スコータイのおすすめホテルを新市街・旧市街エリアごとにまとめて紹介。

スコータイのホテル プール

スコータイのホテルはツーリストエリアである新市街周辺と、観光のメインとなる旧市街(歴史公園)周辺に点在しています。

いずれのホテル宿泊料金もバンコクなどの都会に比べると一様に安く、ファミリー向けの広々としたホテルでも1泊4,000円台で宿泊できます。

ただし、毎年10月もしくは11月に開催されるロイクラトン祭りの時期は、タイミングによっては宿泊料金が1.5倍〜2倍近く跳ね上がり1ヶ月以上前に予約そのものが満杯になることも珍しくありません

ロイクラトン目当てでスコータイ旅行を検討している人は、2ヶ月前にホテルを決めても良いくらいでしょう。

>>>2017年/スコータイのロイクラトン祭り日程詳細 タイ政府観光庁

今回の記事ではスコータイ旅行を検討している人に向けて、新市街と旧市街それぞれのエリア詳細と点在するおすすめホテルを紹介していきます。

ホテルの位置を記したMAP

上MAPの右側が新市街(ツーリストエリア)、左側が旧市街(歴史公園)です。

新市街⇄旧市街間のアクセスには、両エリアを行き来するソンテウを利用します(ソンテウ乗り場はMAP上緑色のバスマーク)。

旧市街行きソンテウ乗り場

(新市街⇄旧市街を行き来するソンテウ。乗車料金は一律30バーツ)

スコータイ観光のメインとなるのは旧市街の歴史公園であるため、滞在場所は旧市街の方が良いと思われがちですが、新市街の方がレストランやマッサージ、人通りが多く利便性は高いです。

ただ、ファミリー向けの大きなホテルはもっぱら旧市街に点在しています。

両エリアの違いは以下の通りです。

  • 新市街 = レストランやマッサージが多く、日が落ちても人通りがある。滞在に便利なエリア。1人〜2人滞在規模のホテルが多い
  • 旧市街 = 新市街よりレストランやマッサージなどの旅行者向け施設の数が少ない。また、日が暮れると人通りが少ない。3人以上向けの大きなホテルが多い

個人的な感想としては新市街に滞在するのがおすすめですが、子連れ旅行者などは旧市街ホテルの方が施設が充実しているので過ごしやすいかと思います。

新市街(ツーリストエリア)のおすすめホテル

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)の入り口

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)は、各客室がコテージ風に独立しているタイプのゲストハウスです。

ここのオーナーは無口ですが対応は親切で、こちらから問い合わせれば、歴史公園の観光MAPをくれたり空港やバス停までの乗り物を手配してくれます。

料金の割には部屋も広くて清潔で、バランスの取れたゲストハウスです。

 

フォレストスコータイゲストハウスのレセプション

チェックインをするレセプションは敷地入り口を入って奥にあります。

 

フォレストスコータイゲストハウスの客室

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)のプール

各客室は上写真のように独立したコテージのようになっています。日が暮れるとプールはライトアップされ、夜の8時くらいまで利用可能です。

 

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)の客室3

ダブルルーム プールビュー (Studio with Garden View)の客室。客室の広さは24㎡です。

手前には2人でもゆったり腰掛けられるソファーがあり、広々としているように感じられます。部屋全体がガラス張りなので、日中は燦々とした日光が差し込んで気持ちが良かったです。

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)の客室4

(朝一番。光が差し込み、鳥のさえずりが聞こえて爽やかな気分)

 

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)の作業机

作業机とセーフティボックス。

 

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)のシャワールーム1

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)のシャワールーム2

シャワールーム。シャンプーやボディソープ、リンスーはホテルのロゴが入ったきちんとした物が用意されていました。

 

フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)の朝食

朝食メニューは9種類の中から選択可能で、いずれも上写真のような定番ブレックファーストです。

 

コテージ風ゲストハウスなので、雰囲気的にゆったりとした気持ちで過ごせるでしょう。

遺跡観光後はプールに浸かってソファーでゆったりして、気がついたら寝ていたりと、自分自身リラックスした気持ちで滞在できました。

リゾート感を感じられるホテルに泊まりたい人におすすめ。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>フォレスト スコータイ ゲストハウス(Forest Sukhothai Guest House)

ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)

ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)の外観

1階にレストランが併設されたスタンダートなタイプのホテル。1泊の宿泊料金3,000円を切るため、新市街の中ではかなり手頃。

その上、部屋にはバスタブやバルコニーも付いているので、リゾート感こそないものの快適なホテルライフを送れます。

 

ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)の客室1

ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)の客室2

ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)の客室3

部屋は広くはないですが、最低限必要な物は全て揃っています。

 

 ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)のバスルーム1

ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)のバスタブ

バスタブ付きシャワールーム。浴槽はそこそこ広い。大人が余裕で足を伸ばして浸かれます。

スコータイ遺跡の観光は自転車で回る人が多いでしょう。遺跡の数は意外と多いため、観光後は疲れが溜まります。そんな時、湯船にどっぷりと浸かれるのは本当にありがたかったですね。

 

 ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)のアメニティ

アメニティ。シャンプーとボディソープは安っぽいですが、歯ブラシ付きです。

 

