カオヤイのおすすめホテル。家族連れ向け高級ホテルから人気のグランピングリゾートまで。

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の敷地内

(カーブ 360 ホテル カオヤイ)

カオヤイにある宿泊施設は「ホテル」と言うよりも、日本の山岳避暑地と同様に「リゾート」が多いです。

リゾートでは、コテージやヴィラみたく広い敷地内に戸建の棟が並び、レセプションや朝食会場などは別棟になっています。

レセプション棟でのチェックイン後、ゴルフカートで荷物を自室の棟まで運んでもらうというシステムです。自室から朝食会場が遠い場合など、ホテル内での移動時にもゴルフカートを利用することがあります。

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)のゴルフカート

(ゴルフカート。高級ホテルほど敷地が広いため利用頻度が高い)

 

カオヤイのホテルは都市部同様ピンからキリで、1泊2,000円台の格安ホテルもあれば1泊20,000円台の高級ホテルまで様々です。

ただ、格安ホテルはできるだけ避けて、最低でも1泊1万円前後の4つ星〜5つ星ホテルへの宿泊を強くおすすめします

なぜなら、カオヤイは都市部と違って夕暮れ以降出歩けるような場所が少ないからです。必然的にホテルにいる時間は都市部での滞在時よりも長くなります。

高級ホテルは雰囲気や景観が素敵なのはもちろん、敷地内のレストランやプールも広く、休暇・余暇を過ごすには最適です。

一方の安ホテルは、設備が悪いホテルも多く、レジャー拠点としては不十分な施設が多いという印象です。

そのため、この記事でも1泊1万円前後で快適に過ごせるコスパの高いホテルを中心に紹介しています(シーズンによって料金の変動あり)。

立地についても詳しく記載しているので、是非参考にして頂ければと思います。

※紹介する全てのホテルに無料の駐車場有り

カオヤイのおすすめホテル地図

以下は紹介するホテルの場所を記したカオヤイの地図です。

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • 紹介するホテルは地図上❶,❷,❸,❹です。

ホテルの立地はどこでもいい?

上地図にて緑色の¥マークで記している場所がカオヤイ国立公園の入り口です。緑色の¥マークより下部のアイコンは、カオヤイ国立公園内ということです。

ご覧の通り、カオヤイには国立公園以外にも、様々な見所が広範囲にわたって点在しています。

そのため、カオヤイ国立公園近くにあるホテルの方が必ずしも立地的に便利というわけではありません。

また、カオヤイへ訪れる人なら自家用車あるいはレンタカーなどの交通手段を持っているでしょう。なので、カオヤイ国立公園から近かろうが遠かろうが、立地的な利便性の差は感じません。

❶ キリマヤ ゴルフ リゾート アンド スパ(Kirimaya Golf Resort and Spa)

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)の入り口

カオヤイ国立公園の入り口から距離約7km、車で9分程度の場所にある日本人に大人気のホテル。

個人的に今回紹介するホテルの中で一番おすすめ。万人受けするリゾートです。京都の祇園にありそうな和モダンな雰囲気なので、日本人には取っつきやすいでしょう。

ホテル敷地内には手入れされた綺麗な池があり、生い茂る水生植物が高原ならではの非現実さを演出しています。

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のレセプション1

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のレストラン

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)の敷地内2

どこもかしこも手入れされていて、清々しい敷地内。散歩するだけで心が晴れます。これぞ高原リゾート。

敷地内の歩道は少々アップダウンこそあるものの、ベビーカーを押しても十分歩けます。

 

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)の客室1

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)の客室2

写真の客室はプランテーションビュー(Plantation View)。広さは42平米です。

ベッド後ろの竹加工インテリアが良い雰囲気。カーテンやベッドスローがどことなく和モダンなのも良いです。落ち着きます。

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のバルコニーテラス

特に素晴らしかったのが、バルコニーテラス。大人二人が寝転がれるくらいの大きなソファーが完備されています。蚊取り線香も置いてあるので、テラスで中庭の景色を見ながらのんびりと過ごせました。

 

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のバスルーム1

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のアメニティ

バスルーム。アメニティはシャンプーやコンディショナー、ボディソープなど基本的な物は全て完備しています。

 

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のプール

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のレストラン

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)のレストランでの食事

レセプション近くに設置されているプールとレストラン。夕食は是非ここのレストランで取ってみて欲しいです。席からはホテルに併設されているゴルフコースが見えて良い景色。

