バンコクのおすすめホテルまとめはコチラ

サメット島「ル ビーマンコテージ アンド スパ」は最高の楽園だった!自然豊かなプライベートビーチのお洒落リゾート。

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のアイキャッチ画像

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages ans Spa)は、サメット島のアオプラオビーチに位置する4つ星ホテルです。

アオプラオビーチはサメット島ガイドに記載しているように、島内において最も洗練され手入れが行き届いているビーチ

サメット島のアオプラオビーチ

(アオプラオビーチ。緑が多くて癒される)

ル ビーマン コテージ アンド スパは、サメット島において最もおすすめのホテルです。

ホテルの特徴
  • 1泊25,000円前後
    (シーズンによって変動あり)
  • 客室は独立したコテージタイプ
  • 子連れ向けの広い部屋
  • インフィニティプールあり
  • ホテルのイタリアンレストランが美味しい
  • 目の前がビーチ
  • サンセットが綺麗
  • 夜はファイヤーダンスを鑑賞できる
  • 桟橋から無料送迎がある

サメット島のホテルの中では高級に感じられる料金ですが、それだけに施設、ロケーション、サービス全てのクオリティが高いです。

洗練されたプライベートな空間で、ゆったり休暇を過ごしたい人におすすめです。

以下にて、ホテルの施設内容や周辺環境、アクセス方法を詳しく記載しています。

    MEMO
    • チェックイン開始時間 / 14:30
    • チェックアウト最終時間 / 12:00
    • フロント受付終了時間 / 20:00
    • 全室禁煙。喫煙は各客室棟のスペースにて可

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages ans Spa)

    上空から見たル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)

    (ホテルを上空から見るとこんな感じ。緑が沢山)

    ホテルの客室数は全31室。全ての部屋がコテージ風で独立しています。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)敷地内の歩道

    敷地内の歩道。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)とビーチの間にある歩道

    ホテル敷地から歩道を隔てて、目の前がビーチです。ホテルから水着姿でダイレクトにビーチへ行けます。

    サメット島のアオプラオビーチ2

    (ビーチ)

    ホテル敷地内も歩道もビーチも、ヤシの木など緑の手入れが行き届いていて気持ち良いです。朝、歩道を散歩するだけでも清々しい気持ちになれます。

     

    ちなみにホテルが位置するアオプラオビーチは、全長約500mの割と広めのビーチです。

    広いながらホテルはたったの3軒しかありません。また、多くの観光客を乗せた船がサメット島到着時に入港するナダン港からは、車で10分以上も離れています。

    そのため、やかましい団体客が来ません。アオプラオビーチにいる人の大多数がホテル宿泊者です。

    広くて自然豊かで綺麗なビーチを、プライベートビーチのような感覚で利用できるのが人気の理由です。

     

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のエントランスロビー

    木材をたっぷり使用した南国チックなエントランスロビー。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のウェルカムドリンク

    ウェルカムドリンク

     

    筆者が宿泊したのは6月の閑散期でしたが、アーリーチェックインはできませんでした。到着後、チェックイン開始時間までは、ホテル併設のレストランで時間を潰しました。

    レビューを見てもアーリーチェックインできなかったという口コミが多いです。混雑状況にもよるのでしょうが、アーリーチェックインは基本的に不可と思っておいた方が良いでしょう。

    客室レビュー【デラックスコテージ ヒルサイド(Deluxe Cottage Hillside)】

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室棟1

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室棟2

    客室棟は茅葺き屋根でエキゾチックな外観。客室棟へアクセスするまでに階段が多いので、小さな子供連れだと少々大変かもしれません。。。

     

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室1

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室2

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室3

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室4

    客室の広さは45平米。部屋は清掃が行き届いていて綺麗です。快適に過ごせます。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室5

    特に筆者が気に入ったのが、緑がたっぷり見える大きな窓。海リゾートの雰囲気を感じませんか?

    朝起きてブラインドを開けると、日の光がたっぷり差し込むと同時に沢山の緑が目に入ります。

    素晴らしい1日の始まりになること間違いなしです。

     

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のシャワールーム

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のシャワールーム2

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のアメニティ

    シャワールーム。以下の物を完備しています。

    • セーフティボックス
    • ガウン
    • ドライヤー
    • 虫除けジェル
    • 歯ブラシセット
    • 髭剃り
    • くし
    • コットンセット
    • 綿棒

    アメニティは都市の高級ホテル同様のラインナップです。シャンプー、コンディショナー、ボディソープは備え付けです。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室シャワーブース

    唯一残念だったのは、バスタブが無かったこと。。。うーん、この価格のホテルでバスタブが無いとは…。

    ただ、ビーチ沿いのホテルの割には水量があって、ちゃんとシャワーを浴びられました。その点はさすが高級ホテルです。

     

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室バルコニー

    客室のバルコニー。喫煙できます。水着を干す竿を備えています。

    インフィニティプールの雰囲気が最高

    ビーリ沿いのホテルでは、プールの存在はスルーされがち。

    しかし、ル ビーマン コテージ アンド スパに限っては、プールでも泳ぎたくなります。そのくらい雰囲気が良いです。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のインフィニティプール

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のインフィニティプール2

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のインフィニティプール3

    控えめに言っても最高…!筆者はル ビーマン コテージ アンド スパに2泊滞在しましたが、2日目は海ではなくプールで泳いでいました。そのくらい、病みつきになるほど素晴らしい雰囲気のプールです。