1泊3,000円以下というそこそこの料金で、バスタブ・バルコニー付きの部屋に泊まれたのでコストパフォーマンス的には良かったという感想を持っています。

リゾート感より設備面を重視して宿泊費を安く抑えたい人向けのホテルと言えるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ナコーン デ スコータイ ヒップ ホテル (Nakorn De Sukhothai Hip Hotel)

旧市街のおすすめホテル

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)の入り口

スコータイ歴史公園まで約1.7kmの場所にある大型ホテル。スコータイのホテルの中では最も有名で人気の一つです。

中庭付きの広い敷地の中に客室が独立して個別にあり、敷地の中にはレストランやマッサージ、お土産屋などもあります。

ホテル全体が大きな屋敷のようになっていて、各所にスコータイらしい伝統的な雰囲気が出ているのが特徴です。

 

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)のレセプション

レセプション。

 

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)の敷地内2

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)のショップ

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)の敷地内3

ホテル敷地内は、日本の文化を融合させたような雰囲気でどこか懐かしいです。夜になると敷地内の池からは噴水が出てライトアップされます。

ビーチや都会とは違ったリゾート感です。自分は結構好きな雰囲気でした。

 

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)の客室1

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)のベッド

宿泊料金は1泊7,000円前後(但し上述したようにロイクラトン祭りの間は上がる可能性大)。

エキストラベッドを加えられるので家族連れの滞在も可能です。

 

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)の冷蔵庫など

作業机、冷蔵庫など。傘も完備してあります。無料のコーヒー、ボトルウォーター付き。

 

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)のバスルーム1

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)のアメニティ

バスタブ。アメニティなど。

 

レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)のプール

ライトアップされた夜のプール。周囲の建物や光が良い雰囲気を出してました。

このホテルはスコータイで泊まったどのホテルよりも非日常的な演出をされていて、快適なのはもちろんですが、それ以上に「楽しい」という気持ちでワクワクできたホテルです。

ちょっと和風テイストな雰囲気も漂っていて、タイ文化と日本文化が融合したような空間であり、すぐ近くには世界遺産の遺跡もあるというロマンチックなシチュエーションを楽しみたい方向けです。

エキストラベッドも足せることですし、家族連れにもバッチリなホテルでしょう。

ホテルでは自転車のレンタルを行っています。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>レゲンハ スコータイ ホテル (Legendha Sukhothai Hotel)

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)

スコータイ歴史公園より1.8kmの場所にある家族経営のホテル。広い敷地内に客室がそれぞれバンガロー風に独立しているのが特徴。

敷地が広くて、綺麗に手入れされているので清々しいです。このホテルには白人の家族連れ旅行者の宿泊客が多かったです。

レセプションでは、50バーツ/日で自転車を借りられます。

 

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)の中庭

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)のコテージ

ホテルの敷地内。バンガロー風の建物が客室。

 

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)の客室1

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)の客室2

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)のテレビ

天蓋付きのシングルベッド2台の部屋。

ベッドに上に置いてあるバスタオルが、象の形に折られていて可愛かったです。

WiFiの繋がりは好調で、滞在においてこれと言った不満は一つもありませんでした。

 

シャワールーム

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)のシャワールーム

 

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)のテラス

各コテージにはテラスがついています。日中はここでのんびり煙草を吸ったり読書をするのも贅沢な時間でした。中庭が手入れされて清潔なので気持ちが良い。

 

サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)のプール 夜

ライトアップされた夜のプール。象さんの置物が可愛い。

 

ホテル周辺は人通りが少ないため、夜出歩くことはできませんが、遺跡に近いので観光には便利な立地です。

スタッフは総じて愛想が良くて、チェックイン時にMAPをくれて、見所となる遺跡に記しをつけて場所を教えてくれました。

サワディースコータイ リゾートはレビューを見ると評価が非常に高いです。

その理由は、こうしたスタッフのホスピタリティや施設全体の清潔さが、日本のサービスクオリティと比べても満足できるレベルだからだと思います。

帰りにバスターミナルまでのトゥクトゥクを、電話で手配してくれたのも親切でした。

宿泊料金確認・予約は以下より可能です。

>>>サワディースコータイ リゾート (SawasdeeSukhothai Resort)

スコータイのホテルまとめ

スコータイ歴史公園

基本的にどのおすすめホテルも快適に過ごせましたし、普段バンコクばかりに滞在している自分にとっては、値段の割に部屋が良くて、コストパフォーマンスは高かったように感じます。

新市街・旧市街のどちらに滞在しても、新市街ならソンテウで旧市街へ行けますし、旧市街なら自転車を借りて遺跡を回れます。

なので、観光においては新市街と旧市街どちらも不便を感じることはないでしょう。

この記事で紹介した以外のホテルについては、以下からも確認可能です。

>>>スコータイのホテル一覧

スコータイの観光情報については、以下の記事を参考にどうぞ。

スコータイ観光の完全ガイド。遺跡とロイクラトンが美しいタイ北部の世界遺産。
(スコータイを代表する遺跡の一つ。ワット・シーチュムの巨大な仏像)スコータイ(Sukhothai)は、タイ北部に位置する県の一つです。バンコクからの距離は約420km。バスでアクセスすると、所要時間は約7時間〜8...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です