セントラル フェスティバル パタヤ ビーチ近くのおすすめ格安ホテル。バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)。

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の外観

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の外観。

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)は、パタヤの中心街を走るセントラル パタヤ ロード近くの安ホテルです。

ホテルはセンタンの真横に位置します。

センタンとは、パタヤ随一の巨大ショッピングセンター「 セントラル・フェスティバル・パタヤビーチ(Central Festival Pattaya Beach)」の通称です。

センタン周辺はパタヤビーチにおける中心地です。観光客はセンタン周辺から、北をノースパタヤ南をサウスパタヤと分割して考えると、パタヤの市街構成を理解しやすいでしょう。

パタヤ市街地マップ

センタンはパタヤのランドマーク的存在で、かの有名なヒルトン パタヤ (Hilton Hotel Pattaya)と建物を共有しています。

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の客室から見える風景

バロン ビーチ ホテル客室から見える景色。目の前の茶色の建物がセントラル・フェスティバル・パタヤビーチ(Central Festival Pattaya Beach)。

奥にはビーチロードも見えます。

 

ビーチロード

ビーチロード。ホテルからの距離は約200m。徒歩にして2分ほど。

 

セントラル・フェスティバル・パタヤビーチ(Central Festival Pattaya Beach)

ビーチロード側のセンタン入り口。ユニクロやH&M、マクドナルドなど日本でもお馴染みの店が入店しています。

スーペリア (Superior) ダブルベッド1台

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の客室1

写真の客室はスーペリア (Superior)。広さは32㎡。

一般的な中級ホテルといった作りですが、1泊3,000円台(シーズンによって変動あり)というリーズナブルな価格が魅力。

ここには彼女と宿泊しました。客室はそれなりに清潔感があったので、女性同伴でも不快感なく宿泊できるでしょう。

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の客室3

テーブルや湯沸かしポッド、無料コーヒーの備え付けあり。

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の客室2 バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の冷蔵庫

ベッド側から見た客室と冷蔵庫。ペットボトルウォーター2本は毎日無料。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の客室 – Spherical Image – RICOH THETA

冷蔵庫の奥にはバゲージラック、またセーフティボックスもあります。

一般的なホテルと同じように一通りの設備は揃っています。

シャワールーム

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)のシャワールーム1

シャワーは温水が出ます。

洗面所とシャワーブースの間にスライド式の仕切りがあるので、シャワーを浴びても洗面所は水浸しになりません。

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)のアメニティ

完備されているアメニティは、石鹸、シャンプー、リンス、綿棒。歯ブラシは要持参、もしくは近くのコンビニで購入します。

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)のシャワーブース

シャワーブース

 

シャワールームを360度見渡せるパノラマ写真。

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)のシャワールーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ホテル共用部

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の朝食会場

朝食会場

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)のプール

安ホテルですが、清潔で中々広々としたプールがあります。ビーチチェアの数も多いので、日中ゆったりと過ごせます。

それなりのリゾート感は味わえました。

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の通路

通路

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)のレセプション

レセプション。自分がチェックインした時は何故かドアマンが4人もいて、自分のバッグを運ぶのに「俺が運ぶ」「いや俺だ」と、ダチョウ倶楽部状態になっていました。

ドアマン含めスタッフの対応は至れり尽くせりで好印象です。ただし、レビューを見る限り日によってムラがあるようです。

安ホテルのスタッフなので、少々対応が悪い時もあることは理解しておいた方が良いかもしれません。

 

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の宿泊料金・予約確認は、以下より可能です。

>>>バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の場所

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)は、以下MAPの赤紫色のベッドマークの場所に位置しています。

パタヤの中央を走るパタヤ セントラルロード(MAP上青色のライン)から、ビーチロードを南に約200m。

Soi(ソイ)9という小道の中にホテルはあります。

Soi9の看板

(ビーチロードに立つSoi9の看板)

ビーチロードからSoi9に入り、200mほど直進すると、左手にホテル正面玄関が見えます。

バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の正面玄関

(正面玄関。やっぱりドアマンが多い。いつも暇を持て余しているように見える)

ノースバスターミナルからソンテウを利用する場合の料金は、150バーツ程度を見ておけば良いです。

もし、ホテル名を告げても運転手が理解しなかった場合は、一度セントラル フェスティバルへ行き、ホテルまでは歩いて向かえばよいでしょう。

 

バンコクからパタヤノースバスターミナルへのアクセス方法は、以下記事を参考にどうぞ。

バンコクからパタヤへの行き方を、初めてパタヤに行く人に向けてまとめてみた。
(赤印の場所がバンコク。パタヤはバンコクから南東に150km離れている。ちょうど東京から山梨の距離くらい。)バンコクからパタヤへ行くには、以下3つの内いずれかの交通機関を利用します。 バス タクシー ロ...

ホテル真横のローカルフードコートでぶっかけ飯を食べる

ローカルフードコート

ホテルの真横にはローカルタイ人向けのフードコートがあります。

昼間は近隣のバービアに勤めている女性や、センタンで働いているであろう従業員達がランチしています。

ローカルフードコート2

フードコートでは、数種類のおかずを選んでご飯にのっけてもらう「ぶっかけ飯」を食べられます。

 

フードコートのぶっかけ飯

3種類の肉と卵を乗せてもらったぶっかけ飯。

確か80バーツ程度でした。センタンの中にあるレストランよりも遥かに安い。それなりにお腹も膨れます。

 

ただ、このローカルフードコート内はエアコンが効いていません。扇風機は完備されていますが。多少暑くても我慢できる人、食費を浮かせたい人は足を運んでみてはいかがでしょうか。

センタン内にもレストランはいくらでもあります。エアコンが効いた場所でご飯を食べたい人は、センタンへ行くのがおすすめです。

パタヤの安ホテル。コスパの良さに感動

パタヤのsoi14

パタヤの安ホテルに泊まると、どうしてもバンコクと比較してしまい、そのコスパの良さに感動します。

バンコクで3,000円台のホテルといえば、以前紹介したプラカノン近くのホテルなどがありますが、バンコクだと同じくらいの値段でも客室サイズが18㎡くらいまで落ちます。

また、ホテルにプールなどの施設はありません。

首都と地方なので物価に違いがあるのは当然といえば当然ですが、バンコク以上の魅力を感じている人が多いパタヤで、これほどにコスパの良さを感じられるのは嬉しい限りですね。

あまり豪華なホテルではありませんが、特にこれといった非の打ち所がない良いホテルでした。是非、今後のパタヤ滞在に拠点として検討してみてはいかがでしょうか。

>>>バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)

ちなみにJF(ジョイナーフィー)は300バーツです。チェックイン人数を2人にしておいて、女性と一緒にチェックインすればJFは発生しません。

 

その他、セントラル フェスティバル パタヤ ビーチ周辺のホテル一覧は、以下より確認可能です。

>>>セントラル フェスティバル パタヤ ビーチ周辺のホテル一覧

パタヤ全てのエリアにあるおすすめホテルについては、以下のまとめ記事を参考にどうぞ。

パタヤのおすすめホテル。20回以上パタヤへ行った自分がエリアごとに厳選してみた。
(パタヤビーチ)パタヤは決して大きな街ではありません。しかし、アジアでは有数のビーチリゾートです。この小さい街の中には、旅行者を楽しませる様々な娯楽が詰まっています。 パタヤには年間で900万人近...
バロン ビーチ ホテル (Baron Beach Hotel)の客室1

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です