初めてのスキー場リゾートバイト完全ガイド。職種・寮環境・応募時期を詳しく解説。

スキー場リゾートバイター2人

スキー場リゾートバイトとは、毎年11月〜4月頃までの間、スキー場関連施設にて1ヶ月〜3ヶ月程度の期間限定で働く住み込みのアルバイトを指します。

リゾートバイトを募集しているスキー場は、志賀高原ニセコ安比高原などと言った、国内外において有名なスキー場が主です。

スキー場でのリゾートバイトは、1年の中で最もリゾートバイト業界が賑わう時期と言っても過言ではありません。

毎年、あらゆる媒体にて「スキー場リゾートバイト特集」が組まれ、大学生の冬休みも重なることから、多くのスキー場にて大量募集・採用が散見されます。

スキー場でのリゾートバイトが人気な理由には、「スキー場」という限定感・希少性の高い場所で働けることも挙げられますが、それ以上に働く人にとってメリットが多いことが真の理由と言えるでしょう。

具体的に、スキー場でリゾートバイトをすることには、以下のようなメリットがあります。

  • 交通費が支給されるので、遠方に住んでいる人でも気軽にリゾートバイトを始められる
  • スキー・スノボが全くの未経験でも働ける職種が多い
  • 寮費・水道光熱費が無料なので支出が少ない(中にはまかない有りのスキー場もある)
  • バイトの休日や休憩時間を使って無料で滑ることができる
  • ウエアや用具を持っていない人は「社員割引(2割引〜3割引)」を適用してウエア・用具をレンタルできる
  • 初心者〜上級者まで様々なレベルの人がバイトに来るので(中には全く興味がない人も)、同じレベルの仲間を見つけやすい
  • 「ゲレンデマジック」という言葉の通り、異性との発展に期待ができる
  • 最短で1ヶ月以下の求人もあるので、学生でも冬休みを利用して働ける

リゾートバイトのメリットは、上記のように「バイトついでに、その地のアクティビティを無料で楽しめる」ところにあります。

特に、スキー場のような「人によっては1年に2日〜3日しか訪れることができない」希少性の高い場所であれば、こうしたメリットは際立つものです。

スキー場でのリゾートバイトは「スキー・スノボが全くの未経験の人」でも働ける職種が多いので、スキー場リゾバに興味がある人は、臆することなくスキー場リゾバ生活にチャレンジして欲しいと思います。

今回の記事では、スキー場でのリゾートバイトに興味がある人に向けて

  • スキー場リゾートバイトにおいて未経験者でも出来る仕事内容
  • スキー場リゾバの寮環境
  • 応募のおすすめ時期

について詳しく記載していきます。

上述したように、スキー場リゾバは最も人気なリゾートバイトであるため、早い所だと8月後半から先行募集を開始しています

そのため、スキー場が本格オープンし始める11月には、既に定員に達している求人も珍しくありません

「スキー場でリゾートバイトをする」と決めている人は、出来るだけ早くスケジュールを立てておくにこしたことはないでしょう。

実際にどのような求人があるのかについては、以下のスキー場リゾバ求人が多いリゾートバイト派遣会社から確認できます。

>>>スキー場リゾバの求人が多いリゾートバイト派遣会社【リゾバ.com】

リゾバ.comのスキー場リゾートバイト特集

上記派遣会社は、8月の後半から大々的に先行募集を行うほどスキー場リゾバ求人に力を入れており、1ヶ月前後の短期求人も多いため、理想のスキー場求人が見つかるでしょう。

スキー場リゾバにおいて未経験者でも出来る仕事5種類

スキー場のリゾートバイター達

スキー場リゾートバイトで募集している職種は、主に以下の7種類です。

  • リフト係
  • レンタル係
  • チケット係
  • ゲレンデレストラン
  • インフォメーション
  • インストラクター
  • パトロール

上記7職種の内、太字で記載している「インストラクター」と「パトロール」については、スキー・スノボ上級者のみの募集となります。

スキー場によっては、上記2職種の応募にあたってSAJ公認の資格(SAJ公認スキー指導員あるいはSAJ公認スキーパトロール)を要するので、無資格だと採用される確率は低いです。

