チャラナンバー6宿泊レポート。ワットチェディルアンとサンデーマーケットが目の前。お洒落で便利な五つ星ホテル。

チャーラー ナンバー 6(Chala Number 6)の外観1

チャラナンバー6(Chala Number 6)は、チェンマイ旧市街の観光名所「ワットチェディルアン」の前に立つ五つ星ホテルです。

ワットチェディルアン

(ワット チェディルアン。チェンマイ旧市街の観光名所)

五つ星ホテルですが1泊の宿泊料金は6,000円前後(シーズンによって変動あり)。リーズナブルな料金で泊まれます。

特に立地と設備が良いです。

ホテルが位置するチェンマイ旧市街は、ランナータイ王国時代に建てられた多くの寺院が点在する観光名所です。

チャラナンバー6からは、上述したワット チェディルアンはじめ、ワットプラシンやターペー門と言った旧市街の見どころを徒歩で回れます。

観光に関しては本当に便利な立地です。

チェンマイ旧市街とは?

美しい寺院が点在するエリアです。詳細⇒チェンマイ旧市街観光ルート

ホテルの目の前ではサンデーマーケットも開催します。

チェンマイのサンデーマーケット(Sunday Market)1

サンデーマーケット。日曜日限定で開催される)

加えて五つ星ホテルだけあって施設全体の雰囲気も良い。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の中庭1

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のプール1

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の中庭2

外観から想像したよりも広々とした中庭が広がっています。

また、清涼感たっぷりな竹林の道があったり、アフタヌーンティーのラウンジが高床式だったり、伝統的なチェンマイらしさを感じさせてくれます。

ホテル周辺にはコンビニ・カフェ・レストランも多いです。チェンマイ旧市街の寺院を中心に観光しようと考えている人におすすめ。

以下で、部屋やアフタヌーンティーの様子も詳しくレビューします。

喫煙可否
バルコニーで喫煙可

チャラナンバー 6(Chala Number 6)

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のレセプション

(レセプション)

チャラナンバー6は2018年3月頃にオープンしました。多くのホテルが点在するチェンマイ旧市街において、比較的新しいホテルです。

五つ星ホテルではありますが、建物は4階建で客室数は66室。その他の五つ星ホテルよりは小ぢんまりとしています。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のエントランス

内装は大型ホテルよりも趣向を凝らしているのが見て取れます。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のレセプションロビー

ランタン風の照明、天蓋付きソファー、壺などの調度品が設置されていたり、女性スタッフがタイ北部の伝統衣装パーシンを着用しています。

味のある装飾と趣向です。

チェンマイ旧市街のような美しい寺院が点在する場所に似合います。

 

チャラナンバー 6(Chala Number 6)内にある孔雀の彫刻

チャラナンバー 6(Chala Number 6)内にある孔雀の彫刻2

ホテル内には所々に孔雀の彫刻もあります。

孔雀はチェンマイの豊かな自然の象徴であり、ホテルのモチーフです。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の中庭3

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の中庭と人形

ホテルの雰囲気はバッチリ。少々上から目線で言わせてもらいますが「100点満点」じゃないでしょうか。

やはり旅行で泊まるホテルは、こういった装飾や美しい色合いに趣向を凝らせたホテルが面白いです。

ホテル周辺は寺院・飲食店・コンビニ多数

チャラナンバー 6(Chala Number 6)周辺のカフェ

ホテル周辺環境も良し。探さずとも見つかる数のカフェ・レストラン・コンビニ・マッサージが多数。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)周辺の寺院

また、さすがチェンマイ旧市街だけあって、適当に歩いているだけで寺院や棟飾むねかざりが美しい建物が見つかります。町歩きが楽しい立地です。

ワット インタキン サドゥムアン

(ワット インタキン サドゥムアン。ホテルから徒歩5分の場所にある寺院。装飾と色合いが素敵)

ワットジェットリン

ワットジェットリンの仏像

(ワットジェットリン。睡蓮が浮く池が特徴的な寺院。ランナータイ王国時代に国王の即位儀式の場として使われていたという。チェンマイ旧市街ではかなり有名なお寺。こちらもホテルから徒歩4分程度)

チェンマイ旧市街の寺院については、以下の記事も参考にどうぞ。

ターペー門
チェンマイ旧市街で絶対に行くべき寺院。知っておくと楽しい歴史も紹介。

デラックス ダブル ルーム(Deluxe Double Room)

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の客室1

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の客室2

写真の客室タイプはデラックス ダブル ルーム(Deluxe Double Room)。広さは33平米です。バルコニー付き。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の客室3