    「せっかく海に来たのにプールで遊ぶってどうなのよ…?」と思わせない、素晴らしいインフィニティプールです。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のマッサージルーム

    プールサイドには、海を見ながらゆったりできるマッサージルームもあります。

    ホテルレストランのピザが美味しい

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のレストラン

    ホテルには海が見えるお洒落なレストランが併設されています。

    アオプラオビーチにはホテル併設以外の飲食店が存在しません。そのため、夕食は併設のレストランで食べます。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ併設のレストランは、イタリアンが美味しくて有名です。

     

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のレストランで飲んだビール

    まずは美しい海と夕日を見ながらビールを一杯。

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のレストランで食べたピザ

    ピザ(595バーツ)。うん、普通に美味しい。高級レストランと同等のクオリティです。

    生地が柔らかい。耳たぶくらい柔らかくて食感良し。ソースも酸味を帯びた旨味を感じます。

    これは誰が食べても美味しいと感じるでしょう。結構おすすめです。

     

    ピザの他にもパスタ類(各330〜400バーツ)、サラダ類(395〜500バーツ)、ステーキ類(595〜1,000バーツ)など、様々なメニューがあります。

    ホテル価格なので若干高めですが、ロケーションと雰囲気が抜群なので満足です。

    ビーチでランチもできる

    ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のビーチで食べたタイ料理

    ビーチ沿いのチェアでもご飯を食べられます。この時はランチにタイ料理を食べました。こちらも美味しい。

    アオプラオビーチは遠浅で子供も遊びやすい

    サメット島のアオプラオビーチ3

    サメット島のアオプラオビーチ4

    ル ビーマン コテージ アンド スパを子連れ旅行にもおすすめする理由は、アオプラオビーチが子供でも遊びやすいからです。

    アオプラオビーチは遠瀬です。比較的水深が浅いため、子供も遊んでいます。

    海で泳いでいると、たまに魚が見えてテンションが上がります。また、砂浜も綺麗なのもおすすめのポイント。

    サメット島のアオプラオビーチ5

    もちろん水質も良し。透明度抜群です。

    美しいサンセット

    アオプラオビーチのサンセット

    18時頃からは美しい夕日が望めます。

    夜はファイヤーダンス

    毎週金曜日と土曜日の20:00からは、サメット島の名物「ファイヤーダンス」をビーチで鑑賞できます。

    夜もほどよく賑やか。楽しい滞在になりました。

    夜のアオプラオビーチ

    (夜のアオプラオビーチ)

    無料送迎あり!スピードボートで簡単アクセス

    サメット島へ行くには、エカマイバスターミナルからバスでバンペー港へ行きます。

    通常は、バンペー港から有料のフェリーもしくはスピードボートに乗ってサメット島へアクセスします。

    (エカマイバスターミナルからバンペー港への行き方については、以下の記事を参考にどうぞ。
    >>>サメット島への行き方。バスの乗り方、フェリーの時刻表、特定のホテル宿泊者専用の無料送迎ボート乗り場も解説。

    しかし、ル ビーマン コテージの宿泊客は、無料のスピードボートに乗ってホテルまで直接アクセスできるのです。

    バンペー港にある「アオプラオ ピア(Ao Prao Pier)」からスピードボートに乗れます。

    以下は、アオプラオピアの場所を記したGoogleMap。

    バス到着場所からアオ プラオ ピアへの地図

    エカマイバスターミナルからのバス到着場所からアオプラオ ピアへの地図。徒歩7分で到着します。

     

    アオプラオピアの入り口

    アオプラオピアの入り口

    アオプラオ ピアのチェックインカウンター

    アオプラオ ピアには待合室があります。

    待合室内のカウンターでは、先にホテルチェックインを済ませられます。

    スピードボートの出発時間は以下のとおり。1日3便です。

    • 11:00
    • 13:30
    • 16:00
    1日3便だけなので使い勝手はよくないですが、無料なので時間が合えば利用しましょう。

    (その他、定刻時間外でも利用できるプライベートスピードボートもある。料金は2,000バーツ)

    以下の記事にて、無料の送迎ボート含め、バンコクからサメット島へのアクセス方法を詳しく解説しています。合わせて参考にどうぞ。

    サメット島への行き方アイキャッチ画像
    サメット島への行き方。バスの乗り方、フェリーの時刻表、特定のホテル宿泊者専用の無料送迎ボート乗り場も解説。

    サメット島旅行におすすめ

    昼間のアオプラオビーチ

    ロケーション、施設、料理、全てにおいて良いホテルでした。サメット島でゆったりバケーションを楽しみたいならル ビーマン コテージが絶対におすすめです。

    サメット島旅行を検討している人は、是非滞在先として検討してみてはいかがでしょうか。

      その他、サメット島にある全てのおすすめホテルについては、以下の記事も参考にどうぞ。バックパッカー用の格安ホテルから高級ホテルまで、エリアごとにおすすめの宿を紹介しています。

      ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のプール1
      サメット島のおすすめホテル。ビーチが目の前で景観良し!極上のリゾート滞在。

      サメット島ってどんな場所?おすすめのビーチや島で楽しめるアクティビティについては、以下の観光ガイドを参考にどうぞ。

      アオプラオビーチの夕日
      サメット島とは?100倍楽しめる観光ガイド。6ヶ所のおすすめビーチと絶景夕日スポット。

      コメントを残す

      メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
      ※コメントは管理者が承認後、掲載されます。