英語の発音が3ヶ月でネイティブに近づく教材と発音のコツ。

素晴らしい発音は音読でこそ身につく

英語に関わらず、言葉を話す上で発音はとても重要です。

日本人同士で話す日本語ですら、地方と都心では発音に違いがあり、お互いに「何を言っているのか聞き取れなかった」という事が頻繁に起こります。

これが、英語になると日本語以上に「相手に伝わらない」「ストレスを感じる」という事が起こりがちです。

上の動画では、ある教授が日本語訛りの英語を例に出し、発音の違いによって起こり得るコミュニケーション上の問題を説明しています。

日本人を馬鹿にしているような気がして少し腹ただしいのですが、それは置いといて、2:45から話す通常の発音より、前半の日本語訛りの英語の方が聞き取りやすいと思ったのは自分だけではないはず。

 

日本人の話す英語はそんなにおかしいのでしょうか?

確かに、単語や文法書に比べて発音を教える教材は多くなく、練習するにも自分の発音が正しいかどうかを判断してくれる人が必要になるので、勉強の時間を多く発音に充てている人は少ないでしょう。

そして、たとえ数少ない発音教材の中で教えられているrやthの発音を練習しても、中々英語圏の人間のような発音には近づけません。

その理由は簡単で、殆どの教材では、発音以外のアクセントやリズム感と言った重要な要素がスッポリ抜けているからです。

自分も発音は苦手な方で、現在継続して行なっているDMM英会話でのレッスン中に、講師の方が「ん?」と聞き返す事が多く、「ri-は文法やボキャブラリーはしっかりしているから、発音にもフォーカスを当ててみれば?」と言われました。

そういうわけで、DMMのレッスン中以外でも、自分一人で発音のみならずアクセントやリズム感も矯正をできるよう、選びに選んだ教材が今回紹介する「英語らしい発音は、音読でこそ身につく。」です。

英語らしい発音は、音読でこそ身につく。

英語らしい発音は音読でこそ身につく2

この「英語らしい発音は、音読でこそ身につく。」という少し長い題名の教材。

付属のCDが2枚ついているだけで、一見他の教材と違いはないのですが、中身はかなり充実しています。

内容

英語らしい発音は音読でこそ身につく。目次

目次です。おおまかにステップをわけると

  1. 第1〜第5文型や疑問文などの、基本的な文のリズムトレーニング
  2. リエゾン(2単語の語尾と頭がつながる音)やフラップ(ワァールー「=water」などの舌が怠ける音)、飲み込む音(インポーントゥ「=important」などのtが消える音)などの間違えやすい発音のトレーニング
  3. 母音(プレェン「=Plan」などの、日本語だと、「プラン」のように「ア」の音にひとまとめにされる音など)の発音トレーニング
  4. 子音(rとlの音の違いなど、比較的わかりにくい音)の発音トレーニング
  5. ステップ1〜4までの総復習となる長文スピーチのトレーニング

となっています。

図解説と強弱リズムのポイントがわかりやすい

図解説

英語らしい発音は音読でこそ身につく04

それぞれの項目では、上画像のように発音時の舌の動かし方を、図を使って説明しています。

付属CDの例文音声を聞き、図解説を見ながら発音をすれば、思ったより英語の発音は難しくないことが実感できます。

例文はしつこいほどに項目ごとのポイントとなる単語を入れているので(例えば上画像の項目であれば「hair and chair and pair.」など)、最初は大変ですが繰り返し発音すると口が慣れてきます。

強弱リズムのポイント

英語らしい発音は音読でこそ身につく5 英語らしい発音は音読でこそ身につく6

英語には強弱のリズムをつけるポイントが存在します。

これは、音声を繰り返し聴くだけでは中々わかりずらいのですが、この教材では、上画像のように、全ての例文に強く発音する場所が赤色で書いてあるので非常にわかりやすいです。

実際にCDを聞いて例文を音読をすると、ネイティブみたく「英語っぽい!」と思える発音ができるので、気持ちがいいです。

また、リズムに強弱をつける場所の理由も理論的に説明されてるので、慣れてくれば教材に載っている例文以外でも英語らしい発音で音読できるようになります。

ことわざや有名なスピーチも収録されている

英語の面白い所は、有名なことわざなどのリズム感がすごく良い所です。

ラップなんかもそうですが、ビートにしっかりとハマったリズムなので何度も聞きたくなりますよね。

この教材では、リズム感の良いことわざや、かの有名なキング牧師のスピーチ「I have a dream」も音読練習用に収録されています。

日常会話ではあまり使われることのない例文ですが、リズム感を楽しむという意味で、休憩がてら読むとより楽しんで英語勉強に励むことができます。

どのくらいで効果が出るのか?

