。

 

この店は一度新聞に取り上げられたのか、新聞の切り抜きが店内に飾ってあります。

店内にあった新聞の切り抜き

マーケットのフードコーナーの中でも一際お客さんの数が多く、ローカルに有名な店なのでしょう。

料金はたったの25TB。(約75円)

ローカルな雰囲気を楽しみたい人は買い物ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

クロンサンプラザの様子

クロンサンプラザ自体は、はっきり言って見所はありません

クロンサンプラザの様子

規模はそこそこ大きいマーケットですが、特に置いている商品やマーケット自体の雰囲気に特徴がないのです。

バンコク中で見かける露店が一箇所に集合しただけのような場所です。

客層としては、学校帰りの学生や主婦であろう人、近辺に住んでいるであろう若者が多かったです。

 

外国人は全くと言っていいほど見かけないのも特徴です。

なので日本語はもちろん、英語も通じません。

よりローカル色を求めている人にはおすすめできるでしょう。

クロンサンプラザの様子02

クロンサンプラザの場所

クロンサンプラザは、BTS クルン・トンブリーから約2キロ。

歩いて行けそうな距離ですが、意外と疲れるのでタクシーで行くのがおすすめです。

タクシーなら約5分程度。40TB(約120)くらいで行けます。

周辺を走っているタクシーなら「クロンサンプラザ」と伝えれば良いです。

 

・クロンサンプラザのブアローイが食べられる店 営業時間:14:00〜19:00。

クロンサンプラザ自体は毎日大体10:00〜21:00くらいまで開催されています。

 

Ruen Mllika(ルエン マリカ)

ルエンマリカの外観

タイの宮廷料理レストランである「ルエン マリカ」。

宮廷料理自体は個人的に口に合いませんでしたが、ここのブアローイはかなりの絶品です。

ルエンマリカのブアローイ

(ルエンマリカのブアローイ、120バーツ。)

ものすごくヨーグルトみたいな見た目ですね。

しかし、ブアローイを食べたことがない人は想像しにくいと思いますが、決してヨーグルトや杏仁豆腐のような味ではなく、甘いコーンスープのような味と想像しておいた方がいいでしょう。

 

ルエンマリカのブアローイは2〜3人用です。また、想像以上に甘いので甘党向けでしょうね。

ルエンマリカ含め、バンコクの宮廷料理レストランの詳細については以下の記事を参考にして下さい。

バンコクで本格的な宮廷料理が味わえるレストランを4つ紹介します。

 

良い店があったら教えて下さい

日本人にとっていままでにない新感覚のデザートではありますが、自分の下調べが足りず、まだまだ良いお店を開拓できていない状況です。

今後とも、出来るだけ観光地に近い場所など旅行で来られた方が行きやすい店をピックアップしていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

また、文面上でのお礼しかできないのですが、お気に入りのお店を持っている方は教えて頂けるとありがたいです。

料理中のブアローイ

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です