割と普通の部屋です。一番グレードが低い部屋だからこんな物でしょう。綺麗なのは良かったです。

とは言え、1泊6,000円前後と考えるとコスパはめちゃくちゃ高い。バンコク・パタヤ等ではありえないほど安いです。

グレードの高い部屋だともっと映えそうですが、1泊20,000円もするので今回はお預け。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の客室ベッド

(ベッドには可愛い鹿の絵)

 

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のクローゼット

ガウン・室内スリッパ・帽子・傘を完備。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の客室ミニバー1

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の客室ミニバー2

ミニバーはアルコール類以外は全て無料です。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)客室のバルコニー1

バルコニー。「眺望:ガーデン」ということで中庭が望めます。バルコニーでは喫煙可能です。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のバルコニーから見える中庭

この中庭の景色がまた良いです。

朝、目が覚めてバルコニーに出ると、小鳥のさえずりが聞こえ幸せな気持ちになれます。

↓↓客室を360度見渡せるパノラマ写真

チャラナンバー6(チェンマイ)の客室写真 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のバルコニー

チャラナンバー 6(Chala Number 6)客室のトイレ

バスルーム。バスタブ付きで独立したシャワーブースもあり。そしてトイレはウォシュレット付き。さすが五つ星ホテルの設備。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のアメニティ

アメニティ

歯ブラシ・髭剃りキット・シャワーキャップ・綿棒・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・石鹸

↓↓バスルームを360度見渡せるパノラマ写真

チャラナンバー6(チェンマイ)のバスルーム写真 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

バスタブもピカピカ。

アフタヌーンティー(14:00〜16:00)

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のアフタヌーンティー会場

筆者が宿泊した客室では14:00〜16:00の間、アフタヌーンティーを無料で楽しめます。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のアフタヌーンティー会場2

アフタヌーンティー会場は、中庭中央にある高床式建築物の床下部分。

普通、五つ星ホテルだとホテル内のラウンジを利用することが多いです。しかし、さすが味のあるチャラナンバー6。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のアフタヌーンティー会場3

エスニッックな柄の入ったソファーでのんびり。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のアフタヌーンティー会場での食事1

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のアフタヌーンティー会場での食事2

アフタヌーンティーの食事内容はメロン蒸しケーキ・バナナともち米のバナナ葉包み蒸し・一口餃子・カノムチャン(ういろうのようなお菓子)・マンゴーともち米のデザート・バタフライピー等のハーブティーなど。

ちょっと残念なことにアルコール類は有料

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のアフタヌーンティー会場で飲んだビール

中庭とプールを眺めながらのんびりとコーヒー・軽食・ビールを味わいます。

ホテルの立地が旧市街なので、周辺寺院の散策中、休憩がてらホテルに立ち寄ってアフタヌーンティーで休憩できるのが良いです。

午前中に外出して寺院散策⇒14時にホテルに戻りアフタヌーンティー⇒シャワーを浴びて部屋でまったり⇒日が暮れてからはサンデーマーケット

というように、効率良く動けます。立地が良いと全てがはかどる。

プール施設・朝食

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のプール2

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のプール3

縦長の変わった形のプール。

そんなに広くはないです。他に3〜4グループほど利用していたら若干気を使います。

ただ、プール周辺に手入れされた植物があるので雰囲気は良いです。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)のプール4

(ビーチチェアの数もまずまず。が、11月〜2月の乾季・繁忙期は人が沢山いて気を使いそう)

朝食

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の朝食会場

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の朝食会場2

朝食はビュッフェ形式。中庭が見えるテラスでのんびりと。

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の朝食1

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の朝食2

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の朝食3

朝食の種類はタイ料理と洋食ブレックファーストのみ。

種類は多くないですが、オムレツやカオトム(雑炊)、サラダなど日本人でも比較的食べやすい物が中心。

料理に関しては特に言及することはありませんが、テラスで中庭を見ながらの食事は良かったです。朝から清々しい気持ちになれます。

コスパが高いホテルだった

チャラナンバー 6(Chala Number 6)の入り口

シーズンによっては1泊1万円前後になる時もありますが(正直1万円なら高いかな〜。他のホテルを探した方が良い気がする)、1泊6,000円前後なら全然あり。むしろコスパが高いと言えます。

確かに客室は普通ですが、立地やホテル施設など全体を含めると評価は高いです。

2018年開業なので比較的新しいのも良い点。

旧市街周辺でホテルを探している人にはおすすめします。特にサンデーマーケットが開催される日曜に滞在する人にとっては非常に便利な滞在拠点となるでしょう。

その他、旧市街に限らずナイトマーケット周辺やニマンヘミンなど含め、チェンマイにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

チェンマイのおすすめホテルアイキャッチ画像
チェンマイのおすすめホテル12軒。徹底してコスパが高いホテルだけを厳選【滞在エリアの特徴も解説】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。