バンコクの象ビル「エレファントタワー」の内部はホテルになっている。宿泊してきたのでレポート。

メジャーラチャヨーティンの駐車場から撮影したエレファントタワー

エレファントタワーとは、バンコク市内に存在する象の形をしたビルです。

パポンヨーティン通りと言う、BTSヴィクトリーモニュメントを起点にドンムアン空港方面へと伸びる大通り沿いに位置しています。

ドンムアン空港からタクシーで市内へ行く際に見かけたことがある人は多いでしょう。

下から見上げたエレファントタワー

3つの巨大な棟がM字状に繋がっている摩訶不思議なデザイン…
道路側に建つ棟には、象の目や耳と思われる部分が見えます。

別名をチャーンビルディング、タイ語でตึกช้าง(カタカナ読みすると「トゥッ チャーン」。「チャーン」はタイ語で象を意味する)と呼ばれるこのビルは、
タイ好き外国人の間でよく知られている珍スポットです。

 

このエレファントタワー 、我々外国人観光客にとって特に行く用事のないエリアに、「デン!」と鎮座しています。

ビルの中にはレンタルオフィスやイベントスペース、分譲式の住居が入居しているわけですが、いずれも観光客向け施設ではないため、ビル周辺で外国人の姿は殆ど見かけません。

要は「何だかよく分からない建物」なわけです。

下から見上げたエレファントタワー2

(観光客にとっては、ただ外から写真を撮るだけの場所)

そんなわけで、筆者も存在は知っていたものの、どうにも行く気が起きなくて足を運んだことがありませんでした。

しかし、先日ホテル予約サイトのAGODAを見ていたら、なんとホテル一覧にエレファントタワーが表示されているではありませんか。

1泊の宿泊料金は3,000円。

これは面白そうだと思い、さっそく宿泊してきました。

 

最初に言っておくと、別に面白いホテルでも何でもありませんでした。

ただのビジネスホテルです。

宿泊料金の安さから、そんなに期待もしていませんでしたが、とりわけ象が絡んだ演出があるわけでもなく…

せっかくなので、この記事で

  • エレファントタワーの概要
  • 内部ホテルの様子
  • エレファントタワーの行き方

等を詳しく記載します。

珍スポットが好きな人は是非。

エレファントタワー。バンコクの象ビル

エレファントタワーの顔パーツ

エレファントタワーは、1997年に完成した高層ビルです。

32階建てで、高さは102m。

 

英語Wikipediaによれば、2011年にアメリカのニュースチャンネル「CNN」による特別シリーズ「世界で最もユニークな高層ビルTOP20」にて、
クアラルンプールのペトロナスツインタワー東京モード学園のコクーンタワーを制して堂々の第4位にランクインしたとのこと。

参考 Top 20 World's Most Iconic Skyscrapersmosticonicskyscrapers

ちなみに、2019年7月現在、バンコクにおける高層ビルランキングTOP10は以下の通り。

ランク名前高さ完成
1位コンドミニアム
(MAGNOLIAS
WATERFRONT
RESIDENCES)
318m702018
2位展望台
(マハナコン
タワー)
314m782016
3位バイヨーク
スカイホテル
304m851997
4位コンドミニアム
(Four Seasons
Private
Residences)
301m732019
5位コンドミニアム
(The Residences
at Mandarin
Oriental Bangkok)
272m522018
6位コンドミニアム
(The River
South Tower)
266m712012
7位コンドミニアム
(Canapaya
Residences)
253m572019
8位ルブアアット
ステートタワー
247m682001
9位CRCタワー245m532002
10位コンドミニアム
(Magnolias
Ratchadamri
Boulevard)
242m602016

エレファントタワーはベスト10は愚かランキング100にもランクインしてません。

まあ102mですからね。
100m程度の建物なら日本にもたくさんあります。

とは言え、エレファントタワー周りには高層ビルが存在しないため、存在感がめちゃくちゃあります。

(嫌でも目につく存在感)

ところで、このエレファントタワーのデザインを見て、どことなく質素に感じませんか。

筆者は「せっかくならもっと象らしく丸みを帯びた部分を作ったり、デザインを工夫すれば良かったのに…」と思いました。

なんなら鼻の部分から噴水みたく水が出てくる造りになってるとか。

なんでこんなに質素な作りなのだろう?と思って調べたところ、そもそもエレファントタワーは、最初から象の形を設計していたわけではなかったとのこと。

敷地面積の関係で、建物3棟を上部から繋いだところ、偶然にも「象っぽくないか?」と気付き、後から目や鼻になる部分を取り付けたとのことです。

どおりで、なんかこう…モダンとは言い難いデザインなわけです。

とは言え、結果としてこの溢れ出るB級感が珍スポットとしての鑑賞的価値を創出しているので、結果オーライと考えます。

エレファントタワー内部のホテル「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」

エレファントタワーの入り口

(エレファントタワーへの入り口)

内部のホテルをレビュー。

冒頭でも述べましたが、ただのビジネスホテルなので、コレと言った特徴はありません。

まず、1階入り口よりエレベーターを使って、レセプションがある5階へ上がります。

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」のレセプション

レセプション。

チェックイン時に500バーツのデポジットを預けます。

 

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」の通路

ホテル内通路。

日本のビジネスホテル同様、ごくごく一般的な造り。

 

