【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

モーダス パタヤ ビーチフロント宿泊レビュー。高層階のオーシャンビュー客室はかなり良い。1泊7,000円前後ならあり。

パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプールとプライベートビーチ

パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)は、パタヤ・ナクルア地区の海に面した五つ星ホテルです。

パタヤビーチからの距離は約15km(車で約10分)。

ナクルア通り(Naklua Rd.)から伸びるナクルア ソイ12(Naklua Soi12)へ入り、約1.7kmの細い路地を進んだ先にホテルがあります。

パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の地図

(大通りから若干距離があるので、車などの移動手段を持っている人向け

このホテル、アゴダやエクスペディアの写真を見る限り、インフィニティプールやプライベートビーチがあり、さすが五つ星と思わせる設備が整っています。

パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の空撮

しかし、どういうわけだか口コミ評価はあまり高くありません。

そこで今回、とても気になっていたのもあり宿泊させて頂くことに。

感想は個人的にはあり。かなり好きなホテルです。

パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の客室バルコニーから見える海

パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプールバー

パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の敷地内に並ぶヤシの木

オーシャンビューの部屋、バー付きのインフィニティプール、敷地内には手入れされた植物が植えられていてリゾート感があります。

家族連れも意識しているホテルなので、キッズルームも中々充実していました。

ただ、海が汚い(まあこれはしょうがない)、低層階の部屋だと景色が悪いなどの欠点もあります。

 

この記事では、こうした良い部分も悪い部分も含めて詳しくレビューしていきます。

個人的には、料金を確認してみて1泊7,000円前後だったらありです。

そこそこの料金でナクルアでステイケーションを楽しみたい人におすすめ。

    全館禁煙

    客室バルコニーでも禁煙です。喫煙は1階の所定の場所のみで可能。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の入り口

    (ホテル入り口)

    ホテルはナクルアSoi12の奥まった場所に位置しています。

    ホテル周辺は住宅街です。複数のコンドミニアムが並んでいるだけの閑静なエリア。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)周辺の道路

    (ホテル周辺の道路。人通りは少ない)

    ホテルから見える範囲にコンビニはありません。一番近いコンビニ(ファミリーマート)は、ホテルから500m歩いた場所にあります。

    上述したように、移動手段を持っている人向けの立地です。足がないと不便を感じるでしょう。

     

    ホテルを出て大通りへ約200m歩いた場所には、モタサイ(バイクタクシー)の待機所があります。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)近くのバイクタクシー待機所

    ナクルア通りまで出れば沢山の飲食店が点在しています。ホテルからナクルア通りまで出るのに都度車を出すのが面倒な人は、バイクタクシーを利用すると良いです。

    待機所からナクルア通りまでの運賃は40バーツ前後。

    ホテルからナクルア通りへ出る際、パタヤの有名観光地「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」が左手に見えます。

    丘から見たサンクチュアリ オブ トゥルース

    ホテルからの距離は500mくらい。歩いて行ける距離にあるので、未訪問の人は是非行ってみましょう。

    工場をコンセプトにしたデザインホテル

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のレセプションロビー

    ホテル予約サイトの写真だけでは分かりませんでしたが、中に入ってみてびっくり。洒落たデザインです。

    マネージャーさんにお伺いしたところ、工場をコンセプトにデザインしているとのこと。

    どおりで、あえて鉄骨や細い配管が入り組みむき出しになっています。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)内の通路

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)内の待合スペース

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)内の通路2

    散策が楽しいホテルです。

    また、客室棟からビーチへと繋がる道には手入れされた植物も植えられていて雰囲気が良い。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の敷地内に並ぶ植物1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の敷地内に並ぶ植物2

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の敷地内に並ぶ植物2

     

    筆者はアゴダやエクスペディアなど予約サイトの口コミには敏感で、宿泊前にはじっくり読む人間です。

    上述したようにパタヤ モーダス ビーチフロント リゾートの口コミはあまり良くないため、老朽化やスタッフの怠慢、不潔さなどネガティブなイメージが少なからずありました。

