【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

【アユタヤ】子連れ旅行におすすめ。老夫婦が営むアットホームな古民家ホテル「バーンティエワン」宿泊レポート。

バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)のアイキャッチ画像

バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)は、アユタヤ旧市街の西側に位置する古民家風のホテルです。

複数のホテル予約サイトを眺めていたら、日本人からのクチコミ評判が非常に高かったので、気になって泊まってみました。

ホテルは、アユタヤ旧市街の見所で有名な巨大涅槃仏「ワットロカヤスタ」へは徒歩わずか7分(距離約700m)、エレファントキャンプへは徒歩13分程度の場所に位置しています。

アユタヤ遺跡観光を、徒歩でも自転車でも不便なく楽しめる立地です。

 

古民家風ホテルですが、内装はとても綺麗。また、ホテル敷地内の中庭には緑が広がっていて雰囲気が良いです。

バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の中庭

バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の中庭2

(手入れされた中庭。緑が多く、のんびりできて快適)

近代的なホテルよりも、風情を感じられるホテルが好きな人に強くおすすめします。

また、このホテルは子連れ旅行にもおすすめです。

筆者は大人2人で宿泊しましたが、インスタグラムでフォローさせて頂いてる@sunnyside_bkkさんによれば、家族4人での宿泊でも十分楽しめたとのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sunnysideup(@sunnyside_bkk)がシェアした投稿

子連れでのアユタヤ旅行の滞在先としても申し分ありません。

今回の記事では、筆者が実際に宿泊したスイートルームや朝食、ホテル設備等について詳しくレポートします。

備考
  • 駐車場あり(ただし車2〜3台分のスペース)
  • 宿泊者は自転車を無料レンタルできる
  • ホテルで遺跡見学ツアー(300バーツ)申込可能
  • チェックイン時に見所の遺跡をまとめた地図をくれる
  • バルコニーで喫煙可能
  • プールやフィットネスジムは無い

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)のレセプション

    ホテルは、非常に感じの良い老夫婦が営んでいます。家族で経営しているようで、ホームステイのような温かさを感じられます。

     

    ホテルの敷地内に一歩入ると、手入れされた中庭が広がり、木にはリスが登っていたり、とても雰囲気が良い…!

    どこを見ても手入れが行き届いているのがわかります。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の中庭3

    (敷地内は子供が走り回って遊べるくらいの広さがある。ベンチも設置されているので座ってゆったりできる)

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の中庭にある蓮池

    (敷地内には蓮池もある。あいにく筆者が宿泊した時は蓮が咲いていなかったが)

    どこを見てもゴミ一つ、枯葉一枚も落ちていません。清掃も行き届いています。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)のレセプション2

    (レセプション兼朝食会場)

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)のウェルカムドリンク

    ウェルカムドリンク。

     

    チェックインを済ませると、オーナーのおばちゃんが見所(アユタヤ日帰り観光で紹介している定番スポット)にチェックを入れたアユタヤの地図をくれました。

    また、嬉しいことにホテルに置いてある自転車は無料で使用できます。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)で無料レンタルしている自転車

    筆者達は車で来ていましたが、せっかくなのでホテルから近い遺跡は自転車で回りました。

    少々古い自転車でしたが、ちゃんと空気は入れてあってブレーキも効きます。足がない人は自転車をレンタルして遺跡を巡ると良いでしょう。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)のトゥクトゥクツアー案内

    ちなみに、レセプションでは1時間300バーツで複数の遺跡を回ってくれるトゥクトゥクサービスも利用できます。

    自転車での移動が面倒な人は、トゥクトゥクを利用しましょう。街中のトゥクトゥクは1時間400バーツなので、ホテルで頼む方が100バーツ安いです。

    めちゃくちゃ居心地が良いスイート。古都らしくゆったり過ごせる

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室2

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室3

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室4

    今回、筆者が宿泊した客室タイプはスイート(Suite)。広さは50平米です。とても広いので子連れ旅行ならスイートがおすすめ。

    1泊10,000円前後でした。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室5

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室窓から見えるガーデンビュー

    この、部屋の窓から緑がたっぷり見えるガーデンビュー…!これが良い。古民家風ホテルならでは。

    朝は小鳥のさえずりで目が覚めます。

    家具や調度品、部屋のデザインも、シティホテルにはない風情あふれる雰囲気が素晴らしいです。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室ベッド脇にある調度品

    家具や調度品は、オーナーのおばちゃんが自ら揃えたとのこと。こうした小規模な古民家風ホテルは、オーナーのセンスがもろに反映されるから面白いです。

    センスが良いです。派手派手しさはなく、温もりを感じられるデザイン。古都らしいですね。落ち着けます。

     

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室ベッド脇にあるコンセント

    枕元にはコンセントあり。

     

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室6

    ガウン、室内スリッパ、セーフティボックス、冷蔵庫、湯沸ポッド、無料のコーヒー等は全て完備。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室バルコニー

    バルコニーもあります。喫煙可能なので、愛煙家の筆者には嬉しかったです。

    屋外シャワーあり!

