【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

ハイシア ホアヒン ホテル。予算5,000円前後の人におすすめ!立地も施設も完璧な中級ホテル。

ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のアイキャッチ画像

普段、大型リゾートや高級ホテル、コンセプトホテル以外で個別記事を書くことは少ない筆者ですが、今回はホアヒンでえらく感動した中級ホテルがあったので紹介します。

ホテル名は「ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)」。

ごくごく普通の4つ星(見方によっては3.5星くらい)のホテルですが、これが立地も設備も良ければ、宿泊料金が1泊5,000円前後と驚くほどコスパが良いです。

予算5,000円前後で良いホテルを探している人には真っ先におすすめしたいホテル。

筆者はこれまでに結構な数の五つ星ホテルに滞在してきたので、最近は高級ホテルに泊まっても正直言って感動が薄れていました。

高級ホテルは宿泊料金が高いだけに、良いサービスを受けても「それが当たり前」という感覚におちいっていたのです。

逆に、今回紹介するハイシア ホアヒン ホテルのような、物凄くコスパが高いホテルに泊まると「良いホテルを発見した!」と感動するようになりました。

以下でハイシア ホアヒン ホテルの施設内容や立地を詳しく紹介します。ホアヒン旅行を計画している人は是非。

こんな人におすすめ
  • ホアヒン中心部(ナイトマーケットや駅周辺)に滞在したい人
  • 1泊5,000円前後の綺麗なホテルを探している人
  • 1〜2人滞在(子連れ向きではない)

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の外観

    一見にはごくごく普通の外観です。

    ホテルが開業したのは2016年頃。レビューを見る限りでは、概ね日本人宿泊者からの評価は良好です。

    2019年に宿泊した人ですら「新しくて綺麗」とのコメントを残しているのが見受けられました。

    実際に宿泊した感想としても、清掃は行き届いていて、とても綺麗なホテルです。

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のエントランスロビー

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のレセプション

    (エントランス。豪華ではないが1泊5,000円クラスのホテルにしては良い)

    ホテルの場所・周辺環境

    ホテルはホアヒンナイトマーケットから徒歩約6分(距離約500m)、国鉄ホアヒン駅からは徒歩約12分(距離約950m)の場所に位置しています。

    ビーチまでは徒歩約4分。一直線に歩くだけです。

    また、ホテル周辺は安宿やコンビニ、飲食店が多数点在していて、ホアヒン中心街では一番賑やかです。

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)周辺の安宿

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)周辺の道路

    (ホテル周辺にはカフェ併設の安宿、コンビニ、食堂、飲食店などがある。外国人も多いエリア。夜でも人通りが多い)

    ホアヒンナイトマーケット

    ホアヒンナイトマーケット。ホテルから徒歩たったの6分)

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)周辺のビーチ

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)周辺の海沿いレストラン

    ホテルからビーチ方向へ約4分も歩けば、釣りスポットにもなっている眺めの良い桟橋や、海に突き出た景色抜群のレストランもあります。

    ホアヒンの土地勘がない人でも楽しめる環境です。

    また、ホアヒンナイトマーケット周辺まで出れば、ホアヒンの主な観光地を周る格安ソンテウも利用できるので観光にも便利。

    ホアヒンの緑ソンテウ
    ホアヒンのソンテウルートマップ。全4種類の行き先を紹介。

    ビーチフロントではないのは残念ですが、欠点のない立地と言えるでしょう。

    5,000円前後にしてはコスパが高い!上出来な部屋

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の客室1

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の客室2

    今回、筆者が宿泊した客室タイプはスーペリア キングベッド(Superior King Bed)。広さは38平米です。2人滞在までなら十分な広さ。

    一見にはごく普通の中級ホテルの部屋ですが、上述した立地の利便性も含め、これで1泊5,000円前後なら十分にコスパが高いと思える部屋です。

    ポイント
    • それなりに部屋が広い
    • バスタブ付き(シャワーブース別)
    • バルコニー付き(喫煙可能)

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の客室ベッド

    枕元にはもちろんコンセントを完備。スマホを充電しながら、手元に置いたまま眠りにつけます。

     

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の客室3

    ミニバーや無料のコーヒーと水を完備。ルームサービスも頼めます。

     