     

    しかし、実際に訪れてみると良いホテルです。

    2013年に開業したホテルなので新築ホテルには劣りますが、全体的に清潔に保たれています。

    また、スタッフは英語が通じやすく、対応も良かったです。全スタッフがすれ違う時に挨拶してくれましたし、レセプションの人は筆者の名前を覚えていてくれました。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)内に設置されているアルコールジェル

    (ホテル内の各所にはアルコールジェルを完備)

     

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のオーシャンビューテラス

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のウェルカムドリンク

    ウェルカムドリンクは海が見えるテラスで飲めます。モクテル7種類、ソフトドリンク5種類の中から1杯を選ぶスタイル。

    ロビーで飲むより海が見えるテラスの方が雰囲気があって良かったです。

    高層階のオーシャンビュールームがおすすめ

    筆者が宿泊した客室タイプは、デラックス オーシャンビュー(Deluxe Ocean View)です。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のデラックスオーシャンビュー客室1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のデラックスオーシャンビュー客室2

    広さは41平米。バスタブとオーシャンビューのバルコニーを完備。

     

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾートには、他にもプールアクセスルームやガーデンビューのスーペリアルームが存在します。

    ただ、1〜2人滞在なら絶対に高層階のデラックス オーシャンビューが良いです。

    まず、スーペリアルームは安いですが、せっかくのビーチフロントホテルなのにガーデンビューなのは勿体無いでしょう。

     

    プールアクセスルームも良さそうですが、このホテルのプールは少々変わっています。

    プールは合計4ヶ所設備されているのですが、一つ一つのプールは小さいです。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプールアクセスルーム1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプールアクセスルーム2

    (プールアクセスルーム)

    そのため、プールアクセスルームに宿泊すると、自室前を他のプール利用者が何度も通る可能性があるわけです。覗かれているようで嫌ですよね。

    なので2人滞在までで宿泊するならデラックスオーシャンビューがベスト。

     

    しかし、デラックスオーシャンビューも低層階だと木が邪魔で海がよく見えないとのレビューが散見されました。

    なので予約時には必ず高層階のリクエストを出しておきましょう

    今回、筆者が宿泊したのは最上階(5階)のデラックスオーシャンビューだったため、景色は良かったです。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューのバルコニーから見える景色1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューのバルコニーから見える景色2

    バルコニーから見える景色。風が気持ち良いです。

     

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューのバスルーム

    バスルーム。洗面台は2台設備されています。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューのクローゼット

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビュー備え付けのコーヒーマシーンやスナック

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューのミニバー

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューの作業机

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューのベッドにある読書灯

    設備には一切の不備なし。枕元には読書灯もコンセントもあります。

    ちなみにWiFiの速度は5Mbpsです。ライン通話、SNS利用、Youtube等の利用は問題ありませんが、動画のアップロードなどは無理でしょう。

    筆者は、パソコン作業する時はスマホからデザリングして使いました。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のデラックスオーシャンビュー客室3

    清潔で良い部屋です。非日常感はそれほどありませんが、1泊7,000円前後でオーシャンビュー、バスタブ付き、広さ41平米なら全然あり。

    アメニティなども歯ブラシや髭剃り等含め、必要な物は一通り揃っています。

    ただ、ビーチ用のサンダルは完備されていませんでした。サンダルは持参しましょう。

    プールとプライベートビーチ

    上述したように、ホテルには合計4つのプールが隣接して設置されています。

    プール目の前にはプライベートビーチが広がっています。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプール1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のジャグジープール

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプール2

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプール3

    ジャグジープール、インフィニティープール、プールバーもあります。

    夕日を見ながらビールを飲むと最高。プールが4つもあるので、気分で移動しながら遊びました。

    プライベートビーチ

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプライベートビーチ1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプライベートビーチ2