そのため、スキー・スノボ未経験者や初心者〜中級者は、上記2職種以外の5職種の就労を予定しておくと良いでしょう。

各仕事内容の詳細は以下の通りです。

リフト係

リフト係とは、スキー場利用客が頂上へ登る際に乗車・降車するリフト乗り場・降り場にて「乗客補助」「降客補助」「リフト操作」を行うポジションを指します。

リフトの乗り降りにはちょっとしたコツがあり、初めてリフトに乗るスキー場利用客は高確率で転倒します。

乗客・降客が転倒した際、一旦リフトをとめて安全性を保つのがリフト係の仕事です。また、乗客各自が安全にリフトに乗れるように誘導もします。

(リフト乗り場の様子。上動画のように、駆け込み乗車をする利用客がいたら、リフト係がリフト停止ボタンを押して一旦リフトを停止させる)

リフト係は、スキー場リゾートバイトにおいて最も競争率が激しい人気のポジションです。

なぜなら、リフト係は「乗客補助(30分)」→「降客補助(30分)」→「リフト操作(30分)」→「休憩(30分)」というように、休憩を挟めながら各持ち場をローテーションで回すからです。

そのため、1日の勤務時間の中で休憩時間が最も多く、加えて休憩時間中も時給にしっかり換算されています。また、仕事内容はリフトの誘導や停止・再開ボタンを押すだけなので簡単です。

こうした理由により、去年リフト係を経験したリピーターも集まりやすい傾向にあり、スキー場リゾバ求人はリフト係から徐々に定員に達していきます。

そのため、リフト係を希望する人は、特に早めにスケジュールを立てておくべきと言えるでしょう。

レンタル係

レンタル係とは、スキー場内にあるレンタルショップにて、スキー場利用客に「用具の貸し出し・返却された用具の手入れ・整備」を行うポジションを指します。

貸し出し・用具の手入れ・整備のいずれも機会的な作業なので難しくはありません。

例えば、貸し出しであれば、利用者に記入してもらった申請用紙を基に、利用客に合致するサイズの用具を在庫から持ってきます。

返却品の手入れ・整備についても、目視で「破損箇所の有無確認」を行い、決められた手順に従って汚れ落としやワックスがけ、いだりして手入れを行うだけです。

スキー用具を手入れしている様子↓

(上画像のような手入れをレンタル係が行う)

スキー用具を扱っていると、「エッジ」「ビンディング」「チューニング」といった専門用語を度々言われることがあります。

最初のうちは、こうした専門用語を覚えるのに一苦労するかと思いますが、大抵2週間も働ければ概ね頭に入ってくるでしょう。

レンタル係は室内での仕事なので、寒さが苦手な人にもおすすめ。

チケット係

チケット係とは、スキー場内に設置されているチケット売り場にて「リフト券」を販売するポジションを指します。

リフト券はシーズンや人数によって割引があるため、各リフト券によって料金が違います。

リフト係はこうした料金の違いを覚えて、スキー場利用客にチケットを売っていくだけなので、スキー場リゾバの中では比較的楽なポジションと言えるでしょう。

ただ、チケット売り場が忙しくなる営業時間後を除いては暇な時間が続くため、チケット係は後述するゲレンデレストランのヘルプとして駆り出されることもあります。

ゲレンデレストラン

ゲレンデレストランの仕事内容は、スキー場に設置されたセルフサービス式のレストランにて「調理・洗い場」を担当することです。

スキー場のレストランで出す食事は、簡易なインスタントやレトルト食品が中心なので、街中のレストランバイトに比べると作業は比較的簡単です。

ただ、昼時になると、スキー利用客達は一斉にゲレンデレストランで昼食を取るので大混雑が起こります。

そのため、料理の味や腕云々よりも、いかに効率よく捌くことを考えて料理を作っていくかが重要と言えるでしょう。

料理について一通り手順を教えてもらいますが、それ以上に「ラーメンの麺を茹でるのとピラフの解凍を同時に行う方法」などの効率性を上げる手法を重点的に教わることになります。

インフォメーション

スキー場のインフォメーションスタッフ

インフォメーションは、スキー場内に設置されている受付にて、お客さんからの問い合わせに対応する仕事です。

インフォメーションが対応する問い合わせは多岐に渡ります。代表的な問い合わせは以下のような内容です。

  • 各施設の場所案内(ロッカー、シャワールーム、レストラン、レンタルショップ)
  • スキー場周辺施設の案内
  • 呼び出し放送
  • 落し物案内など…

一見覚えることが多そうで大変に思えるインフォメーションですが、受け答えの内容はある程度マニュアル化されており、各施設の場所などはMAPを参考にできます。

そのため、どちらかと言えば「接客業」であることを意識して、笑顔でハキハキとした対応をできる人が向いているでしょう。

ニセコの「ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ」など、外国人観光客が多いスキー場では「英語力がある人優遇」の求人も多々あります。