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室バルコニーにあるシャワーブース

    バルコニーに出ると、奥にはなんとシャワーブースがあります。屋外シャワーです。

    開放感があって気持ち良い。

    観光後、屋外シャワーで外からの気持ち良い風を感じながら、開放感の中で汗を流せます。

    子供は喜ぶでしょう。

    「屋外シャワーは嫌い」という人でもご心配なく。室内にも別途シャワーがあります

    筆者はせっかくなので屋外のシャワーを使いました。夜、外の草木のざわめきや虫の鳴き声を聞きながら浴びるシャワーは気持ち良かったです。開放感MAX。

    ジャグジー付きバスタブ

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室バスタブ

    スイートルームには嬉しいジャグジーバスタブ付きです。

    ただ…ただ、バスタブの位置が変なんです。なんとベッドの真裏に設置されています

    そういうわけで、カップルや気心知れた友人同士での宿泊でないと、バスタブの利用を躊躇ちゅうちょしてしまうだろうなと思いました。

    ただ、冒頭で紹介したご家族で宿泊された@sunnyside_bkkさんによれば、親がゴロゴロしながら子供達の入浴を眺められ、楽しく滞在できたようです。

    なので子連れでの宿泊にもおすすめできます。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の客室バスタブ2

    筆者達はカップルで宿泊したので、なんのためらいもなく、ゆったりとジャグジーバスタブを楽しませて頂きました。

    日中、自転車で遺跡巡りをした疲れが取れてさっぱり。入浴の後はもちろんビールを飲んでまったり過ごしました。

    中庭を見ながらゆったりと朝食

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の朝食

    朝食は、タイ料理やアメリカンブレックファーストなど4種類の中から選ぶスタイルです。種類は豊富ではありません。

    ただ、早朝の清々しい中庭の空気を感じながら食べる朝食は最高でした。本当に気分が良い。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の朝食2

    筆者がチョイスしたのはアメリカンブレックファースト。ご覧のとおり、ごくごく普通の朝食。

    特筆すべきことはないかな。3つ星ホテルなので朝食はこんなものでしょう。

    1〜2人滞在ならキャナルビュー(Canal View)の部屋がおすすめ!

    実は筆者、バーン ティエ ワン ホテルの滞在は2回目。

    今回は彼女と一緒だったので奮発してスイートに宿泊しましたが、以前は1人での滞在だったため、1人用に丁度良いキャナルビューの部屋に宿泊しました。

    このキャナルビューの部屋も中々良い。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)のキャナルビュー客室1

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)のキャナルビュー客室2

    部屋の広さは36平米。ごくごく普通。1〜2人滞在なら十分な広さ。

    1泊7,000円前後でした。

    この客室の何が良いのかと言うと、1階にあるので、ガーデンを見渡せるバルコニーが設置されている点。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)キャナルビュー客室のバルコニー

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)キャナルビュー客室のバルコニーから見える中庭

    バルコニーのクッションに腰掛け、静かに中庭を眺められます。癒される空間です。

    ホテルから出ずに、ここでゆったりしたい…。そう思わせてくれる景色でした。

    小鳥のさえずりだけが響いて癒されます。

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)キャナルビュー客室のシャワーブース1

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)キャナルビュー客室のシャワーブース2

    シャワーは屋外ブースのみ。開放感の中、汗を流しましょう。

    シャンプー、コンディショナー、ボディソープは完備しています。

    子連れやカップルでゆったり過ごすのにおすすめ

    バーン ティエ ワン ホテル(Baan Tye Wang Hotel)の中庭とレセプション

    確かにプールやジムと言った高級ホテルに期待する施設はありません。

    しかし、逆に高級ホテルにはない、アットホームで自然にあふれた「癒される空間」があります。

    システマティックな高級ホテルに飽きた人こそ、こうしたアットホームな古民家系ホテルに泊まると、より新鮮感を味わえるでしょう。

    実際、筆者を含め宿泊した日本人からの評価は総じて高く、「また泊まりたい」とコメントしている人がほとんどです。

    のんびりとしたアユタヤ旅行の拠点に、是非いかがでしょうか。

      その他、アユタヤにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

      アユタヤの遺跡
      アユタヤを120%満喫できるおすすめホテル。遺跡リゾートや古民家風ホテルなど。

      ライトアップされた遺跡がのぞめる高級リゾートから、一人用の格安ホテルまで、観光に便利な立地のホテルを厳選して紹介しています。

      また、アユタヤに1泊以上滞在する人は、以下記事で紹介している遺跡以外の観光地にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

      アユタヤのクルンシーナイトマーケット1
      アユタヤでの遺跡以外の楽しみ方。1泊以上滞在する人におすすめの観光地。

      賑やかなナイトマーケットや、アユタヤならではの地獄寺などを紹介しています。

      コメントを残す

      メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
      ※コメントは管理者が承認後、掲載されます。