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプライベートビーチ3

    これは他のナクルアのホテルでも共通していたことですが、残念ながらナクルアの海は汚いです。

    朝や夕方、ホテルのスタッフがビーチを清掃している姿を見たのですが、それでもペットボトルなどが砂浜に流れてきます。

    なので観賞用ビーチとして楽しみましょう。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプライベートビーチにある子供用の遊具

    ビーチには若干ですが子供用の遊具もあります。

    キッズルーム

    キッズルームはホテル2階に幼児向けと少年向けの2部屋を完備しています。

    ただし、いずれも開放時間が土日のみの8:00〜17:00に限られています。ちょっと残念。

    しかし、恐らくレセプションに問い合わせれば開放してくれるかと思います。

    実際、筆者が宿泊したのは火曜日でしたが、キッズルームを見せて欲しいとお願いしたところ開放してくれました。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のキッズルーム1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のキッズルーム2

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のキッズルーム3

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のキッズルーム4

    幼児向けキッズルーム

     

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の少年向けキッズルーム1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の少年向けキッズルーム2

    少年向けキッズルーム。バスケゲームやプレイステーション4を完備しています。

    ホテルのレストランと朝食

    本来ならホテル6階にオーシャンビューのルーフトップレストランがありますが、2020年12月現在はコロナの影響で一時閉鎖しています。

    ホテル内のレストランはプールサイドに併設されているレストラン1ヶ所のみです。営業時間は20:00まで

    筆者は機会を逃してしまい、今回はホテル内のレストランを利用できませんでした。

    なので夕食はグラブを利用して部屋で取ることに。

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)デラックスオーシャンビューのバルコニーで食べた夕食

    (やよい軒の弁当をオーダー)

    幸いバルコニーのテーブルとソファーは大きいので不便なく夕食を食べられました。

    また、部屋が5階だからかバルコニーのライトを付けていても虫は一切寄ってきませんでした。

    外で食べたい人は、ナクルア通りまで出たらローカルなレストランが沢山あります。

    車があるなら、ホテルから10分程度の場所にあるムンアロイがおすすめです。

    ビーチフロントの人気レストランです。パタヤ好きなら知らない人はいない鉄板の場所。

    詳細は以下記事を参考にどうぞ。

    >>>【ムンアロイ】パタヤのおすすめレストラン。海沿いオーシャンビューで雰囲気が良い場所を紹介。

    朝食ビュッフェ

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の朝食会場

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の朝食会場2

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の朝食ビュッフェ1

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)の朝食ビュッフェ2

    朝食はタイ料理と洋食のみ。

    タイ料理はカオトム、グリーンカレー、カオパットなど、どこのホテルでも見るラインナップ。洋食はパン類、オムレツ、目玉焼き、ポテトなど。

    特に変わった点はないです。ごく普通の朝食ビュッフェです。

    オフシーズンで安い時ならあり

    パタヤ モーダス ビーチフロント リゾート(Pattaya Modus Beachfront Resort)のプール4

    タイトルにもあるように、これで1泊7,000円前後なら全然ありです。

    キッズルームが土日のみの営業だったり、朝食がいまいち普通だったと、惜しい点も確かにありました。

    しかし、料金が安ければ許容できます。今この記事を書いているのはオンシーズンである12月なので、オフシーズンになればもう少し安くなるでしょう。

    1泊7,000円以下になればコスパが高いと言えます。

    同じくナクルアにあるナバーナネイチャーエスケープクラムパタヤに比べると劣っている部分はあるものの、一番安いです。

    ただ、移動手段がある人向けなのはお忘れなく。移動手段がないと都度タクシーを呼ぶことになります。

    安い料金でナクルアでのおこもりステイを検討している人は、宿泊してみてはいかがでしょうか。

      コメントを残す

      メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
      ※コメントは管理者が承認後、掲載されます。