【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

薬院・タイ料理「カオサン」のおすすめメニュー。あんかけ風のパッブーンファイデーンと激辛ガパオライスが旨い。

タイ料理レストラン「カオサン」のアイキャッチ画像

「カオサン」は、薬院六つ角から大正通を警固小学校方面へと約300m歩いた場所にて店を構えているタイ料理レストランです。

薬院、大名エリアの御三家タイ料理レストランと言えば、前回紹介した「ガムランディー」「ドゥワンディー」、そしてこのカオサンです。

カオサンの主な特徴として挙げられるのは、他店よりもやや辛めで本場タイの味付けに近い料理が食べられる点と言えるでしょう。

特に人気のガパオライスは、辛いものに慣れていない人であれば口内大火災級の辛さ(タイ料理に慣れている人ならそうでもないが)。

しかし、旨い。

また、日本風にアレンジされた「パッブーンファイデーン」は、タイで食べる物よりも美味しく、もはや別料理と言えるカオサンだけのオリジナル。

今回の記事では、カオサンで食べたおすすめメニューや店の雰囲気を詳しくお伝えします。

警固周辺のタイ料理を探している人であれば、絶対に行く価値のある素敵なタイ料理レストランです。

タイ料理レストラン「カオサン」

タイ料理レストラン「カオサン」の外観

タイ料理レストラン「カオサン」は、飲食店やバーが入居するビルの2階にあります。

大きな看板で「カオサン」と書かれているので、すぐに見つかるでしょう。

タイ料理レストラン「カオサン」の店内

タイ料理レストラン「カオサン」の店内2

店内はカウンター席の他、2〜4人掛けのテーブル席が8セットほどあります。

小ぢんまりとしたお店です。

ディナータイムは割と多くのお客さんが来店していたので、グループで行く人は予約をして来店した方が良いでしょう。

筆者が訪れた時も、すでに3つのテーブル席が予約席になっていました。

一見には、あまりエスニック料理店に見えない店内ですが、カジュアルで居心地が良いです。

バンコクの「キャベジズ アンド コンドームズ」で修行したシェフ

タイ料理レストラン「カオサン」のメニューにあるシェフ紹介ページ

パラパラとメニューをめくっていて驚いたのが、上画像のシェフ紹介ページ。

なんと、バンコクの外国人向けレストランまたは珍スポットとして有名な「キャベジズ アンド コンドームズ」で13年も修行した方がシェフを務めているとのこと。

キャベジズ アンド コンドームズについては以下の記事を参考にどうぞ。

キャベジズ アンド コンドームズのアイキャッチ画像
キャベジズ アンド コンドームズ。バンコクでおすすめの面白いレストラン。

キャベジズ アンド コンドームズと言えば、筆者のみならずバンコクへ何度も旅行するリピーターの間では人気のお店。

外国人向けなので料金は少々高いですが、食べやすい味付けとユニークなコンセプトに定評がある店です。

まさか自分の大好きなレストランで13年も修行した人が料理を作っているとは、これは期待が高まります。

カオサンのおすすめメニュー

タイ料理レストラン「カオサン」のメニュー1

タイ料理レストラン「カオサン」のメニュー2

メニューには定番のタイ料理ならほとんどあるといった印象。

後述しているプーパッポンカリーやパッブーンファイデーンなどの【魚・貝・野菜料理】はじめ、トムヤクンやトムカーガイ、ガパオやパッタイなどの【ご飯・麺】系料理、サラダ、肉料理。

おつまみ、デザートなど、豊富にメニューが揃っています。

料金はまずまず。おつまみ以外は1品800〜1,200円くらいです。タイ料理屋としてはごく普通の料金設定です。

ビールは「プーケット」できまり

タイ料理レストラン「カオサン」で飲んだプーケットのビール

まず最初におすすめしたいのが、タイでも中々みることがないプーケット限定のビール。名前はそのまんま「PHUKET(プーケット)」。680円。

コレステロールゼロで添加物や保存料を一切使用していない100%天然醸造じょうぞうです。

ジャスミンライスが使われているとのことで、後味がとてもフルーティー。ビール独特の苦味の後に甘味が口の中に広がるという、変わったビールです。

これは本当に美味しい。

その他にもチャンビール、リオビール、シンハーなどタイでの定番ビールもありますが(各650〜680円)、定番ビールをすでに飲んだことある人は是非ともこのプーケットを試してほしいです。

