30代が背負っても悪目立ちしないお洒落リュック。ガストンルーガの使用レビューと口コミ。

ガストンルーガのリュック1

30代は何かと身につける物のセンスが問われる年代です。

20代のように若々しすぎると悪目立ちします。かと言って40代のように改まった感じの服装は、まだ年相応ではないでしょう。

遊び心を程よく失わないカジュアルテイスト、かつ上品なデザイン。これが30代にふさわしいアイテムではないでしょうか。

とうとう自分も30代になったので、少しずつ落ち着いた大人の雰囲気を演出したいと思い始めた今日この頃。

上記の条件を満たす街歩き用のリュックを探していたところ、「ガストンルーガ(Gaston Luga)」というブランドより「ブログコラボ企画」でリュックを頂きました。

ガストンルーガの特徴は、カジュアルなフラップ型デザインに上品なレザー素材、見てくれだけでなくノートパソコン収納ポケットもある高い利便性です。

街中でも高級ホテルで背負っていても違和感がないです。TPOをわきまえる必要なし。

1泊2日程度の小旅行にも使えます。使い勝手は抜群。

この記事ではガストンルーガのリュック使用レビューと、購入時に使える15%OFFのクーポンを紹介しているので、お洒落なリュックを探している方は是非。

ガストンルーガ(Gaston Luga)

ガストンルーガのリュック2

ガストンルーガは、北欧はスウェーデン発のバッグブランドです。

参考 北欧デザイン バックパック・リュックサックガストンルーガ公式サイト

スウェーデン…いまいち我々日本人にはピンとこない国ですが、あの「IKEA(イケア)」発祥の国なんですね。

確かにイケアに共通するシンプルかつ高い機能性を感じます。

“北欧生まれ”という響きも好きです。

こうした街歩きで使えるタウンユース系のリュックと言えば、主流はスポーツ系やアウトドアのアメリカブランドです。しかし、ガストンルーガは北欧。

なので他の人と被らないです。実際、都心でガストンルーガを背負っている人はそんなに見かけません。

差別化お洒落です。周りの友人からは、頻繁に「どこで買ったの?」と聞かれます。

拡張可能なフック型の開け口。1泊2日分の泊まり荷物なら余裕で入る容量

ガストンルーガ リュックの開け口

開け口はファスナーではなくフック。しかも、荷物の容量に応じて4段階に調整できるようになっています。

細かく見ると、止めベルトの縫製もしっかりとしていて安物感が全くありません。

留め具

(留め具は金属で出来ている)

公式サイトでは容量18Lと記載されていますが、体感的には20Lくらい入ります。

1泊2日程度の小旅行なら十分事足りる容量です。

ガストンルーガのメインポケット

メインポケットは巾着のような構造になっていてストラップで調整可能。

 

メインポケットを締めるには、ストラップを持って

メインポケットのストラップ

上げるだけ

メインポケットのストラップ2

ストラップの存在がフラップ型デザイン(かぶせ蓋)の欠点である『蓋の隙間から中身が落ちやすい』を完全に補っています。

実際、このバッグに歯ブラシやら下着やら小さい物を詰めて湯布院まで温泉旅行へ行ってきたのですが、結構ハードに動き回っても中身が落ちることはありません。

サブポケットは全部で4つ

ガストンルーガのリュックには、メインポケットの他に4つのサブポケットが付いています。

PCポケット

メインポケットの中にあるラップトップ用ポケット。13インチ〜15インチのノートパソコンならジャストで入ります。

 

2つ並びのポケット

ラップトップ用ポケットの外側に二つの小ポケットがついています。

丁度、口臭タブレットやスマートフォンが入るサイズ。

この小ポケットにはスマホケース型バッテリーや予備のライター、イヤホンなど、たまに取り出す小物を入れています。

 

背面ポケット

背面にはパスポートが丁度入るポケットもあり。

このポケットは貴重品を収納するのに便利。背面なので安心感があります。人に見られたくないスケジュール帳などを入れるのにも良いでしょう。

財布も入らないことはないですが、かさばると背中がゴワゴワするので、薄い物を入れる用に使うと良いです。

使い心地

従来のバックパックに比べると収納性はそこまで高いわけではありません。

デザインを優先してか外側にサブポケットがなく、内側のサブポケットは小さいです。

そのため、文房具や読みかけの本、ケーブルなどの小物をたくさん持ち歩く人は、別途ポーチやケースにまとめた方が整頓できるでしょう。

どちらかと言えば、最小限度の必要な物だけを持ち歩きたいミニマリスト的思考の持ち主に合ったリュックだとは思います。

このリュックを使い始めてからは確かに余分な物を持ち歩かなくなりました。普段から余計な物を多く持っていたことに気付けました。

デザインが良いだけに、物を詰め込みすぎてリュックがダサく膨らむのは嫌なのもあって、常に荷物は最小限。

その結果、満員電車の中でもリュックが邪魔にならなくなったのは良い点です。

 

ビジネスバッグとしても十分使えると感じました。

細々とした物はケースやポーチにまとめれば、収納ポケットが少ない欠点は補完できます。

また、TPOをわきまえる必要のないデザインなので、これ一つでプライベートもビジネスも兼用できるのが何よりも良いです。

 

従来のタウンユースリュックがチェーン店カフェなら、ガストンルーガは個人経営のお洒落なカフェといった雰囲気。

他人と被らないデザインながらも街にはうまく溶け込むような、悪目立ちしないカジュアルさ。

やはり30代には丁度良いリュックだなと実感。

カフェに合うインスタ映えリュック

It’s the little things that make me smile. (Photo via @uminoao_soranoao) #anywherewithGL

Gaston Lugaさん(@gastonluga)がシェアした投稿 –

ガストンルーガは本国スウェーデンをはじめ外国では使用者が多いようです。

インスタグラムで探してみると、皆さんお洒落なカフェで個性溢れる写真を載せています。

様々な写真を見て気づいたのは、ガストンルーガのリュックはお洒落なカフェにあるビンテージの木材家具に凄く合います。

温もりのある雰囲気とマッチしているんですよね。

これもガストンルーガの持つ独特なカジュアルさが醸し出す気品と言えるでしょう。

北欧っぽいです。

15%OFFのクーポンコード(利用可能期間は無期限)

現在、ガストンルーガのリュックは、以下より購入可能です。

ガストンルーガ(専用割引コード:thai115)

Gaston Luga
¥18,360 (2018/11/13 21:17:57時点 楽天市場調べ-詳細)

冒頭でも述べたように、ガストンルーガ公式サイトより無期限で利用できる15%OFFの以下クーポンを頂いたので、購入する際には是非利用して頂ければと思います。

クーポンコード:thai115

さらに送料は無料で購入できるとのこと。

この記事で紹介したリュックが24,000円なので、クーポンを利用すれば20,400円で購入できます。

この20代には手が届きそうにない、30代だからこそ持てる価格設定も良いです。リュックの質から言っても妥当な値段。

これまでにない新しい雰囲気のリュックを、是非日常の相棒にしてみてはいかがでしょうか。

 

マキャベリックやマンハッタンポーテージといった、従来の定番ブランドバックパックの人気ランキングについては、以下の記事を参考にどうぞ。

バックパックと男性
タウンユース向けのお洒落なバックパックを厳選してランキング化してみた。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。