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の客室ソファー

    嬉しかったのが、大人一人が横になれるくらいの大きさのソファーが完備していたこと。

    このクラスのホテルだと、バルコニーやデスクはあっても、ソファーが完備していることは少ないです。

    ホテルにいる時間はこのソファーで寝転がってまったりと過ごせました。

    小さな特徴ですが、こうしたソファーがあるかないかだけで滞在時の快適度がグッと変わります。

    ソファーに寝転がりバルコニー越しに外の景色を眺められて快適に過ごせました。

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の客室バルコニー

    バルコニー。これでオーシャンビューだったら文句なしでした。でも、バルコニーがあるだけ良いです。

    バスタブ付き!シャワーブースも別であり

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のバスルーム

    更に嬉しかったのが、バスタブが完備していた点。

    繰り返しになりますが、このクラスのホテルでバスタブ付きは珍しいです。しかも、シャワーブースが別で完備されています。

    バスタブは大きくはないですが、無いより全然マシです。お湯の出具合もバッチリ。

    これで1泊5,000円前後なら本当にお得。

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のバスタブに設備されているシャワーヘッド

    バスタブ内にもシャワーヘッドを設備。

     

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のアメニティ

    アメニティ
    • 綿棒
    • 髭剃りキット
    • 歯ブラシキット
    • シャワーキャップ

     

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のクローゼット

    クローゼット内には、外履き用サンダル、バスローブ、セキュリティボックス、ドライヤー、懐中電灯を完備しています。

    見晴らし抜群!屋上プールで泳ぐ

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のプール1

    ハイシア ホアヒン ホテル最大の特徴が、屋上(7階)に設置されたプール。

    周囲には高層の建物がないため、見晴らしが良いです。

    広いプールではありませんが、ちょっとインフィニティのような造りで、遠目にホアヒンビーチの海が見渡せて気持ち良い。

    注意

    深さは大人用なので子供には向いていません。そういうわけで冒頭に子連れ向きではないと記載しました。

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のプール2

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のプール3

    とにかく眺めが良いです。気持ちの良いプール。

     

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のプール4

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のプール5

    夜の雰囲気もかなり素敵。

    利用者は多くないので、まったりとプライベート感覚で利用できました。

     

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のプールバー

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)のプールバー2

    屋上にはプールバーも設備。ここでホアヒンの海を見ながらまったりお酒に酔えます。

    改めて、やっぱりこれだけの設備があって1泊5,000円前後はコスパが高い。

    パタヤやチェンマイのような比較的ホテル宿泊費が安い都市でもここまでコスパが高いホテルは中々ありません。

    朝食

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の朝食ビュッフェ

    本来であれば朝食はビュッフェ形式(タイ料理7:洋食3くらいの割合。オムレツを作るコーナーなどもあり)です。

    しかし、今回筆者が宿泊したのはコロナ禍にあったため、朝食は部屋に持ってきてもらうことにしました。

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の朝食

    朝食(二人分)。中々のボリューム。

    正直、ビュッフェの方が選ぶ楽しさがあるので良かったのですが、今回はコロナ禍での宿泊だったのでしょうがない。

    ビュッフェは次回楽しみたいと思います。

    朝食の味はGood。

    トーストやハム、オムレツなど普通のブレックファーストだったので特別美味しいというわけではありませんが、やはり1泊5,000円前後のコスパの高さを考えると納得できる内容でしょう。

    ホアヒン最強のコスパホテル

    ハイシア ホアヒン ホテル(Hisea Huahin Hotel)の客室3

    ホアヒンでは格安〜高級まで様々なホテルに宿泊しましたが、今のところ、立地条件等を含め総合的なコスパの高さではナンバーワンのホテルです。

    • 予算1泊5,000円前後
    • 1〜2人滞在
    • ホアヒン中心部で観光を楽しみたい

    という人には自信を持っておすすめできるホテルです。次回のホアヒン旅行の拠点として検討してみてはいかがでしょうか。

      その他、ホアヒンにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事も参考にどうぞ。格安〜高級まで紹介しています。

      プタラクサ ホアヒン リゾート(Putahracsa Hua Hin Resort)の外観
      ホアヒンのおすすめホテル10軒。非日常120%のロマンチックなリゾート〜利便性高い格安ホテルまで。

      コメントを残す

      メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
      ※コメントは管理者が承認後、掲載されます。