リゾバ求人「語学力を活かせる・学べる」

スキー場リゾバの寮環境は相部屋が基本

スキー場リゾバの相部屋

個室寮も決して少ないわけではありませんが、自分の経験上、今までスキー場リゾートバイトの寮は相部屋寮が大半でした。

スキー場リゾバの相部屋寮とは、上写真のように1部屋に4台〜5台程度のベッドが並んでおり、共用の収納や書斎がある簡易的な部屋であることが多いです。

プライベート確保は難しいですが、清潔感が乏しいことはないので、バックパッカーやドミトリー宿泊経験がある人なら概ね問題なく過ごせるでしょう。

スキー場リゾートバイトの共用バスルーム

(トイレやシャワールームは基本的に共用。男女別には分けられている)

相部屋寮はプライベート確保や貴重品管理の点から、中には嫌がる人もいますが、個人的にはリゾートバイト生活における最終的な満足度が高くなりやすい環境にあると思っています。

なぜなら、同僚達と生活を共にすることで、早い段階で同僚達の性格が見えてきます

同僚達と仲良くなると、他の異性のグループなどとの交際発展も広げやすく、1ヶ月程度の短いリゾートバイト生活でも友達を作りやすいです。

通常、リゾートバイトは1ヶ月〜2ヶ月間を経て、やっと同僚達と打ち解けたと思ったころには契約満了が訪れて、リゾバを終了することになるケースが多いです。

しかし、相部屋寮であれば、仕事中には見ることのできない同僚達の顔や性格が見えてくるため、1週間程度で気の合う同僚を見つけられます。

気の合う同僚がいれば、仕事中に協力作業をするのも楽になるので、結果的にリゾバ生活の満足度が高くなりやすいのです。

こうした理由により、実はスキー場リゾートバイトのリピーターの中には、あえて相部屋寮での生活を選ぶ人もいます。

相部屋寮に不安を覚える人もいるかと思いますが、是非充実したリゾバ生活を送るために臆することなく飛び込んでみてはいかがでしょうか。

応募の時期はいつがベストか?

リゾートバイトの応募タイミング

冒頭でも述べたように、スキー場リゾートバイトの応募は早期募集をしている場所だと8月後半には始まります。

実際に勤務が始まるのは11月あるいは12月頃からですが、いかんせん競争率が早いため、遅くとも9月か10月頃にはスケジュールを立てて応募しておいた方が良いです。

特にリフト係などの人気ポジションになると、11月に入った頃には「余り物求人(悪い言い方ですが)」しかないケースも珍しくありません。

スキー場によって、賄いの有無やシフト都合の良し悪しは異なります。

余り物の求人だと、どうしても賄いが無かったり、シフトの都合がつきにくいケースが多いので、自分の理想とする条件で働くには早めに行動して、良い求人を見つけるのがベストと言えるでしょう。

個人的に8月後半の早期募集求人の段階では、まだ目星をつけるだけで応募まではしない方が良いと思います。

なぜなら、スキー場求人は9月や10月頃がピークであるため、8月以降にもっと条件の良い求人が出てくる可能性があるからです。

もちろん、8月の早期募集の期間に理想とする求人が見つかれば、応募してしまうのがベストです。

いずれにせよ、スキー場リゾートバイトの求人探しは、早ければ早い程良いと言えます。

時給1,000円以上の求人を狙おう

SALARY

スキー場リゾートバイトの時給には開きがあります。

あるスキー場では時給800円台でも、ある場所では時給1,000円や1,100円という求人は珍しくありません。

個人的な感覚で言うと、スキー場リゾートバイトの時給平均は900円前後と言ったところですが、早めに求人探しに取り掛かれば、時給1,000円や1,100円の仕事も簡単に見つけられます。

時給1,000円以上の求人は全体的な割合からすると少ないので、上でも述べたように早めに応募するのがベストです。

せっかく働くのであれば、できるだけ稼ぐに越したことはありません。

自分がスキー場でリゾートバイトをした時も、9月前半頃には以下のスキー場求人が多い派遣会社で求人を探し始めていました。

>>>スキー場リゾバの求人が多いリゾートバイト派遣会社【リゾバ.com】

是非、これからスキー場でリゾートバイトを検討している人も、満足のいくリゾバ生活を送ってほしいと思います。

スキー場リゾートバイター2人

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です