一番気になるところですが、自分は毎日1〜2時間程この教材で勉強をして、3ヶ月くらいで効果が出たと思います。

というのは、この教材を始めてからちょうど3ヶ月後、冒頭で述べたDMM英会話の講師の方のレッスンを久しぶりに受けました。その時に、「とても発音が良くなったけど、どうして?」と言われたからです。

もちろん、人それぞれ効果が出るまで期間は違ってくるでしょう。教材に出てくる単語を知らなければ、その都度調べる必要がありますし、特に苦手な音などは習得に時間もかかります。

ただ、3ヶ月という期間はネイティブの発音に近づく為の投資としては、決して長い時間とは思わないです。

発声方法のコツ

教材でも触れているのですが、英語を上手に発音する上で「声帯を響かせて発声する」という重要なポイントがあります。

例えば、街中で見かける英語圏の旅行者って、すごく声が大きいと思ったことはありませんか?

これは、日本語と英語の発声方法に大きな違いがあるからです。

日本語は口先のみを使って発声する言語です。対して英語は、お腹から声を出して発声する言語です。

(英語の発声方法のトレーニング動画。とてもわかりやすいので是非見て欲しいです。)

声帯を響かせて発声するだけで、随分と英語っぽい声になりますし、文法などに違いがあっても不思議と相手に気持ちが伝わりやすくなります。

英語圏の人間が堂々と話しているように見えるのは、英語が響きやすい発声をする言語だからかもしれません。

上記動画の発声方法トレーニングは、英語らしい発音を習得する上で重要な要素となるので、教材の内容とあわせて是非意識的に取り組んでみて下さい。

常に実践に挑める環境作りを

冒頭でも述べたのですが、発音はいくら練習しても「正しい発音ができているかを判断してくれる人間」がいないと効果を実感できません。

効果を実感するには、実践も兼ねてネイティブと話すのが一番です。

その為に英語圏の友人を作るのもいいのですが、「的確な指摘ができる人」でないと意味がないので、きちんとした講師と話すのが一番でしょう。

講師であれば、発音以外にも文法の間違いなども的確に指摘してくれます。

 

そこで、英会話スクールに通うという方法もありますが、自分の場合「語学学習にはできるだけ費用をかけない」というポリシーがあるので、同じような方には、スカイプ(skype)を使ったオンライン英会話をおすすめします。

オンライン英会話であれば、一コマ25分程度のマンツーマンレッスンを毎日1回、¥4,000/月で受けることができます。1レッスンの料金を計算すると160円程度なので、従来の通学型英会話スクールに比べて格安です。

さらに、24時間レッスンを受けられるので、忙しい人でも継続して英語力向上に臨めるでしょう。

レッスン開始の15分前に予約すれば受講できるというのも使い勝手が良いです。

 

オンライン英会話の会社は、講師の数が圧倒的に多いDMM英会話がおすすめです。

現在、2回まで無料体験レッスンを受けることができるので、惜しまず体験してみて欲しいです。

最初のうちは緊張があり、中々話せないと思いますが、英語は実際に話す機会をたくさん積まない限り絶対に話せるようにはならないでしょう

自分の発音方法で気になる部分があれば、実際に講師に発音してもらって口の動きなどを確認してみましょう。

英語に自信のない人がオンライン英会話を活用して日常会話が話せるようになる方法。
オンライン英会話は、今や最もポピュラーな英語勉強方法の一つになりました。オンライン英会話を利用して英語力が上がったという体験談は珍しくなく、自分もその効果を実感した一人です。しかし、英語初心者の中には、オンライン英会話は少々ハードルの高い勉強方というイメー...

まとめ

発音はあくまで英語学習の一部分ですが、英語をスムーズに習得する上でとても重要な要素です。

発音に変な癖がついてしまうと、後から修正するのに時間がかかり遠回りになってしまうので、できるだけ早く意識し始めることをおすすめします。

発音が上手くなれば話す時の緊張も減りますし、英語を話せない人からは「かっこいい!」と思ってもらえるのも嬉しいですよね。

なんでもそうだと思いますが、物事を継続する為の秘訣は楽しむことと、周りから褒められて向上を実感することだと思います。

そういう意味でも、発音は英語学習を楽しんで継続する上でも重要な要素とも言えます。

繰り返し継続して行うことが重要になってきますが、今回紹介した教材やオンライン英会話を上手く利用して、できるだけ早く向上できるようお互い頑張りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。
素晴らしい発音は音読でこそ身につく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です