しかも料理も美味しいです。料理の料金は、1品200バーツ〜300バーツほど。

 

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)の朝食会場

キリマヤ ゴルフ リゾート スパ(Kirimaya Golf Resort Spa)の朝食

朝食会場。朝食内容はタイ料理と洋食中心のブッフェです。種類は多く、デザートも豊富です。五つ星ホテルとして遜色ない内容なので満足できます。

 

キリマヤ ゴルフ リゾート アンド スパは、とにかく全てにおいてバランスが取れているので人を選ばないホテルです。ゴルフコースが併設されているので、ゴルフ合宿にも良し。

ちなみに、レセプションではタクシーサービス(1日2,500バーツ〜3,000バーツ。回る場所の数によって料金の変動あり)もあります。自家用車やレンタカーがない人にも便利。

カオヤイで絶対に外すことのできない超おすすめホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

❷ カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の入り口

カオヤイ国立公園の入り口から距離約4.5km、車で6分程度の場所にある中規模ホテル。

2017年にオープンしたばかりのため、敷地内やホテル施設はどこも綺麗。このホテルの大きな特徴は、目の前にそびえ立つ大きな山。全ての客室で爽快なマウンテンビューが望めます

1泊の宿泊料金が7,500円前後(シーズンによって変動あり)と、しっかりとしたリゾートホテルの割にはリーズナブルなのが魅力。外国人観光客よりもタイ人の家族連れ客が多いです。

 

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の敷地内2

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の敷地内3

ホテル敷地内。山に囲まれた緑豊かな光景。手入れされた綺麗な芝で子供達が遊んでいて和やか。

朝は小鳥の声が聞こえて特に気持ち良いです。

 

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の客室1

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の客室2

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の客室3

写真の客室はスーペリアB(Superior B)。広さは30平米です。

客室自体にはコレと言った特徴はありませんが、部屋から見える山々の景色が素敵です。喧騒とは全く無縁の世界。雲の色とのグラデーションが朝・昼・夜で異なる表情が見られます。

 

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)のクローゼットとガウン

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の冷蔵庫と無料のコーヒー

ガウンや室内スリッパ、冷蔵庫や無料の水・コーヒー類などは全ては完備。

 

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の朝食1

カーブ 360 ホテル カオヤイ(Curve360 Hotel Khao Yai)の朝食2

朝食の種類は少なめ。タイ料理が6種類くらいとパンのみです。ただ、子連れ宿泊客が多いからか、コアラのマーチやポッキーなどのお菓子も出しています。

 

安い宿泊料金でカオヤイらしいマウンテンビューのホテルを探している方におすすめ。敷地内には子供が走り回れるような綺麗な芝とスペースがあるので、子連れ観光客にも良いホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

❸ テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)の敷地内

良い意味でカオヤイらしくない、ヨーロッパの街並みを再現したかのようなホテル。客室棟や朝食会場などが、ヨーロッパ家屋独特の重圧感ある見た目になっているのが特徴。

敷地内には迷路園のように生垣で作られた仕切りや、小さいですが石造りアーチ橋などもあり、どこを見ても絵になります。

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)のレセプション

バルコニーテラスには普通のバスタブの2倍はある大きな風呂があって快適。1泊の宿泊料金は14,000円前後。洋風スタイルが好きな人は是非。

 

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)の客室1

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)の客室2

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)の客室3

写真の客室はデラックス ハイガーデン(Deluxe High Garden)。広さは40平米です。

特筆すべきは広々としたバスタブ。

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)のバスタブ

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)のバスタブから見える景色

大人二人が入ってもスペースに余裕がある程広いバスタブです。更に、バスタブのブラインドを開けると景色が広がっているのも気持ち良いです。

バスタブが大きいだけに浴槽を溜めるのに時間こそかかりますが、他ホテルよりものんびりできます。

人工大理石で造られているので高級感あり。

 

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)のシャワールームにあるオブジェ

シャワールームには画家が使うような鉛筆や筆のオブジェもあって、いちいちお洒落。

 

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)の朝食

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)の朝食会場

朝食会場も高級レストランのような造りで朝からワクワクします。さすがヨーロッパ風ホテルだけあって、パンの種類は豊富。トーストの他に、クロワッサンやガーリックトースト、クランペットなどもあります。

スタッフに言えばコーヒーを持ってきてくれるので、朝から優雅に朝食を堪能しましょう。朝食会場にはテラス席もあり。

 

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)のプール

テムズ バレー カオヤイ ホテル(Thames Valley Khao Yai Hotel)のキッズスペース

ホテル敷地内にはプールの他に子供用のアスレチックスペースもあり。

家族で楽しめるリゾートです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

❹ ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のテント

日本でも徐々に人気が出てきている「グランピング」リゾート。キャンプみたく手間をかけたくないものの、キャンプみたいな雰囲気の中で快適に過ごしたい人におすすめのホテルです。

アウトドア好きなら楽しめるでしょう。

グランピングとは?