今までにない味わいでびっくりと感動が同時に押し寄せてきました。

酒のつまみにはコムヤーン一択

タイ料理レストラン「カオサン」で食べたコムヤーン

コムヤーン(850円)とは、豚トロの漬け焼きです。

一般的には豚のノド部分を漬け込んで下味をつけたトロなのですが、これが油ジュージューで香ばしく焼き上がっているため、ビールが2本でも3本でもすすみます。

まずは小手調にビールと一緒に味わってほしい一品。

甘酸っぱいタレをつけて口の中に放り込むと、脂が乗った柔らかいトロの感触とビールの炭酸が混じり合い、「やっぱ酒の時はこれだよね」と言わずにはいらない極上の味を堪能できます。

スープ類ならココナッツミルクの味が全面に出たトムカーガイ

タイ料理「カオサン」で食べたトムカーガイ

トムカーガイとは、真っ白な見た目が特徴で、酸味とココナッツの甘さが絡みあったスープ料理です。

筆者はスープ系のタイ料理の中では、このトムカーガイがお気に入り。

ココナッツの甘味が全面に出ているので、タイ料理に慣れていない人にとってはトムヤムクンよりも食べやすいスープ系料理です。

一口食べてみて、思い出します。これは確かにキャベジズ アンド コンドームズでも食べた、あの甘くて美味しいトムカーガイだと。

ジャスミンライスとの相性が抜群で、ご飯にかけながら食べてもイケる一品。

アクセントになるトマトとゴロゴロとした鶏肉の相性も抜群。

スープ系の料理を食べるなら是非ともおすすめしたい一品。

あんかけ風のパッブーンファイデーンをペロッと平らげる

タイ料理「カオサン」で食べたパッブーンファイデーン

一番驚いたのがパッブーンファイデーン。タイ風の空芯菜くうしんさい炒めです。

タイで見るパッブーンファイデーンとは異なり、あんかけのような物が乗せられています。

確かにタイで食べるパッブーンファイデーンもソースがかかっていると言えばかかっているのですが、ご覧のとおりカオサンのパッブーンファイデーンは、あんかけがたっぷりとかかっています。

これが本当に美味しい。

空芯菜とあんかけって実はとても相性が良いです。

空芯菜とあんかけの焼きそばや、空芯菜のあんかけ丼なんかも世の中にはあるくらいで、食べた瞬間「これだよこれ!と言うかタイで食べるパッブーンファイデーンよりも美味しいじゃん!」と思ったくらいです。

筆者はこの時、タイではいつもパッブーンファイデーンを食べるという友人と来店しましたが、友人もカオサンのパッブーンファイデーンの方が美味しいと言っていたほど。

もちろんビールとの相性も抜群。

野菜系料理を食べるのであればパッブーンファイデーンで間違いないです。

激辛のガパオライスが止まらない!

タイ料理「カオサン」で食べたガパオライス

我こそはタイ料理好き!と思うあなたにおすすめしたいのが、バイ・ガパオ(950円)。

一見、日本人向けにアレンジされた辛くないガパオに見えますが、ところがどっこい。

激辛です。タイで食べるタイ料理に慣れている人であれば普通でしょうが、あまり慣れていない人だと口内火災が発生します。

しかし、この辛さが病みつきになること間違いなし。

辛いは辛いですが、パタヤの名無し食堂と張り合えるくらいの美味しさ。

この味は、「さすがキャベジズアンドコンドームズで13年も修行したシェフが作る料理だ」と思わされます。

タイ料理レストラン「カオサン」の場所

上述したとおり、薬院六つ角から大正通りを警固小学校方面へ300mも歩けば左手に見えます。

西通りからの距離や約750m。1km以内なのでフラっとディナーを楽しめます。

営業時間

警固周辺でタイ料理ならマストなお店

タイ料理「カオサン」でSPY

(スパークリングワインゴールド。700円。メニューには「タイのオカマに人気」と記載されている)

福岡の警固周辺でタイ料理を堪能したい時にはマストなお店です。

とにかく味付けが独特で美味しい。上で紹介したパッブーンファイデーンとバイ・ガパオ(ガパオライス)は本当に絶品。絶対に食べる価値のある料理です。

その他、福岡にある全てのおすすめタイ料理レストランについては、以下の記事を参考にどうぞ。

福岡のおすすめタイ料理レストランまとめアイキャッチ画像
福岡のおすすめタイ料理店8店舗を全て紹介します【タイ国政府認定・タイセレクト】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。