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」の客室1

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」の客室2

写真の客室はデラックス(Deluxe)。広さは33平米です。

清掃は行き届いているようで、清潔感はあります。寝るだけなら全然あり。

WiFiの感度は良好です。

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」の客室3

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」の客室の冷蔵庫ミニバーとクローゼット

ミニバーやセーフティボックス完備。

 

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」の客室から見える景色

唯一特徴的だったのは景色がそこそこに良かったこと。

今回筆者が宿泊したのはホテル最上階の18階だったので、3,000円の安ビジネスホテルにしては良い景色が望めました。

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」の客室から見える夜景

夜景はこんな感じ。

延伸工事中(2019年7月現在)のBTS パホンヨーティン24が見えます。

 

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」のシャワールーム1

エレファントタワー併設の「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」のシャワールーム洗面台

シャワールーム。

お湯はしっかり出ます。ドライヤーやアメニティ(シャンプー、ボディソープ、石鹸)は完備。

 

これだけです。

ホテルにはプールやフィットネスジムなどの施設はありません。

また、特に展望台スポットなどもないです。

客室だけを見ると本当にただのビジネスホテル。

エレファントタワーの隣にあるセブンイレブン

エレファントタワー隣にはセブンイレブンがあるので、滞在中に不便を感じることはありません。

600mほど歩けば「メジャー・ラチャヨーティン(Major Cineplex Ratchayothin)」という中規模モールもあります。

メジャー・ラチャヨーティンの外観

メジャー・ラチャヨーティン。

ケンタッキーやマクドナルド等のファストフード、ラーメン屋、やよい軒などの日本食チェーン店あり。

ちなみに、この記事最初の写真は、メジャー・ラチャヨーティンの駐車場最上階から撮影しました。

メジャーラチャヨーティンの駐車場から撮影したエレファントタワー

メジャー・ラチャヨーティンの駐車場

視界をさえぎる物がない場所なので、結構綺麗に撮影できます。

おすすめの撮影場所です。

ドンムアン利用前日やトランジットで利用すると良い

先述した通り、エレファントタワー周辺は観光地があるわけでもなく、外国人は殆ど見かけません。

2019年7月現在は延伸工事中のBTS「パホンヨーティン24」駅が目の前にありますが、完成するまでは(完成予定は2020年)タクシーか路線バスでしかアクセス不可。

よって、エレファントタワーのホテル「イヤリン@トゥック チャン ラチャヨーティン ホテル」は、わざわざ旅行で泊まりに行く必要はないです。

ただ、ドンムアン空港からは、そう遠くない距離にあります。

ドンムアン空港からの距離は約14km。渋滞がなければ12分程度でアクセスできます。

なので、ドンムアン空港利用前日やトランジットで宿泊するなら良いでしょう。

普通のトランジットホテルや空港周辺のホテルに宿泊するよりは面白味があります。

繰り返しになりますが、普通の観光旅行で泊まる場所ではないです。

エレファントタワーへの行き方

エレファントタワーへの行き方は以下2つ。

  • タクシー
  • 路線バス

手っ取り早く行きたい人はタクシーを使いましょう。

タクシードライバーには、エレファントタワーのタイ語表記「ตึกช้าง」もしくはエレファントタワーの写真を見せれば伝わります。

バンコク中心街のアソーク辺りからであれば、運賃は85バーツ前後です。

MRTパホンヨーティンからであれば、40バーツ前後です。

路線バス

エレファントタワー前には「Opposite Elephant Building」という、そのまんまの名前のバス停があります。

エレファントタワー最寄りのバス停地図

路線バスで行く場合は、上記バス停を目指しましょう。

エレファントタワー前に停まる路線バスは複数存在しますが、旅行者が利用しやすい系統番号は以下の4つ。

  • 26番 ⇒ BTSヴィクトリーモニュメント発
  • 34番 ⇒ MRTファランポーン発
  • 104番 ⇒チャトゥチャック前を通る
  • 524番 ⇒ チャトゥチャック前を通る

バンコク路線バス系統番号24番

(24番のバス)

路線バスMAPアプリを活用しよう

エレファントタワー前のバス停『Opposite Elephant Building』に停車する全てのバス系統番号や、各バスが通るバス停などは、
以下のViaBusというバンコク路線バスMAPアプリを活用すると簡単に把握できます。

ViaBus

ViaBus

Intouch Marsvongpragorn無料posted withアプリーチ

VIABUSの使用画面

アプリの詳しい使い方については、以下の記事を参考にどうぞ。
バンコクの路線バスを乗りこなせる便利な路線図ルートアプリ『Via Bus』

GoogleMap仕様なので、どのサイトよりも一番簡単に路線バスのルートを確認できます。

物好きなら一度は見に行く価値あり

ただただ大きいだけの象ビルですが、なんだかんだで4,000文字近くの記事になりました。

迫力もありますが、とにかくB級感が凄いです。

行って写真を撮るだけになりますが、珍スポット好きなら足を運んでみるべきでしょう。

その他、バンコクにある全ての珍スポットについては、以下の記事も参考にどうぞ。

バンコクマイナー観光のアイキャッチ画像
珍スポット!?バンコクのマイナー観光地。マニアックな10の穴場。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)