グランピングとは、宿泊施設の見た目こそキャンプそのものですが、室内にはエアコンやテレビ、冷蔵庫、ベッドなどホテルライフに必要な物が揃っています。

キャンプ経験のない人やキャンプ道具を自身で準備するのが面倒な人、キャンプよりも快適に過ごしたい人が気軽に自然体験できるいいとこ取りの宿泊施設というわけです。

参考 グランピングコトバング

2005年に英国で誕生したグランピングは、2015年に星のや富士が日本初のグランピングリゾートを開業したことにより、日本人の間でも知名度が上がってきています。

 

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)の敷地1

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)の敷地2

敷地内は本当のキャンプ場を上手く演出しています。

大きな溜め池や吊り橋があったり。基本的に手入れはされていますが、一部では雑草が好き放題生えていたりでワクワクする環境。

もちろん、宿泊者以外は敷地内に立ち入れないので安心して宿泊できます。

 

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のエコサファリテント外観

今回、自分が宿泊したのは上写真のエコ サファリ テント(Eco Safari Tento)。宿泊料金は1泊10,000円前後。広さは32平米ということですが、普通のホテル客室よりは狭く感じます。

しかし、屋根は二重になっているので雨が降っても大丈夫ですし、ちゃんと入り口には鍵をかけられるので快適。

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のテントを閉じた状態

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)の鍵

(鍵はカード式。入り口ファスナーにかける)

 

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のテント内1

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のテント内2

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のテント内3

テント内。入って驚きました。ダブルベッドやテレビ、エアコンに冷蔵庫があるのはもちろん、ソファーや扇風機、ライトまできちんと完備されています。

確かに普通のホテル客室よりかは快適度は落ちるものの、まさにテントとホテルのいいとこ取り。

しかも、窓もあります。

さすがにシャワーとトイレは設備されていません。敷地内にある共同シャワーを利用します。

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)の共同トイレ

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)の共同シャワー

共同と言えど、清掃が行き届いている上にロッカーが完備してあるのでストレスなく使えます。

真夜中にもよおして目が覚めた時は、テントから出てトイレに行くのが面倒でした。しかし、この何でも便利な現代で、あえてこうした不便を感じてみるのもキャンプらしさがあって良い。

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のライト

真夜中に外出する時は、チェックイン時に渡されるライトを持って歩きます。いやあ、キャンプらしいです。自分はキャンプ経験が殆どないので、これだけでワクワクしていました。

 

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のレストラン

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のレストランでの食事

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)でのキャンプファイヤー

敷地内にはレストランもあり。19時からはレストラン前でキャンプファイアーが始まります。

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイは、特に子連れ宿泊客が多いです。子供達がキャンプファイアーを見てはしゃいでいるのを見て、自分も童心に返って楽しい気持ちになれました。

 

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)のプール

ララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイ(Lala Mukha Tented Resort Khao Yai)の休憩スペース

ホテル敷地内にはプールや休憩スペースもあり。のんびりとくつろげます。

 

普通のホテルに比べると、どうしても細かい所で不便を感じる(例えばテント内には姿見がないなど)ので、個人的には連泊はおすすめしません。しかし、カオヤイ滞在が2泊以上あるなら、1泊は是非滞在してみてほしいです。

想像以上にキャンプ気分を満喫できます。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

カオヤイにある全てのホテル

上記で紹介した以外にカオヤイにある全てのホテルについては、以下より日付を入力して検索可能です。

個人的に一番のおすすめは、キリマヤ ゴルフ リゾート スパ。しかし、2泊以上滞在するなら、1泊はララ ムクハ テンティッド リゾート カオヤイに滞在してみると面白いでしょう。

 

以下は、バンコクからカオヤイへの行き方(レンタカー中心)を解説している記事です。カオヤイの旅行を検討している方は是非参考にどうぞ。

カオヤイ国立公園内のヘーウスワット滝
バンコクからカオヤイへの行き方。自家用車がない人でも自由に観光するならレンタカーがベスト。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。